お見合いで3低男子(低収入・低学歴・低身長)が嫌われる「本当の理由」

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。

「低年収・低学歴・低身長」の方を3低男子と呼ぶそうです。婚活しても苦戦するといった話がネットでよく取りざたされていますが、結婚できる方はいます。

ここでは、結婚できる方と出来ない方の違いは何でしょうか。

結婚相談所の婚活女性が何を結婚に求め、なぜ3低男子が嫌われやすいのかを彼女たちの声を通して、解説します。

 

結婚相談所の婚活女性は「安心・安全・安定」を求める

現在IBJ加盟の結婚相談所(1800店)に所属する会員の6割以上が女性です。

30代後半になると7割近くが女性になります。

婚活パーティー、婚活アプリといった様々な婚活手段があるなかで、なぜ「女余り」と揶揄される結婚相談所に女性が多く集まるのでしょうか。

それは、公的書類(独身証明書、源泉徴収票など)の提出が義務付けられ、身元がしっかりしているから「安心できる」というのが大きな理由です。

結婚自体がまだ女性にとってキャリアの中断の危機・妊娠・出産の不安が付きまとい、夫によって人生が大きく左右されてしまう状況がまだ漫然とあるため、少しでも「安定・安全・安心」が欲しい女性達。

その中で一番分かりやすい不安解消材料が年収。分かりやすいという点に目が行ってしまうのはしかたありません。

IBJ登録会員データから見る学歴と年収

3低でも結婚できる人と嫌われる人の違いは何か。

身長について。

160センチの男性は低身長と言われます。

ナイティナインティの岡村さんは158センチだそうです。でも嫌われていません。むしろモテすぎるぐらいです。一流芸人だからとはいいますが、私たちの周りでも女性と同じくらいの背丈の男性は沢山います。ご家族がいらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

では学歴です。

IBJ加盟の結婚相談所では大卒・院卒・短期大学卒は多く7割を占めます。それ以外の方は結婚できていないのでしょうか。

 

年収についてもしかり。

国税庁発表の民間企業給与所得者の平均年収は420万円(平成27年:平均年齢46歳)です。

IBJ登録会員の方達はそれよりも高めの方が多いです。東京・首都圏勤務・在住者が多い点も理由の一つ。

 

収入が高いと結婚しやすいことは事実です。ではそれ以下の方は結婚できないのでしょうか。

参考資料:IBJ日本結婚相談所連盟「婚活会員データ」より抜粋

3低男子がお見合いで縁を遠のかせる理由

実は3低の人はせっかくお見合いまで来たのに、お見合いで嫌われています。

お断りされる理由は「グチっぽかった」「他責が多かった」「後ろ向きだった」。

劣等感・コンプレックスをお見合いの場で披露してしまい、女性にげんなりされてお断りというケースが大変多い。

お会いしたそうそうに「よくこんな僕に会おうと思いましたね」と必要以上に卑下したり、「仕事がつまらない」「給料が安くて、やる気がでない」とぼやく。

女性にはどうすることも出来ないことを1時間ひたすら話す方は意外と多いです。

または次のような「宣言」をする方もいます。

「僕は収入少ないから、結婚相手には働いてもらわないと困る」「勉強したって、俺の子供ならたいしたことにはならないから教育費はかけない」。

素直に自己勝手な都合を「本当のことだから」とあけすけに宣言してしまう。

女性は結婚で苦労はなるべくしたくないのに、この言葉は「わざわざ俺のために苦労してくれ」です。いうことが真逆です。

「低学歴・低収入・低身長」であることに「強いコンプレックスをいまだに克服せず、ひたすらネガティブ」が嫌われる本当かつ最大の理由です。

3低男子と言われても結婚していく方の言葉には希望と未来を感じさせます。

「今はまだ収入が少ないけど、収入が上がるように副業でもなんでもする努力をする。」

「学生の時は学校はうまくいかなかったけど、勉強の大切さを感じている。勉強して仕事に活かす」

「身長の低さをカバーできるオシャレを工夫しています」

といった前向きな言葉です。

言葉に加え「明るい笑顔」があれば、さらに真実味が増し、女性から好感を持ってもらえるはずです。

 

3高男子でもこんなひとは嫌われる

全てが揃っているように見える3高男子。

それでも嫌がられる方はいます。理由は同じく、コンプレックスとネガティブ。

年収があるけど仕事がツライ、辞めたい、東大卒だけどみんなは学校名ばかりで評価してプレッシャーだ。。。がいやだ、などです。

コンプレックスの裏返しで、学歴や勤め先で人を見下したり、お見合いの席でお店の方に横柄な態度をとる方なども見られます。

女性は会う前の「期待度」が高かった分、ガッカリ度も強くなります。

 

未来はあなたの力で創っていける

3低だろうと、3高だろうと、それらは過去の産物です。

結婚相談所で結婚したい女性の求めるものは「安心・安定・安全」ですが、この人といると可能性と未来が感じられるから「一緒にいて安心・心も安定・身も安全」になるのです。

 

ネットで婚活女子は「お金ありき」なように言われますが、実際の婚活女子は「金・金」とは言いません。もっと赤裸々に「性格」について悩んだり、「人柄」を真剣に重視しています。

年収があっても横柄だったり、愚痴っぽかったりではもてないように、低収入だったとしても「これからの未来」に希望があれば、女性は一緒に歩もうとします。

この記事を読んで、「そんな現実ありっこない」と思うあなたは「コンプレックスとネガティブ」に陥っているかもしれません。

過去は変えられませんが、未来はあなた次第です。

明るい未来にしようと信じ、行動する人が結婚にできるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せ婚活コーディネーター
青山の大手結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。ロジカル思考な理系男子、理系女子の方達を応援しています。趣味はバラ栽培。人も植物ものびのび自然体が好きです。