結婚相談所の「仮交際」はどのくらいの頻度で会うといいの?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合いから交際成立。そして最初のデートも無事終了。
「次もまた会いましょう」という流れにはなったものの…

「仮交際ではどのくらいの頻度で会えばいいのか」というご質問をよく頂きます。

IBJでは交際3カ月ルールがあります。
お見合いから成婚退会まで3か月というもの。(最長6カ月)
仮交際はお見合いから1カ月~1カ月半の間の期間の方が多いです。

「週1回、仕事帰りなどに食事、週末に半日ほどのデートのペースで1カ月で5回は逢えるように」とお答えしています。

【関連記事】
お見合い後の初デートを成功させるための心構え・会話・お店選びまで

まだお互いに思い入れのない関係

結婚相談所での出会いは「結婚」を前提としています。
それでも、会わなければあっという間に気持ちも下がり、自然消滅してしまうことも多いです。

それを避けるには、ひんぱんに会い、接点を増やす。
単純接触効果(ザイアンスの法則)」を活用することです。

単純接触効果とは
何度も繰り返し接触することで好感度評価が高まる効果のこと。
1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが発表した心理学上の理論。
何度も見たり聞いたりしていると、最初は興味がなくても、徐々に良い感情を持つようになってくる効果があると示した。

日本は夫婦の出会いは「職場結婚」がトップでした。それは今でも変わりません。
これは単純接触効果が最大限活用されています。

LINEのコミュニケーションは実は難しい

仮交際中はまだお相手の様子もわかりません。
「あまりLINEを送っても嫌われるのでは」という声もチラホラ。

LINEの言葉遣いを誤解されてしまい、関係が悪くなったということもあります。

また、毎晩LINEでは盛り上がっていたのに、実際デートをしてみたら「なんかリアルは違う」と別れてしまうカップルもいます。

うまくいくカップルもいますが、LINEは結局「リアルではない」点を互いに注意しておかなければなりません。

「おはよう」「おかえり」「おつかれさま」「週末はよろしく!」という程度の短い内容は、相手も返答に困りません。
少し習慣化されると「今日も連絡が来た💛忘れずにいてくれた」とお相手も意識してくれるかもしれません。

一方、LINEで失敗する例は「長文」「日記のような内容」「どう返事をしていいかわからないネガティブな話」。

LINEで長文を送る人は「都合のいい時に読んでもらえばいい」という配慮(?)があるようですが、受け取った側のプレッシャーを想像する必要はあります。

デートも仮交際3回までは短時間で

仮交際デート3回目ぐらいまでは短時間をオススメしています。

男性の場合、気になる女性を「独占したい」という思いから、デート3回目ぐらいに「一日デート」を提案してしまう方がいます。
でもまだ3回目デートの頃は、女性もまだ別のお見合いをしていたり、複数交際中の可能性も高く、「週末は予定がビッシリ」の可能性があります。
そこに「一日デート」の提案は単に負担にしかならず、交際終了の引き金にもなります。

一日デートの提案は他の交際相手の「気配」が消えた1カ月後(または5回目デート)ぐらいがおススメです。

まとめ

仮交際中のコミュニケーションのポイントをご紹介しました。

・LINEは短文で返事に困らない内容を毎日。
・デートは週に最低1,2回。会ってお互いに親近感を持つ。
・一日デートは5回目以降。このころには真剣交際間際なため、結婚感も確認したいところ。

もし3回あってもお相手の気持ちが盛り上がらない場合は早めにお断りするのがマナーです。

忙しい毎日の中で、お互いが会う努力をする。
その努力をお互いにできるお相手が真剣交際、ご成婚に向かうお相手かもしれません。
仮交際…実りある時間になりますように、応援しています。