「真剣交際に進める?仮交際で終わり?」お相手の本気度チェック6つ

森とうです。こんにちは。
千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

仮交際中に何回もデートしていたのに、真剣交際前にフラれてしまう方達がいます。

かけてきた時間も期待も失うため、大変ショックを受け、立ち直りに時間がかかってしまう方も多いです。

仮交際に必ず成功するパターンはありませんが、不思議と「失敗するパターン」はあります。

今回はその典型的な例を5つにまとめました。見極めの参考にして下さい。

森とうゆうこ

「いまさら相談したくない」という場合ほど、危険な独り相撲をしていることが多いです。

真剣交際に進めない典型的なケース5つ

①デートは夜の食事ばかり

毎回、相手から提案されるのは「仕事帰りの食事デート」ばかりなんです…

こんかつこ

仮交際期間は約1か月~1か月半。

夜デートばかり提案される場合は、お相手は別のお見合いや仮交際を優先させていることが考えられます。

森とうゆうこ

最近は特別な事情がないのに「オンラインデート」ばかり提案されるケースも同じです

真剣交際に進むカップルは早い方で3回目デートからデート時間が長くなります。

森とうゆうこ

「仮交際3回目の壁」を突破できるかが肝心。
順調な仮交際の過ごし方の一例
  • お見合い
  • 初デート(2時間ほどの軽い食事デート)
  • 2回目デート(同上)
  • 3回目デート(同上)
  • 4回目デート(土日の半日デート
  • 5回目デート(土日の1日デート

②LINEの返事は待ちぼうけ

毎回、LINEを送ると数日後に返事が来て、何か決めるのにすごく時間がかかります

こんかつお

LINEは相手の「時間感覚」を確認できる重要な手段です。

森とうゆうこ

成婚するカップルは時間感覚が合う方が大変多いです。
「待たされている」と思えば、お相手とは時間に対する価値観が「違っている」ということになります。
お相手も時間を意識し、交際相手を比較検討しています。
優先順位が低ければ、後回しにされ、結果的に「待ちぼうけ」になるのです。

森とうゆうこ

「逢うといい人だから」と1カ月に1回しか会えない関係は交際終了した時の時間の代償を考える必要があります。

③連絡するのは自分ばかり

連絡は自分ばかり。こちらから連絡しないと自然消滅になりそうです…

こんかつお

連絡は自分発信ばかりで、相手から一向に連絡が来ない、という場合、残念ながらこちらも、お相手は他のお見合いや交際で忙しく、「忘れられている」か「後回し」にされています。

一方、連絡をすると、意外に「ヒマだった」などと言われてしまう方もいるようです。

森とうゆうこ

単純に「エア婚活」の相手にされている可能性もあります。
エア婚活とは
「交際中」の人がいるだけで安心し、婚活している気分だけ味わう人。また、理想ばかりを追求し、一向にお見合いが成立しない人も指す。

女性の場合は時々「相談所から交際終了させてもらえない」ことがあります。(下記参照)

相談所は女性はなかなか結婚できないの!
最初は好きではなくてもいいのよ!会っていくうちに気持ちは上がるのよ!だから交際を続けなさい!

「会えば気持ちは上がる」は間違いではありません。(ザイアンスの法則)
ただ、いずれにせよ意思表示がはっきりできない相手は交際が進まない可能性が高いです。
結婚相談所の「仮交際」はどのくらいの頻度で会うといいの?

④具体的な結婚観、将来像の話がない

相手から一向に結婚観や具体的な話が出てこないです。

こんかつこ

3回目の壁を越えても、おでかけデートを繰り返すばかりは要注意。
具体的な結婚観や将来像の話がなかったり、こちらから提示しても、のらりくらりとかわされてしまう場合です。

また「具体的なことを質問して否定されたくない」といった子供じみたことを言う交際相手もいます。

聞かれなければ躊躇せず、仮交際中からどんどん確認して下さい。
そして相談所のフィードバックの活用です。

森とうゆうこ

それでもだめなら「恋愛ごっこ」に付き合わされている可能性があります。

⑤相談所経由でも「相手の気持ち」が不透明

相談所経由で相手の気持ちを聞いてもらったのに、「まだ交際を続けたい」とだけ言われてしまい先がみえない…

こんかつお

婚活の基本は相談所への報連相とフィードバックをもらうことにあります。

とても丁寧な相談所はデートのたびにお相手の気持ちのフィードバックがあります

森とうゆうこ

お相手の気持ちをタイムリーに得られるほど交際は順調に進みます。

でも連絡をしても「もう少し交際を続けたいと言っている」といった抽象的な話しか得られない場合は「交際終了」の前触れが多いです。

森とうゆうこ

お相手がその交際を重要と考えておらず、相談所への報告も薄いためです。

⑥お相手が「ピックアップ」に掲載されている

交際相手がたまたま見た検索画面に「ピックアップ」で見つけてしまうことがあります。

これは誠に残念ですが、仮交際終了宣言されているようなものです。
仮交際相手へのデリカシーがない、といえばそれまでですが、特に女性は年齢により婚活市場価値が変わってしまうと考える方も多く、キープも維持しずつ、新規の出会いを求めたいとと考える方もいます。

森とうゆうこ

相談所から見ると、仮交際から真剣交際に進もうとする方は会員検索サイトへのアクセス自体減ってくるものです。

プロフィール文、プロフィール公式写真、カジュアル写真の変更もピックアップ同様に「新しい出会い」を求めて、プロフィール点検しています。

まとめ

仮交際の進め方に絶対の成功法則はありませんが、交際終了になる状況は不思議と同じです。

仮交際中は相手と自分がどれだけ同じ方向をみられるかのお試し期間。
婚活時間は有限です。
3回目のデートの壁を越えたら、どんどん積極的にお相手の気持ちを確認すること。
それが出来なければ真剣交際には進めないことが多いです。

相談所のフィードバックを活かし、独り相撲ではない活動をして下さい。