「普通の人でいいのに」年収500万30歳婚活男子と結婚は難関大受験並み?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

先日IBJサミットという年に一度のIBJ集会に参加してきました。
IBJ社長石坂氏のパネルディスカッションの中で「東京は女性が結婚できない魔のエリア」というパネルが紹介され、会場はどよめきました。
その時にツイートしたのが下記の内容です。

後日、婚活中の方から「男性人数との比較で教えてほしい」という声が寄せられました。

結婚相談所業界は女性が多く、男女比も6割以上が女性です。

入会前にこの事実を説明されないまま、活動を始めてしまう方もいるようです。

「こんな素敵な人がいますよ」「あなたは若いからモテますよ」という誘い文句を信じて始めてしまうと、「成立しないお見合い」「進展しない交際」に戸惑います

IBJ登録女性の多くの方が「年収500万以上の男性」を希望されますが、日本の平均給与は420万円。

年収500万はすでにハイレベルな日本です。

今回は20代、30代女性(30歳~39歳)に焦点を当て、どのくらいの「競争率」で婚活に臨まなければいけないのかをご説明します。

「自分の要望が通らない」と迷走している方はその理由を知ることが出来ます。

お見合い一回一回がとても貴重な出会いであることをご理解いただければ幸いです。

※これからご紹介する数字は「東京・神奈川・千葉・埼玉」の首都圏の数をご紹介しています。
※会員データは2019年6月から2019年12月29日現在に更新しています。

20代女性の同世代婚は競争率10倍以上

2019年初頭から20代の方の「結婚相談所での婚活」を始める方は多いです。

現在首都圏在住の20代~30代女性会員数:5581名 5741名

県別構成比は次の通りです。

では、先の20代女性のご要望を受けると、競争率はどのくらいになるのでしょうか。
現在、20代女性は861名933人。

👩20代女性:

👨20代男性
年収500万以上・大卒以上・170㎝以上 72名 82名
競争率:12倍 11倍

東京の早慶上智といった難関私立大学の受験倍率が8~10倍と言われます。

結婚相談所でも、20代の婚活は競争が激しそうです。

30代前半女性は「同世代・年収500万男性と結婚」はできるのか

30代前半女性は急に人数が増えてきます。2,310名 2,394名

 

首都圏に住む30代前半男性の中で「女性から希望されやすい条件」3つを満たす方達は394名437名。

  1. 年収500万以上
  2. 大卒以上
  3. 170㎝以上

(注)30代前半男性には、20代女性もお見合い申し込みする関係で、競争率にプラスして計算。

👩30代前半女性+👩20代女性

👨30代前半男性
 競争率 約8倍

より高年収の方を望む場合は次の競争率になります。

👨30代前半男性
年収600万以上 283人
 競争率 約12倍
👨30代前半男性
年収700万以上 149人
➡ 競争率 約22倍

 

「身長を妥協しても…」でも高倍率

年収・学歴・身長という条件の中で一番妥協しやすい項目は「身長」と言われます。

では身長を妥協した場合はどのようになるのでしょうか。

👩30代前半女性+👩20代女性

👨30代前半男性
年収500万以上/大卒以上/身長問わず605名 647名)
 競争率 5倍

 

👨30代前半男性
年収600万以上/同条件
 競争率 8倍
👨30代前半男性
年収700万以上/同条件
 競争率 16倍

30代前半女性&30代後半男性との関係

30代前半女性&30代後半男性の場合を見てみましょう。

30代後半男性は1,112人。(2019年12月29日現在)
その中で、年収500万以上/大卒以上/身長170㎝以上の条件を満たす方は794名 737名。

30代前半女性は30代後半女性(2,412名)もライバルになります。

👩30代前半女性+👩30代後半女性

👨30代後半男性
年収500万以上/大卒以上/170㎝以上
➡ 競争率 6倍 7倍
(身長問わずなら、4倍)
👨30代後半男性
年収600万以上/大卒以上/170㎝以上
➡ 競争率 8倍 9倍
(身長問わずなら、6倍)
👨30代後半男性
年収700万以上/同条件
➡ 競争率 12倍 13倍
(身長問わずなら、9倍)

30代後半女性&40代前半男性との関係

30代同士の結婚が女性には特に大変な競争率の中で実現する状況をご説明しました。

特に30代後半女性はより深刻な状況です。

歳の差5歳前後の40代前半男性との結婚の可能性を見てみましょう。

40代男性・年収500万以上の方は1,120名 1,153名
600万以上は755
700万以上の方は504名。

そこに大卒以上・170㎝以上の条件が加わると、811人。
600万以上は658人
700万以上は316人

ただ、ここで30代よりも40代は成婚率が下がる現象を見なければなりません。

40代前半男性・年収500万円の方の成婚率は93.3%

年収600万円以上にならないと、成婚率は100%以上になりません。成婚率:116%

40代男性の場合は30代500万よりも基準が600万以上になるようです。

👩30代後半女性

👨40代前半男性・年収600万以上・大卒・身長170㎝以上
➡ 競争率 3.6倍
(身長・学歴問わずなら、3倍)

ただ、40代男性は「妥協してまで結婚しなくても」と思う方や、「子供がほしい」と最後に臨む世代でもあります。

そのため、10歳以上も年下の女性に申し込みをする方は多いです。

40代男性と30代後半女性の要望のすれ違いが起きています。

まとめ

無料カウンセリングやお見合いの調整をしていると、女性が「男性を選ぶ」視点の方が多くいることが大変気がかりでした。

今回、あえて「競争率」という強めの言葉を選んだのは、婚活にも「競争原理」が働いていることを実感して頂きたいのです。

この記事では女性が気になる「経済力」だけに焦点を当てています。
「見た目・婚姻歴・一人暮らし・趣味・喫煙・宗教」などの条件が一切加味していません。

実際の「競争率」はより高くなることが予想されます。

女性には「妊孕性(にんようせい)」という時間の制約があります。

婚活男性は35歳以降の女性には大変複雑な意識を持つようです。

「ハイスペック男子と結婚」まではいかなくても「普通の人でいい」という声は大変多いです。

それでも、現実は、難関大学受験並みの競争が存在します。

結婚がしたいのか、理想を追い求めるのか。

あなたに希望があるように、男性にも「結婚生活の希望」があります。

そして時間は有限です。