結婚相談所にいる婚活女性の4つの大きな傾向と対策

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

「結婚相談所にいる女性ってどんな人たちがいるのですか?」というご質問を受けます。

日本結婚相談所連盟(IBJ)ではまず言えることは下記の3つ。

①30代が多い
②大卒女性が多い
③会社員が多い

さらに傾向として、次の特徴を持つ方が比較的多いです。

①保守的な環境育ち
②職場に「男性がいない」
③キャリアが災いしている
④元カレを忘れたい

もちろん複数ある方もいれば、一つだけの方もいます。
この記事ではこの4つの特徴がどのような内容なのかを解説します。

① 保守的な女性達

結婚相談所では、年収、学歴、家族構成、初婚・未婚、といった普段の生活ではあまり公開されることがない内容を知ることが出来ます。

お付き合いする前に事前情報が知りたいという女性達が多くます。
特に次のような環境にいる女性達は多いです

親と同居
親との生活が便利で、給与がすべて「お小遣い」になり、優雅な生活を送る方が多いです。

一方、給与が少なく、独り暮しが出来ない方もいます。

どちらも、自分の収入で家計のやりくりを経験していないません。
自立した生活に漠然とした不安があり、男性に「高収入」を望む方は多いです。

また、母子で「共依存」しているケースもあります。

共依存とは
親が子どもに過干渉な事が多く、自立を邪魔する存在になってしまう。子供も親の期待に応えようと、一般社会の観点からみると時代錯誤・非現実的・社会的に賛同しがたい内容も「親の言う通り」に実行しようとする。母親も自身の親と共依存関係にあったことが多い。
メリット:独り暮らしの防犯上の心配がない
デメリット:経済観念 親の存在 共依存

女子中高一貫校出身
大学はたとえ共学大に進学しても、大学から現在まで交際経験のない女性は多いです。

裕福な家庭が多く、父親は大企業勤務のエリートサラリーマン、母親は専業主婦または扶養控除内程度のパート。

家族仲は良い反面、母親が子供にべったりというケースも。

「娘の婚活」に受験母さながらに「真剣に介入」してくるケースもあります。

娘も多大な影響を受け、専業主婦思考が高めになります。

「親と同居」比率が高いのも特徴的。

メリット:過去の男性と比べられにくい
デメリット:理想(妄想)が高い

 

専業主婦家庭育ち
「女子中高一貫校出身タイプ」と重複していますが、専業主婦育ちの母親が心配して娘を入会させているケースもあります。

母親の影響を強く受け、価値観も「昭和」の時代を色濃く反映。

男性にスペックを重視する傾向があります。

メリット:親の援助が受けられる場合がある
デメリット:専業主婦希望。 高収入男性を求める傾向が強い

② 職場に「男性がいない」女性達


成婚率が最も高い方達
ともいえます。

普段の生活環境が「女ばかり」。
看護師、医療従事者、事務センター勤務、小売り販売スタッフ女性など。

キャビンアテンダントの方達も女性ばかりの職場とは言えます。
ただ、周りの男性達がパイロットや航空関係者、ビジネスクラス利用客など目が肥えている傾向にあります。

男性への希望条件「30代 1,000万以上」などはよく見られます。

メリット:結婚への真剣度が高い
デメリット:女性同士の競い合いになりやすく、ハイスぺック指向

③ キャリアが影響している女性達


高収入キャリア女性

これまでキャリアに邁進し、結婚の気持ちがなかった女性達。

経済的基盤が確立し、責任あるポジションで働いている方も多いです。

その分、男性の転勤などにフレキシブルに対応できないというもどかしさがあります。

年収700万以上の働きがある女性も多く、雰囲気に良くも悪くも「迫力」はあります。

メリット:経済的に自立している 知的で頼りがいもある
デメリット:男性を見る目が鋭い 近寄りがたい雰囲気がある


男性職場でオトコ化
技術系などの職場で、「気づいたら」自分もオトコ化してしまっている女性。

言動が男性のように論理的で冷静。

逆に男性からは「女性らしさに欠けている」と思われ、職場婚からはじき出されています。

結婚相談所での婚活もコミュニケーション上に不器用な面がありますが、人柄は実直な方が多い。

メリット:きまじめ 冷静
デメリット:女性的なソフトさが発展途上

 

職場が高収入既婚男性ばかり
銀行・証券・総合商社勤務、秘書業、法律弁護士・公認会計士などの士業事務所勤務の女性達が主。

周りが「高収入男性」ばかりで、既婚率が高く、合コン、婚活パーティーで出会う男性に物足りず、結婚相談所に入会。

職場の男性陣と同等レベル、またはそれ以上の男性を求める傾向があります。

美人が多く、「秘書」「アシスタント」という男性のお世話が得意というイメージから、男性からのお見合い申し込みも多いですが、男性への希望年収は「30代 900万以上」という方もチラホラ。

メリット:美人が多い
デメリット:男性に求める要望が高い

④ 元カレを忘れたい女性達

こちらは「成婚へまっしぐら」タイプと、1、2か月程度で見切りをつけ、中途退会していくタイプ。

もともと自分の「恋愛能力」が高く、自信があります。

良い方向に動くと男性を上手にリードして成婚まで半年以内にたどり着きます。
悪い方向だと「元カレ以上の魅力がいない」と見切ります。

美しい方が多く、男性からのお見合い申し込みも多いです。
交際上手でもありますが、男性は一方的に、突然、理由なくフラれて終わるケースも多いです。

メリット:コミュニケーション能力が高い 成婚までが早い
デメリット:元カレと比べる

まとめ

今回は特徴的な傾向をご紹介しましたが、実際はより多岐に渡ります。

結婚相談所はスマートな出会いが出来るところではなく、いろいろな思いを抱きながら、活動しています。

そして、女性も男性もプロフィールは結婚相手としての基盤にはなります。

それでも、女性も最終的な判断は「一緒にいて、落ち着く方」「自分を受け止めてくれる方」だそうです。

あなたが一緒に人生を歩んでいける女性に出会えますように。

応援しています。