仮交際中の初デート後になかなか会えない相手の「脈あり」「脈なし」見極め法

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

「仮交際になったお相手との初デート以降、次の約束をしようとしてもなかなか会えないのですが…」というご相談を受けることがあります。

初デートすら「会えない」という方もいます。

結婚相談所で活動する方たちの全体的な特徴として「受け身」な傾向はあります。

その点を差し引いても、今後継続の可能性ありの「脈あり」な状況と、「脈なし」の場合がありますので、ご紹介します。

脈なしの場合

■連絡手段がメール
この時点で、かなりこの交際について、腰がひけています。

Lineを交換するのにものすごくあなたに「不信感」に近いものを感じ、お断りするつもりだったのが、相談所から「もう一度くらいあってみれば」と言われてやむなく交際成立。

でもすぐにお断りしたい気もあり、連絡手段はメール、または安心デート。
個人情報を少しでも開示したくない、という「うっすら拒否感」があります。

■初デート後のLine返事が「お礼のみ」
こちらは男性がよくLineを見返してほしいところ。

初デート後、食事をご馳走した際のお礼を言われたときに「ごちそうさまでした。」「ありがとうございました。」だけで終わっている場合。

文面の中に「また会いましょう」「またどこかに行きましょう」といった「次もまた会いたい」という言葉がどこにも見つからない場合は脈なしです。

女性はどうしてもこの言葉が言えないのです。

でも社会人としてご馳走になったお礼はしないと、と「ご馳走でした」という言葉で終えています。

■Lineは毎日来る(その1)

この場合、少し特徴的な傾向があります。

女性が男性を追いかけている場合に大変多いケース。

Lineは送れば、返信が「毎日」は来るのに、デートの日程決めににあると、「調整するね」「仕事が落ち着いたら」と、のらりくらりとかわされている場合。

Lineが毎日続くのは、「暇つぶし」。
実際会うまでの労力をかけたくなく、気持ちもなく、でも女性との交流はなんとなく楽しい。
それは「あなたはキープさん」です。

脈ありの場合


■Lineは毎日来る(その2)

脈なしの場合にも出てきましたが、この違いは「会えない理由が明確」で会える日取りがある。

「今、大きな仕事があって残業続き。何日なら山を越え、終わるのでその日にお会いできますか?」と明確な理由と次のスケジュールの提案がある場合は「脈あり」です。

仕事を頑張る方は魅力的でもあり、会えないと「複数交際のキープにされているのか」「会う気がないのでは」と不安になります。

でも、お相手から状況を明確に伝えられ、Lineも毎日コンスタントに続く場合は、3週間会えなくても、ご成婚までたどり着いたカップルは多くいます。

Lineの中身も単なるスタンプのやりとりなどではなく、「中身のある内容である」ことはもちろんです。

■勤務がシフト制
お相手がシフト制の場合は休みのタイミングがなかなか合わず、2週間先、3週間先になりやすい傾向はあります。

シフト制勤務の方は女性の場合が多いのですが、この時に交際相手として見極めてほしい点はあります。

男性が日程に合わせてくれることに対して、明確な言葉で「私の都合に合わせてくれてありがとう」という感謝の言葉が毎回あるかどうか。

シフト制の勤務での婚活は「相手との都合がつきにくい」という状況を覚悟していた上での活動。

接客業に従事されている方などは特に美人な方も多いため、男性はつい夢中になりやすいです。

厳しい見方をすれば、「人の目に触れる」という仕事にも関わらず、男性からのご縁がない。

これはコミュニケーション上に「何かある」という点は冷静に考え、見極める必要はあります。

…とはいえ、そのような方は一部。
多くのシフト制勤務の女性は相手の気持ちに配慮でき、「成婚率が高い」傾向があります。

まとめ

仮交際でなかなか会えない、というご相談をTwitter上で多く受けます。

毎回同じような内容で、同じように悩んでいる方が多く、代表的な内容を記事にしました。

交際は人間関係なので、見極めも多岐に渡ります。

ただ、先の「脈なし」に複数該当してう場合は、次に進んだほうがいいことが多いです。

また「脈あり」の場合。

ついお相手に疑心暗鬼の言葉を投げかけてしまうと、相手は悲しくなりますし、気持ちも下がってしまいます。

婚活は思い詰めると、思考の幅も狭くなりやすいのです。

その時は所属される結婚相談所の担当者の方に話して、気持ちのアウトプットに努めていただけると、気分も軽くなるのではないでしょうか。

応援しています。