仮交際相手に会えない時の「脈なし」「脈あり」見極め法

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

婚活中の方から「仮交際のお相手と次のデートの約束がなかなかできないのは脈なしでしょうか。」というご相談を受けることがあります。

自分より他の方を優先しているの?」
「キープにされている?」
「そもそも活動する気があるの?

結婚相談所で活動する方達の中には「受け身」な方も多く、婚活が進まないというケースは大変よくみられます。

IBJ婚活には「交際3か月ルール」はご存じでしょうか。

このルールがあるのは、婚活は決断の連続であり、積極的に関係を深めていける関係が成婚につながるという概念から成り立っています。

「脈がない」「脈がある」…。婚活時間をとても重要です。

それぞれに典型的な特徴がありますので、見極めの参考にしてください。

交際発展の可能性は低い「脈なし」の特徴

連絡手段はLINEではなくメール

LINEの利用にトラウマがあり、使いたくないという方もまれにはいます。

その場合は、SNSやメッセンジャー、チャットワークなどの代案があれば、前向きとしてとらえることはできます。

でも、それ以外は「あなたを信用できないので、LINEを教えたくない」です。

お見合いで「お断り」するつもりだったのが、相談所から「もう一度くらいあってみれば」と説得された場合などに多い見られます。

女性に多く、消極的で心配性の傾向がある方です。

交際そのものを進ませるのも難しいタイプ。

デート後のLINE連絡は「お礼のみ」

デートでは、男性が食事を女性にご馳走する方は多いです。

デートが終わり、帰宅後、女性からLINEで食事のお礼を言われますが、その時に「ごちそうさまでした。」「ありがとうございました。」だけで終わっている場合は脈なしです。

「次回また会いたい」「また出かけたい」といった趣旨の言葉があっても、社交辞令であることも多々あります。

結婚相談所でのートは「交際3か月ルール」で進むため、日程調整が具体的に進まない場合は残脈なしな傾向が強いです。

LINE返信の時間感覚が合わない

LINEを送れば、返信は半日後、または翌日。
「忙しいですか?」と聞くと「ヒマでした~」とよくわからない対応。

重要視されていない、生活リズムが合わないなど、生活習慣、価値観の違いは交際が進展しにくい傾向があります。

LINE連絡は自分からばかり

自分から連絡しないと返事がないお相手を「何か事情があるはず」と信じたい気持ちはわかります。

でも、LINEができないほど特殊なケースはあまりなく、お相手は「連絡する気持ちがない」のです。

連絡が来ても「今は仕事が忙しい」「仕事が落ち着いたら」と、のらりくらり交わされ、相手の言葉に期待してしまうことも。

まじめな方であれば、婚活時間の重要性、「交際3か月ルール」も気になり、あいまいな対応はとらないはずです。

会えなくても「脈あり」な交際の特徴


シフト制勤務で休みが合わない

お相手が土日仕事、永日休みといったシフト制勤務の場合。

物理的に休みのタイミングが合わず、合いにくい傾向はあります。特に女性に多くみられます。

交際が続くお相手として見極めポイントは2つあります。

デートの日程調整に「私の都合に合わせてくれてありがとう」という感謝の言葉があるかどうか。

「ありがとう」ではなく、「あたりまえ」といっ言動があると良い交際につながらない傾向があります。

シフト制勤務の女性達はサービス業に従事している方が主で、見た目の美しい女性が多く、男性は夢中になりやすく、「いつのまにか相手の都合に振り回され」、日常生活のペースを乱してしまう男性もいます。

…とはいえ、そのような方は一部。

多くのシフト制勤務の女性は相手の気持ちに配慮でき、「成婚しやすい」傾向があります。

明確な理由があり、LINEはほぼ毎日続く

出張や仕事の超繁忙期など「明確な理由と期限」があることです。

そして、相手からもLINE連絡がある状況は「脈あり」です。

まとめ

仮交際でなかなか会えない場合の「典型的なケース」をご紹介しました。

自分の状況はどうなのかと悩んでいる方は多いです。

現実には状況はさらに多岐に渡り、見極めも難しいと思います。

それでもすでに「脈なし」な特徴に複数該当してしまう場合は、気持ちを切り替えたほうがいいように感じます。

一方の「脈あり」の場合。会えないと不安です。

そこでお相手にうっかり疑心暗鬼な言葉をかけてしまうと、お相手の気持ちも下がってしまいます。

「脈あり」「脈なし」…相手の行動に一喜一憂してしまう気持ちはわかります。

相手の行動が社会人としても変だと思ったら、自分から軌道修正すること。

相手に振り回されず、自分の感覚を大切に。

時には勇気ある撤退が次の本当の出会いをもたらすのではないでしょうか。