結婚相談所の30代男性は平均的に何人の女性からお見合い申し込みが来るの?

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所での婚活は「男性が少なく、一般的には男性が有利」と言われます。

そして、入会面談時に男性から「女性からのお見合いの申し込みはどのくらいありますか?」というご質問を度々受けます。

申し込み数が多い ≠ 結婚できる

にはならないですが、今回は結婚相談所で活動すると、女性からどのくらい「モテる」のかをご紹介します。

すでに婚活を始めている方は理由があり、分析してみてください。

地域別成婚男性の平均的モテ数

地域 女性からお見合い申し受け数
全国 127.3人
関東 148.0人
東海 43.6人
関西 173.5人

東海は関東の1/3の申し込まれ数。

工業地帯が多い東海エリア特有の「男余り」が影響しているようです。
女性は東海に行けば結婚しやすいのでしょうか。

関西は他2エリアよりも在籍日数が長く、その分申し込まれ数も増加しています。

【参考】
平均的男性の在籍日数:
関東455日。東海506日。関西531日

年代別成婚男性の平均的モテ数

年代別ではどのような違いがあるか、見てみましょう。

結婚相談所は30代後半の男性が一番「モテ期」を経験できるのかもしれません。
40代は年齢を重ねるにつれ、「モテなく」なります。

年代 女性からお見合いを申し受け数
25歳~29歳 43人前後
30歳~34歳 47人~85人前後
35歳~39歳 95人~120人前後
40歳 123人前後
46歳 98人前後

最も多い成婚パターンのモテ数は意外な数字

「僕はこんなに多くの女性から申し込まれていない…」とガッカリされた方がいるかもしれません。

平均値は活動期間が長くなれば、女性からのお見合いを申し込まれる数が増えます。
また一部の非常にモテる男性の高数値に影響されてしまいます。
(非常にモテる方:300人~400人)

実際に「最も多い成婚パターン」と言われる最頻値の成婚者像と見てみましょう。

地域 女性からの申し受け数(最頻値)
全国 0回~9回
関東 0回~9回
東海 0回~9回
関西 0回~9回

どのエリアも0回~9回。
女性10人からも申し込まれていません。
0回という方もいます。
女性からモテなくても、申し込みをして結果を出した、という方でしょうか。

まとめ

女性からのお見合い申し込み数が多いのは3つのわかりやすい要素がある方と言われます。

①年収(700万以上)
②学歴(大卒以上)
③身長(170センチ以上)

上記の要素が増える方はお見合いができる機会も増えます。

でも、実際に会ってみて、お見合い時の態度が悪かったり見た目が写真と違うなど女性も「会ってがっかり」と評価する方は多いです。

また交際に入り、結婚相談所特有の「男性も受け身、女性も受け身」という状態になれば、交際も進みません。

モテ数は自分の外面的な要素の魅力の参考にはなります。

ただ、最頻値の方々のモテ数の少なさを見ると、結婚相談所で成果を出すには、

①お見合いを果敢に申し込む「積極性」
②実際のお見合いでみせる「聞き上手」「やさしさ」
③実際のご交際にみせる「包容力」「信頼感」

これら、内面的3つの要素が本当は大切なのではないでしょうか。