仮交際2回目デートに誘っても、LINEを既読スルーされる人の特徴

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

仮交際2回目のデートの誘い方に苦戦する方は大変多いです

IBJ結婚相談所では交際成立後、初デートをしないと「違約金1万円」を払わないといけません。

そのため、お見合い後に気持ちが下がっていても「是が非でも会う」ということもなります。

そのため、「2回目のデート」が本当に「会いたい」か「会いたくないか」の分かれ道。

いざLINEで次のデートに誘ってみたものの、既読スルーされた…

どのようにお誘いしたのかをお聞きすると、女性が「返事をしにくい」聞き方をしています。

なぜその誘い方がうまくいかないのか、次につなげるには、どのような誘い方がいいのかをここでは紹介します。

LINEのやりとりは恋愛感情とは別物

連絡手段に「LINE」を利用される方は多いです。

初デート後には「食事をご馳走したお礼はありました。

でも次に「会いませんか?」と誘うと「忙しい」「時間が合わない」と言われてしまいました。

その後、なんとなく連絡も途絶え、

しばらくすると相談所から「交際終了」の連絡が来てしまいました…

何が悪かったのでしょうか。

この流れには交際終了を予感させる点が2つあります。

食事のお礼はあった。でも「次回を楽しみにしている」という言葉がない。

LINEのやり取りはするものの、次のデートに誘うと「忙しい」。

LINEが続くのは、単なる社交辞令の可能性は高いです。

「気を遣う女性」だったのかもしれません。

結婚相談所にいる女性の特徴「優柔不断」な態度でLINEがきたら返事をしてしまう、でも会いたくないから「忙しい」

LINEのやりとりが頻繁でも「オレに好意がある?」と期待するのは危険です。

「また会いませんか」の何がいけないのか

さて、「また会いませんか」の何がいけなかったのか。

まだ2回しか会ったことがない、よくわからない男に「また何か付き合わされるかも…」「また連れ回されるかも…」と、警戒心を抱かせてしまった点にあります。

【初デートで嫌われる3大要素
女性はよく知らない男性と長時間いることを大変苦痛に感じます。
①「時間いる」
②「話に付き合わされる」
③「自宅から距離」

婚活にも「交渉の大前提」の活用を

「相手にとってメリットを提示してから、自分の希望を伝える」は交渉の大前提ですが、婚活にも活用できます。

最初に女性にとってのメリット(例:イタリアン料理が好き)を提示し、デートの申し出(日程教えて)をする。

前回お会いした時に、イタリアン料理が好きだと言ってましたよね。美味しいイタリアンのお店の情報を得たので、ぜひ一緒に行きませんか?ご都合のつく日を教えて下さい

「行きたかったお店があるんだけど~」という誘い方をされる方もいます。

この時のメリットがあるのは「あなた」です。

「あなたの趣味に付き合うの?」といった少し誤解されやすい誘い方かもしれません。

男性優位に甘んじない

結婚相談所は男性が少なくて優位ですが「この女性と結婚したい」となると立場は逆転。

ライバルを意識しライバルよりも「メリットがある」と感じてもらう必要があります。

「女性の興味のあるお店に連れていく。」のは一見、手間はかかります。

でも良い方向に動く確率は高く、双方にメリットです。

さらにあなたがスマートにご馳走すれば、女性のメリットは「✨ベネフィット✨」にまで進化しますよ。

相手目線を大切にすることが成婚の近道

「また会いませんか?」の誘い方では相手にはメリットが伝わりにくく、自分目線

女性が喜ぶことを優先して提案した「イタリアン→日程提示」は相手目線

婚活がうまくいかない人は「オレは、オレは」「ワタシは、ワタシは」の自分目線で活動してます。

婚活は相手をゲットする「買い物」ではなく「契約」です。

しかも「人柄」あっての契約。しかもお相手は「女性」。

お相手目線でいるのは大変です。

婚活中だからこそ、集中力と冷静さを意識して、小さなご縁を実りある交際につなげて頂ければと思います。