プレ交際で「LINE未読・既読スルー」する婚活女性の心理

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。

お見合いが終わり、「もう一度会いたい」と双方のお気持ちが通じると「プレ交際」です。

双方の相談所からお互いの「電話番号」が開示され、その日中、もしくは翌日にお電話でまずはご挨拶。次に会う日の約束を決めたり、連絡手段として「LINE交換」をする、などの流れになります。

ただ、LINEは便利ですが、「未読スルー・既読スルー」を「する・される」という問題も出てきます。

男女比率的には「マメではない」男性にその傾向はありますが、最近は女性もLINE未読・既読スルー方がいますので、心理を解説します。

 

相談所から「もう一度くらいは会ってみたら」と説得されていた

結婚相談所の世界は6割以上が女性。お見合いにならない女性は多いです。

そこで女性の結婚相談所は数少ないチャンスの「お見合い」が成立すると、女性がお見合い後、お断りしようとしても、「一回じゃわからないから」と説得されて、「プレ交際」にもっていってしまうところがあります。

でも、女性はやはり気持ちが進みません。その結果、「未読スルー」になってしまう。大人げない行為ですが、女性も相談所との関係に気を使っているところもあり、気の毒な気もします。男性にはもちろん失礼なことにはかわりません。

 

相手に気が回らない

とてもマイペースな方。

悪気はないのでしょうが、時間のテンポがとにかく自分中心で、相手を疲れさせるタイプです。デートの時は表情があるので、気にならなくなったりしますが、別れた後のLINEのやりとりになると、そのマイペースぶりで疲れる人です。

悪気はない分、その後も変わらないと思います。「そんなキミがいい」のであれば、頑張ってください。

 

天秤にかけられている

他にも進行中の男性がいて、天秤にかけられている、むしろ後回しにされています。

感のいい女性ならわかる場面でも、男性は誰かと比べられているという事実を受け入れがたいところがあります。

未読スルーするタイプの女性はどちらにもうまく立ち回れるほど八方美人ではないようです。

ただ、男性は今後フラれる要素は高いので、あまり肩入れしないほうがいいかもしれません。

駆け引きをしている

「なびく女にみられたくない」「軽い女にみられたくない」と、駆け引きをしてくる場合もあります。

自己肯定感が低く、臆病です。人を信用することが苦手であったりと猜疑心の強い女性。

結婚生活もマウントをとりたがる傾向があるので、安らぎのある結婚生活はあまり望めないかもしれません。

 

あなたに関心がない

これまでいろいろ書きましたが、究極はこれです。残酷ですが、一番この傾向が濃厚です。

とても傷つきますが、傷は浅いほうがいいです。女性はあっという間に立ち直っていきます。

仕事の切り替えと同じように婚活も同じように取り組んでいけたら…というのは慣れていくしかありません。

 

まとめ

LINEはとても便利なコミニケーションツールです。

その一方で、「未読スルー」「既読スルー」で傷つくことが多いのは婚活の世界だけではありません。

社会人として相手に配慮するのは最低のマナーです。

思いやりのある方がやはり「しあわせな結婚」を手に入れています。

友だち追加

LINE@も始めました。
婚活にまつわることを配信しています。
ご登録頂ければ、相談も可能です。
私だけに届きます。
お返事はブログの中でお答えしますね。

 

「本当に好きな人」と結婚なら

森とうゆうこの幸せ結婚相談所 Amar es Creer
これまで出会いがありそうでなかった理系男子、理系女子の
「結婚したい」をサポートとしています。

 

もっと気軽に「結婚相談所の話を聞いてみたい」という方はこちらがおススメ。

【初回限定 電話無料相談】

 

 

 

 

この記事を書いた人

森とう ゆうこ幸せをはこぶ仲人
青山の大手結婚相談所の結婚相談所から独立。千葉県柏市で「森とうゆうこの結婚相談所ーAmar es creer」代表です。コミニケーションを重視したマンツーマンの婚活サポートしています。主に論理的思考な理系男子、理系女子の方達に好評です。趣味はバラ栽培。人も植物も自然体で育てる…が好きです。