どうしても「モテたい!」というあなたへ。まずこのことを意識してみて、という話。

もりとうゆうこです。

結婚したいリケダン、リケジョに「温かな家庭」が持てるようサポートしています。

 

この仕事をしていると、男性からよく聞かれるのがこのセリフ

 

 

 

 

モテたい💛

 

 

 

婚活男子はもちろん、

婚約者がいるの方でも

結婚されている方でも

ミドルエイジの方でも…

ご高齢の方でも…

 

 

 

 

 

やっぱりモテたい💛

 

男性は、そうなんですね…。

だからキャバクラが存在する…。

 

女性はあまりこのセリフは言いません。

婚活コーディネーターとしてのわたしと話をするときは、とても現実的。

 

どうしたら、結婚できますか?
どうしたら、この人と交際に進んでいいかってありますか?
どうしたら、この人と結婚していいかなって思いますか?

 

しかも、対象者が「ひとり」

ターゲティング、素晴らしいです。

オンナって戦略家。

 

 

今日から3連休です。

都内のホテルラウンジでは今日もお見合いがたくさんありました。

 

「モテる男」

…それは、お見合い第一関門突破してくるオトコ。

それはね…

 

しゃべらない男!!!!

 

 

 

なんかね…最近感じるんです。

「熱い想いがあるオトコはカッコいい」って、言葉。誤解されてます。

 

「”勝手な思い”をしゃべり倒すひと、多いです。

 

芸人さんも弾丸のごとくしゃべりますが、相手の間合いをすごくつかんでますよね。

キャッチボールが絶妙。だから「モテる」

長話で女性がうなずいているの…って、もう別のこと考えています。

 

 

お見合いで遭遇した「モテない」男

 

先日、典型的な失敗パターンに遭遇しました。

某ホテルラウンジにいると、たまたま横にお見合らしきふたりが着席。

横に結婚相談所の仲人さんが座っているとも知れず…。

 

綺麗なお嬢さんでした…。

お相手男性は40歳に入ったか入らないかぐらいのお見合い典型的なパターン。

 

まぁ、この男性、

よくしゃべる、しゃべる…。

最初は彼女も自分の話を入れようと努力していました。

でも、後半は疲れてしまったようで、足を組みだして、もうひたすら、「首振り人形」です。

 

男性は最後までひたすら、しゃべり倒し。しかも、仕事の愚痴に・・・・。

結果は推して知るべしでしょう。

 

こういう男性、案外多いです。

 

もったいないですよね。

そういう男性は、必ず「自分のことをわかってもらいたかった」って言います。

ネットのデート対策を見ても「自分のことをわかってもらおう」みたいに煽る記事もあります。

それを鵜呑みにしてくるのかあ…と。

 

でも、しゃべる男ってモテないです。

モテたければ、しゃべる量は圧倒的にこれ。

 

女性 > 男性

 

 

お見合いでもなんでも、女性は最初はそろりそろり様子を見ながら、話します。

そこにそろりそろり、リズムを合わせて、うなづいて…

車もアイドリングからセカンド、サード、トップですよね。人間も同じ。

最初からトップスピードで話し倒せるのは「オバちゃん」くらい。

…今度、ご一緒します? あ・た・く・し・と。

 

 

「モテる男」へ 最低でも抑えてもらいたいポイント

 

ある脳科学の本で、「女性は男性の倍以上の言語を発しないと、苦しくなる生物」とありました。

男性の「自分のことをわかってもらおうと思っただけ」のトークって「自分に酔いしれている」から言語量は半端ないです。

それでお見合いが成功したっていう例は、私は聞いたことがありません。

 

女性に話してもらうように、話のペースを合わせたり、うなづいたり、言葉の返しをしたり、といった基本的なことをするだけで…

 

「○○さんとてもいいひとでした!💛」

「凄くいい方で、私、話過ぎてしまったので、今度は○○さんのことをお聞きしたいので、もう一度お会いしたい💛」

 

 

事前にお見合いをする前に、このことを知っておけば、「お見合い不成立」は回避できます。

よりモテる男について、他にもこんな「盤石たる要素」ってあります。

もりとうさん、2時間ぐらいしゃべってしまいそうなので、今日はこの辺で。

 

 

 

モテたければ、男は売り込みより、売り込まれろ

 

 

…ですわ。

 

幸せになってね。

こんなもりとうさんに、もっと「モテる男」になるための秘策をすぐに聞きたい方はメッセージ下さい。

お問い合わせはこちらまで。

「あなたの婚活マカセナサイ」こんな著書もあります。世界でたった一冊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せ婚活コーディネーター
青山の大手結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。ロジカル思考な理系男子、理系女子の方達を応援しています。趣味はバラ栽培。人も植物ものびのび自然体が好きです。