なぜ結婚相談所の40代男性婚活が迷走するのか

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。
柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所は男女比が4対6で女性が多く活動されています。
特に30代男性は選択肢は多くなり、比較的半年から1年で成婚される方は多いです。

ただ中には迷走される方も。

共通点が3つほどあります。
これから婚活を始めようとされる方が参考にされるとより確実に結婚への道を進んでいけると思います。

女性から見た年齢差を考えられない

婚活男性が女性に求める第一要素は「若さ」。
「お子さんが欲しい」という思いと、男性ならではの「若い子を連れ歩きたい」という願望があるようです。

35歳以降の女性は、現代の医療の進歩と母体の若さにも関わらず、「イメージ」が先行して、男性からのお申し込みは少なくなっています。

40代半ばの男性も34歳までの女性にお見合い申し込みをする方はとても多いです。
46歳の男性が34歳女性に申し込むと年齢差12歳。干支は一回り。
お子さんがすぐに生まれたとしても、成人する時は67歳以上です。奥様はまだ55歳。

給与は確実に少なくなり、年金もまだ受給年齢ではないでしょう。
大学に進学するとまだ学費も高額にかかります。
学費は退職金でまかなうとして、その後の生活に奥様は安心して過ごせるでしょうか。

そもそも12歳の年齢差は、職場の課長と部下の関係にもなります。共通の話題もほとんどありません。

また30代男性でも同じです。
残念ながら、20代女性から見ると、30代男性は「とてもお兄さん」「すっかりオジサン」という言葉がよく聞かれます…。

2017年成婚者データでは男女の年齢差は3〜4歳。

例えば、34歳の男性が女性から「結婚対象」と見てもらえる年齢差は30歳から34歳までという言うことです。

年収が高めの方は年齢差が5~6歳と少し開く傾向にはあります。

IBJ男性会員の中心年収500万円台の方は先の通りです。

40代になると、より同世代婚になります。

芸能人の年の差婚、ZOZO社長のような親子ほどの年の差婚を夢見るのは構いません。

でも、夢をうる芸能人の見た目にかける莫大な投資、そしてビジネスの世界的成功者のオーラが自分に可能かと冷静に考えることは大切ではないでしょうか。

美しい女性に見合うほど自分の見た目に努力していない

婚活男性が女性に求める第2要素は「女性の美しさ」

結婚相談所は女性が多いため、選び放題と考える男性は意外と多いです。

美しい女性達は本当に多いです。スタイルも良く、優秀…。
高嶺の花と思われてしまい、縁遠くなってしまったのかな、と思われる女性が多数登録されています。

このような女性は美しさにもかなりの努力が伴っています。

日々のダイエット、月に何万もかかる美容室、エステ。
洋服も季節やトレンドに合わせたファッション。
日常の話題も美味しいお店選びも情報収集を怠りません。
このような女性は、仕事への熱意もあります。
だから輝いて見えます。

このような女性に申し込むには、ご自分もそれなりの見た目の努力は必要です。

髪型は1,000円カット。何年も着倒したスーツ。
それなら、新品のファストファッションの方がオシャレかもしれません。

自分はそれなりにしか「投資」をしていないのに、相手にはそれなり以上を求めるのはアンバランスです。

美しい女性は結婚後もその美しさを維持するには、家計的にもそれなりの必要経費ででていくことは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

お見合数回ですぐあきらめる

「相手を選べる」と意気揚々に活動を始めたものの、「女性から選ばれる」現実に直面し、お見合いにならない男性は「たくさん」います。

せっかくお見合いが成立しても、減点主義で見てしまう方はいます。

お見合いになってもお相手のお気持ちも同じではないと交際に入りません。
成婚者された方達も複数回経験されています。

【成婚者の平均お見合い回数】
20代男性平均:3~11回  20代女性平均:5~10回
30代男性平均:17~19回  30代女性平均:13~15回
40代男性平均:21~26回  40代女性平均:14~16回
※日本結婚相談所連盟に所属する会員の2017年成婚者データより参照

中には20回以上お見合いをされる方もいます。

お見合いで仮交際に入る確率は30%です。
そこから真剣交際に入るには30%。
真剣交際から成婚に至るには50%。

成婚者ばかりが努力しているわけではありませんが、結果を出すためには時間も努力も費用もかけています。

まとめ

少し辛辣に書きましたが、結婚相談所に入れば「簡単に結婚できる」ということではなさそうです。

真剣に「だれかと一緒に協力して温かな家庭を作りたい」という方には最適なお相手選びの世界ではないでしょうか。