婚活の成功の秘訣「ポジティブマインド」に包まれること。

こんにちわ。森とう(@MoritoYuko)です。

亀梨君のあの保険会社のCMはインパクトありますよね。「みなお酢」とか「みなオス」とかやたら、小人まで出てきて、気持ち悪いやら面白いやら。

そういえば、「みなオス」で一言。結婚相談所業界は現在、男女比4:6。女性が多い。しかも「結婚したい美しい女性達」が集まっての6割。男性にはとても有利です。

 

婚活を始めたら、これまでの「人間関係」を見直そう

アプリや合コンならいざしらず、結婚相談所で「本格的に婚活」を始めたら、忙しくなります。婚活が「前進している」ことを実感します。すると、ちょっと周りに「報告」したくなった時が要注意。

あなたが伝えたい人は婚活に前向きな人ですか?「しょせん無理だよ」とか、「出会えないよ」とか「結婚しなくてよくね?」とかって…

足を引っ張る人…いませんか?

 

 

「道連れ魔女団」多いです。

 

婚活を成功させるためには「結婚肯定派」でまわりを固める

婚活を始めるといろいろなことが起こります。いいこともありますが、もちろん悪いことも。女性であれば、お見合いにならなかったり、男性だとお見合いのその後が続かなかったりです。

その時に「あきらめるな!」とか「前向きに動いてるよ!」って傍で励ましてくれる人がいると、スランプでも踏みとどまることが出来ます。

でも、ネガティブな人のパワーは強烈ですよね。まるでブラックホールのような吸引力。オフィスや同僚にいたら大変です。先のような「ネガティブなこと」を言う人は多くが結婚を手に入れることができなかった人ではないですか?または結婚生活をうまく乗りこなせない人。

「女子会」の多くも婚活に対してネガティブな世界が繰り広げられる典型的の一つです。よく聞く言葉が「イイ男がいない」「このままでよくね?」「子供だけがほしい」。そういいながらも、ものすごい感度でお互いの「婚活度」を探っています。負のオーラ満載です。浸りきる前に抜けましょう。結婚したら潮が引くようにご縁が遠くなる人達ですので。

男性だと「結婚相談所って最後の砦だよな」とうそぶく人たち。残念ながら今の「データ化されたハイテク結婚相談所」を知らずに、いつまでも無料婚活アプリで加工顔の女子に喜んでいるような安っぽい人達です。時代は変わっています。データとシステムで構築された今どきの結婚相談所を見た既婚男性達の多くは「僕の時代にもこんな世界があれば…💛」と奥様にはお聞かせ出来ない言葉をつぶやいていますよ。

 

婚活は大切な人生設計のひとつ。

婚活は人生戦略のひとつです。
60歳、70歳になった時の自分の状況を逆算して「幸せでいること」を考えるプロセスです。愚痴を言う人は人生戦略をただ「先延ばし」にして、あなたも道連れにしようとしているだけ。一緒につるんでも、結局あなたの人生は保証してくれません。

真剣に婚活を始めると、日常が大きく変わっていくことを実感できます。

なんとなく出会いがあればいいなぁ~といった夢見がちな毎日から、「人生ビジョン」「人生設計」「将来図」「家庭像」「自己プロフィール」「自己分析」…全部、書き出して動いていくので、いやおうなしに自分を見つめていきます。

だからこそ、いままでの環境からさらに大きく羽ばたくためには、婚活を始める時に、保険を見直すではありませんが、「これまでの環境」=「人間関係」も見直すことかが大切なのかもしれませんね。

幸せは幸せそうな人たちのところにやってきます。

 

やっぱり亀梨君のこの「見直しシリーズ」って、オモシロイ…。

 

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せ婚活コーディネーター
青山の大手結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。ロジカル思考な理系男子、理系女子の方達を応援しています。趣味はバラ栽培。人も植物ものびのび自然体が好きです。