お見合いの最初の関門「第一印象」をよくするための3つのこと。

森とうです。こんにちわ。

週末はお見合いがたくさんあります。

結婚相談所の世界は、婚活アプリや婚活パーティーの「会場はi一面、男の海だった…」とは違い、女性が6割です。

男性が有利です。30代前半男性は、入会した途端に、50人以上の女性から「お見合い」を申し込まれたというのは「よくある話」。

ではなぜそんなパラダイスの「モテ期」から地獄の「お見合い連敗」になってしまうのか…。

お見合い開場には30分前に到着する

最近はどこのホテルラウンジも週末はお見合いでいっぱいです。予約はほぼ取れません。

段取りは仕事でもお見合いでも同じです。

お見合いになる前に、勝負が終わってしまうのが、席にスムーズに座れないこと。

2人で席待ち、または立ったまままの行列で、初対面の二人はビミョウな時間を過ごすことに…ラウンジでよく見かけてしまう光景です。

 

IBJのお見合いルールブックでは「お見合いを申し込んだほうが席の確保に努めましょう」とあります。

「申し込まれた側だから、そちらが段取りして当たり前。」とばかりに、ギリギリに来るのは誠意にかけます。

お見合いに立場の優劣はないと考えます。

たまたま結婚相談所は女性が多い世界。でも、女性にも「選ぶ権利」があることを忘れずに。

早く来るのって、時間がもったいない、という方もいますが、一生のパートナー選びをするのに、たかだが30分前に到着を渋るのはセコイです。

ビジネスの世界でもお見合いでも、目先にとらわれず、「損して得取れ」は大変有効です。

 

勝負は最初の0.7秒で決まってしまう

 

オバマ大統領や歴代のアメリカ大統領達は会場に入る際に、10秒前から「笑顔」を作っている、と言われます。

だから開場に入ったとたんに、最高の笑顔。オーラは放つ華やかは一瞬で何万という観衆が魅了されますよね。

 

あなたは、これから自分を魅了させたいと思っているお相手にどんな努力をしていますか?

大統領ですら、無表情では決して表舞台に出ないのに、なぜあなたは「人生のパートナーになるかもしれない女性」の前で無対策で立ってしまうのでしょうか。

顔が能面のままだと、女性はあなたの顔から関心を外し、「洋服」や「髪型」などあまり見てほしくない「プロフィール写真との違い」をスクリーニングするかのようにチェックし始めます。いわゆるネガティブチェック。

ここに進んでしまうまでに0.7秒です。まばたき一瞬。お見合いに来たことすら徒労に終わってしまいます。これは一日の費用対効果を考えてもとても割が悪い。

それでも笑顔はは疲れる…といってしまうあなた。笑顔はタダ。ノーコスト。マクドナルドでもタダ。

 

何を話すかより、自分の「目」に意識する

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年が発表した有名な「メラビアンの法則」

「見た目さえよくすればいい」と誤解されがちですが、非言語コミニケーションが大事ということが真意です。

表情と矛盾したメッセージが発せられたときに、相手がそれをどのように受け止めるのか。

つまり、言葉は良いことをいっているのに、目が笑っていない人に対して違和感を感じませんか?

メラビアンは「人間は言葉の内容よりも、視覚的イメージを優先して脳にインプットする」と説明しています。

目が合うとニッコリ笑う。

最近とても海外の旅行者の方達が増えていらっしゃいますが、目が合うと必ずにっこり笑ってくれますね。とても素敵です。

ぜひ見習ってほしいですが、文化の違いというよりも、日頃から笑顔が慣れています。

笑顔が苦手な日本人ならまず「練習」しましょう。

ビジネスでいろいろな商談が新入社員の頃から練習してきているからできるのと同じです。お見合いも単純に「慣れ」。

この人と一緒にいたいな…、また会いたいな…と「2回目のチャンス」につなげるには「話の内容」よりも「なんとなく楽しかった」「なんとなくイイひとだった」といういい印象を残すだけでいいのです。

  • 30分前に到着して場作りをしておく
  • 女性に出会う10秒前から笑顔の練習をしておく
  • 話す内容よりも自分の目に意識を集中する

小さなことから始めてみて下さい。きっと状況は改善します。

 

 

友だち追加

LINE@も始めました。
婚活にまつわることを配信しています。
ご登録頂ければ、相談も可能です。
私だけに届きます。
お返事はブログの中でお答えしますね。

 

森とうゆうこの幸せ結婚相談所 アマレスクレール
結婚したい理系男子、理系女子をサポートとしています。

本当に好きな人と結婚なら

 

もっと気軽に「結婚相談所の話を聞いてみたい」という方はこちらがおススメ。

【初回限定 電話無料相談】

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せ婚活コーディネーター
青山の大手結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。ロジカル思考な理系男子、理系女子の方達を応援しています。趣味はバラ栽培。人も植物ものびのび自然体が好きです。