「週一デートしていたのに、真剣交際に進めない」のはどんな時?

森とうです。こんにちわ。
千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

仮交際中に週一回会えていたのに、真剣交際の申し出をするとフラれてしまう方達がいます。

特に男性は仮交際が進むと女性を「カノジョ」と思いやすい傾向があり、「交際終了」を伝えられると「え!なんで⁉」と大変落ち込む方も多いです。

でもこの状況になるまでに、お相手からは共通する「真剣交際に進めない典型的な状況」があります。

仮交際中に「なんとなく…この流れは違和感がある」と感じたら、早めの担当者に相談することが大切です。

「相談するのがなんだか恥ずかしい」という場合ほど、状況が深刻化していることもあります。

今回はその典型的な状況を5つにまとめました。

複数該当してしまう場合は、担当者の方を通して「お相手のお気持ち確認」することをお勧めします。

①毎回会うのが夜食事ばかり

仮交際期間は約1か月~1か月半。
デートは5回~8回。「週1回以上はデート」をしていることになります。

下記は「成婚者の典型的なデートの進め方」です。

    • お見合い
    • 初デート(2時間ほどの食事デートのみ)
    • 2回目デート(  同上 )
    • 3回目デート(  同上 )
    • 4回目デート(半日デート
    • 5回目デート(1日デート

      ⇩
真剣交際へ進む

真剣交際に進むカップルには会うたびに一緒にいる時間が長くなることがわかります。

一方、仮交際だけで終わりそうなカップルは「夜だけの食事デート」を繰り返している場合が多いです。

お相手に提案しても一向に半日、一日デートにならない場合は、どなたかと天秤にかけているか、保険にされている可能性があります。

②連絡手段はLINEではなく、メール

ファーストコールで「日常のやり取り用」として、メールしか開示されない場合があります。

IBJアプリの安心トークか、メールでお願いします

40代女性には多いのですが、中には30代の方もチラホラ。

スマホのLINE設定が複雑な場合もあり、初デートまでメールでやり取りしなければならない場合を除き、いつまでもメールは「心に壁」を作られている状況が多いです。

③平日のLineのやりとりがない

「平日でも連絡を取りたい」と思われていない点が要注意です。

ではなぜ仮交際関係を続けているのか。

女性の場合が多いのですが、担当者に「交際終了させてもらえない」場合もあるということです。

女性は結婚相談所で成婚するのは難しい。
最初は好きではなくても、会えば気持ちが上がる。
だから会いなさい。


回数会えば気持ちも上がる
はある意味正解です。(ザイアンスの法則)
ただ、他人から言われて「会えば、気持ちが盛り上がる」というものではなく、「イヤなものはイヤ」です。

④相手相談所からの「色良い返事」がない

3回目のデート以降には双方でお互いの会員の「真剣交際への意向確認」をします。
お互いの相談所間で下記のような「真剣交際への気持ちの確認」をします。
「真剣交際に進める好例」をご紹介します。

男性側結婚相談所
☎弊社会員は、○○様(女性)と真剣交際を前提に交際を進めて行きたいと申しております。
○○様のお気持ちはいかがでしょうか?」


女性会員側相談所

☎うれしいご連絡ありがとうございます。
弊社会員○○も御社●●様とご一緒する時間がとても楽しいと申しております。
真剣交際への申し出を頂けるのであれば、喜んでお受けします。
今後も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

一方、「進展が望めないケース」はもちろんあります。

お相手相談所からの「返信が来ない」ということです。

⑤相談所経由でデートにクレームが毎回来る

デートを終えると、相手相談所から、何かと「行動改善」ならぬ「クレーム」が来ることがあります。
特に女性側から下記のような内容で来ることが多いです。

「食事の支払いの時に割り勘はそろそろやめてほしい」
「次は食事ではなく、映画に連れて行ってほしい」
「親との関係が気になる」
「仕事内容に不安がある」
「年収はいつ上がるのか」
「専業主婦についてどう思うか」

「デート中は何も言われなかったのに」というケースが多いです。
本人が言いにくいことを結婚相談所が代わりにいうのは業務の一環です。

特に結婚を焦る男性は「対処療法」で行動を変えようとしますが、結局破局していきます。
このようなクレームが出るのは、要望ではなく、「今のあなたではイヤだ」というよりも、「あなたそのものを許容できない、別の人格になって」という気持ちが潜在的に表面化しています。

まとめ

仮交際で週一回会えていたにも関わらず、真剣交際に進めないケースを5つご紹介しました。

このような状況があるにもかかわらず、「認めたくない」「終えたくない」という思いから、ズルズルと仮交際デートを重ねてしまう方は多いです。

距離感がどうも縮まらない、何か違う、という「何か」を感じたら、自分ひとりで抱えずに、いち早く相談所に「相談」して下さい。

婚活に焦りは禁物ですが、悩んでいる時間は堂々巡りになります。

結婚相談所に支えてもらいながら、あなたの「次の一歩」を進めましょう。応援しています。