仮交際3回目デートに「また会いませんか?」とLINEしてもお断りされる人

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

仮交際に入ると「3回目のデートの壁」を越えなければなりません。
3人に1人がこの壁を越えられていません。

お見合いで1回目、初デートで2回目。
2回目まで実行しなければ「違約金1万円(IBJお見合いルール)」が発生します。
そのため是が非でも会う、ことになります。

そのため、「3回目のデート」が本当に「会いたい」か「会いたくないか」の分かれ道。

いざ「3回目」を誘ってみたものの、それから連絡が来なくなった…

どのようにお誘いしたのかをお聞きすると、共通点があります。

ここでは、その誘い方がなぜうまくいかないのか、うまく次につなげている人はどのように誘い出しているのかを解説します。

LINEではやりとりできたのに

連絡手段に「LINE」を利用される方は多いです。
(「IBJSプラス(有料版)」をご利用頂いている方は、LINEと同じようなコミニケーションツールが利用できます。)

2回目のデート(初デート)では「食事をご馳走したお礼はあったのに」「LINEではなんとなくやりとり出来ていた」のに、次に「会いませんか?」とデートに誘うと「忙しい」「時間が合わない」となり、その後連絡が途絶えた…

この流れには交際終了を予感させる伏線が2つあります。

食事のお礼はあった。でも「次回を楽しみにしている」がない。

食事のお礼がきちんと言える女性は意外と少ないです。
こちらの女性は「社会人として良識のある方」とお見受けします。
しかも、あなたに逢いたいとは思わなかった正直な方でもありました。

LINEのやり取りはするが、次に誘った時に「忙しい」モードになる。

LINEでのやりとりも、社交辞令があります。
「気を遣う女性」であるかもしれません。
でも結婚相談所の女性達に見られる「自分では決断しない」傾向はあります。
だから、LINEがきたら返事をしてしまう…八方美人型。

「また会いませんか」の何がいけないのか

意思表示をきちんとしない女性もそもそも婚活の姿勢に疑問があります。

とはいえ、他人は変えられません。
ご自分の経験としてストックされることをオススメします。

こだわっても「あなたからしてくれないといやだ女性」は結婚後も同じようになり、苦労は尽きません。

さて、では今回の誘い方は何がいけなかったのか。
女性に「また会いませんか」とだけの誘い方は女性に警戒心を抱かせてしまった点にあります。

まだ2回しか会ったことがないよくしらない男に「また長話に付き合わされるかも…」「また長時間連れ回されるかも…」と、単なる時間つぶしに使われるかも、と思っているかもしれません。

婚活にも「交渉の大前提」は必要

相手にとってメリットを提示してから、自分の希望を伝える、というのは「交渉の大前提」ですが、婚活でも活かして下さい。

最初に女性にとってのメリット(例:イタリアン料理が好き)を提示してから、デートの申し出(日程教えて)です。

前回お会いした時に、イタリアン料理が好きだと言ってましたよね。
美味しいイタリアンのお店の情報を得たので、ぜひ一緒に行きませんか?
ご都合のつく日を教えて下さい。

「行きたかったお店があるんだけど」という誘い方をされる方もいます。
この場合の主役はまた「あなた」です。

女性との関係が深まり、女性もあなたへの好意が高まっている真剣交際後半の方向けて上級手段。

男性優位に甘んじない

結婚相談所は男性が少なくて優位、と日ごろは伝えていますが、「この女性と結婚したい」となると、形勢は逆転します。
確実にライバルはいるのです。

女性は「安心できる結婚相手選び」として結婚相談所でお相手探しをするので、とても慎重。

「接触頻度を上げれば、(女性の)気持ちも盛り上がるだろう」と考えるのも拙速です。

「女性の興味のあるお店に連れていく。」のは一見、手間がかかり面倒ではあります。

「婚活はスピード感をもって、合理的に」と発想するのは実は男性だけの考えにすぎません。

これで「気になる女性」をデートの誘い出せれば、あなたはメリットを手にれます。
そして、女性はまず「興味のあるお店に行ける」というメリットが生まれます。

そして、さらにあなたがスマートにご馳走できれば、女性のメリットは確実に「ベネフィット」なりますね。

相手目線が成婚の近道

自分のメリットしか考えていない「また会いませんか?」の自分目線。
女性が喜ぶことを最大限に考えた「イタリアン→日程提示」は相手目線

男女ともに婚活がうまくいかない人の特徴は「俺は俺は」「私は私は」の自分目線です。

人間関係は合わせ鏡と申しますが、相手目線の思いやりのある方には相手目線の思いやりある方とカップルになっています。

また、お相手目線で考えている中で、自分がどうしても無理なことに気づく機会も生まれます。

それは相手が「自分目線」であなたに要求してくるばかりだということです。
ご縁がないと次に進んだほうが賢明です。

婚活は単純な「買い物」ではなく「契約」ともいわれます。
双方にとってウインウインの関係であること。

結婚相談所の婚活はスペック選びだ、などと揶揄する方もいますが、結局は人間性あっての「契約」。

相手に想いを至れる方が幸せになれるのはどこの世界でも同じではないでしょうか。

あなたもお相手に思いやりを持てる方と信じています。応援しています。