突然やってくる「婚活疲れ」から復活するシンプルな方法

す森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。

季節の変わり目、転勤、転職で環境が変わってしばらくすると急に疲れが出てきたりしませんか。婚活も同じです。

何事にもまじめで、一生懸命に取り組む人ほど、悩み、疲れ果ててしまう傾向があります。いわゆる「婚活疲れ」と言われるものです。

男性脳発想の方の「論理的」に「相手が悪い」という他責傾向はありますが、女性脳思考の方はは「自分が悪い」という自己批判に陥ってしまう傾向があります。(オトコ、オンナだからという単純な性差では言えないのはポイント)

※男性脳発想・女性脳の診断はこちらから⇩

 

 

はじめましての連続「初対面疲れ」

 

合コン、婚活パーティ、結婚相談所でのお見合い、すべて初めての人との出会いです。

初対面ですから、相手がどんな性格で、どんなことに興味をもっているかわからず、手探り状態での会話が続います。

婚活パーティの場合などは回転ずしのように10分程度で次から次へと異性と話します。矢継ぎ早の質問を浴びたる中では、心無い言葉やあからさまに失礼な態度を示す人もいるため、ただ傷ついて帰ってくる、というケースもあります。

結婚相談所のお見合いも、会話が苦手なお見合い相手の場合は気配りタイプの方は一生懸命会話を盛り上げようと気を遣い、精魂尽き果てて帰ってくることも、たびたびあります。初めての連続の「初対面疲れ」です。

 

婚活で週末がなくなる「週休ゼロ疲れ」

婚活を真剣にやろうとすると意気込んで、「平日夜は合コン、週末は婚活パーティ」とほとんど週休ゼロのような日々になる方がいます。

婚活アプリまで併用すると、空いている時間はスマホでお相手探しなど、気が休まる時間はありません。

結婚相談所までさらに併用してしまうと、さらに加えて、お見合いの調整など仲人からのメールが来たりで、芸能人並みに忙しい。

どなたかと出会えて、いざお付き合いがはじまっても、疲れから連絡もぞんざいにしてしまったり、また、いつ終わってしまうかわからない緊張感から、次の相手探しも並走する、という緊張感のある日々があります。

不安定さはイライラを生み、お相手にも気持ちと裏腹な対応をとってしまい…悪循環に陥ってしまう。

これが婚活週末ゼロ疲れといわれるものです。

 

婚活にまつわる「費用疲れ」

合コン、婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所。すべて有料サービスです。

そこに、さらに成果を出すための「自分磨きの美容代」「衣装代」「交通費」。

結婚情報サービスの中には、紹介人数を増やすには、追加料金を払わなければいけないところもあり、実際の話として、追加の紹介料がかさんで1年間で100万も払ってしまい、結局、お見合いしたのはたった3人…しかも結婚できず…。という泣くに泣けないケースもあります。

お金をかけたぶん、うまくいけばいいですが、成果もなく貯金だけが減っていくのはかなり強いストレスです。

 

相手から選ばれない「自己否定疲れ」

「相手から選ばれない」ことから「自分はダメなんだ」と傷ついていく「自己全否定疲れ」。

一番重症で、一番多くの人がかかる婚活疲労です。

合コンでは盛り上げ役で終わる。姉御!兄さん!と持ち上げられて、年長者扱いされただけで終わる。

婚活パーティーに行けば、年齢を言っただけで相手が去っていく。

婚活アプリでは有料会員になっても、だれからもアクセスがない。

結婚相談所では入会した頃はたくさんお見合い申込があったのに、1か月たつと潮が引いたように申込がなくなった。

いざお見合いが始まったら「フラれまくり」な現実…。

そのあとはいくつ申し込んでも「全滅」

トドメは、「条件を下げたのに、その相手からさえ、お断りされた」

地球上の全人類から拒否されているような感覚…。自己全否定疲れです。

 

自分で全部背負わないこと

婚活にストレスがない、とは言いません。ちょっとした努力の方向が違っただけなのです。

合コン、婚活パーティ、婚活アプリ、そして結婚相談所どれを選んでもストレスはあります。

ただ、結婚相談所ではそばで支えてくれる人がいるはずです。

1967年に発表された「セリグマンの実験」からも、人は「だれかに相談できる」という意識を持つだけで、そのストレスはかなり軽減される、と言われます。

また、日本人は「相談するのが苦手な民族」といわれ、特に男性「相談することは恥だ」というプライドが邪魔をしてしまい、結果、日本のうつ病患者は圧倒的に「男性」が多い理由と言われています。

人に相談することは決して自分が弱いや、恥では全くありません。

むしろ、自分の思考を言語化することで混沌とした考えが整理されます。

全否定していた自分の中に、自分の良さを再発見して、気持ちはすごく軽くなるはずです。

一生懸命取り組んでいるからこそ、悩むのです。

混沌とした考えをまとめるために、ぜひ仲人を相手に言語化してみて下さい。

 

友だち追加

LINE@も始めました。
婚活にまつわることを配信しています。
ご登録頂ければ、相談も可能です。
私だけに届きます。
お返事はブログの中でお答えしますね。

 

「本当に好きな人」と結婚なら

森とうゆうこの幸せ結婚相談所 Amar es Creer
これまで出会いがありそうでなかった理系男子、理系女子の
「結婚したい」をサポートとしています。

 

もっと気軽に「結婚相談所の話を聞いてみたい」という方はこちらがおススメ。

【初回限定 電話無料相談】

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せをはこぶ仲人
青山の大手結婚相談所の結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。主に論理的思考な理系男子、理系女子の方達に好評です。趣味はバラ栽培。人も植物も自然体で育てる…が好きです。