「真剣交際に進めるの?仮交際で終わり?」相手の本気度チェック5つ

森とうです。こんにちわ。
千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

仮交際中に「デート出来ていた」のに、真剣交際の申し出をするとフラれてしまう方達がいます。

特に男性は仮交際4回目以降になると、交際女性を「カノジョ前提」と考える傾向があり、「真剣交際間際の交際終了」に大変ショックを受ける方が多いです。

ただ、この状況になるまでに、お相手からは共通する「状況」があります。
仮交際中に「なんとなく…この交際ってどうなの?」と感じたら、早めに担当者に相談することが大切です。

森とうゆうこ

「交際が進んで、いまさら相談するのは恥ずかしい…」という場合ほど、独り相撲な婚活をしていることがあります。

今回はその典型的な状況を5つにまとめました。
複数該当してしまう場合は、担当者経由で「お相手のお気持ち」を一度確認されることをお勧めします。

真剣交際におそらく進めない仮交際ケース5つ

ケース1:毎回会うのが夜の食事ばかり

仮交際期間は約1か月~1か月半です。
仮交際だけで終わりそうなカップルは「夜だけの短時間食事デート」を繰り返している場合が多いです。

真剣交際に進むカップルは会うたびに一緒に過ごす時間が長くなります

  • お見合い
  • 初デート(2時間ほどの軽い食事デート)
  • 2回目デート(同上)
  • 3回目デート(同上)
  • 4回目デート(土日の半日デート
  • 5回目デート(土日の1日デート

一向に半日、一日デートにならない場合はお相手が複数交際で忙しいことが考えられます。

ケース2:連絡しても待ちぼうけ

「逢うといい人だから」とズルズル関係を続け、結局破局してしまうケースがこの「時間感覚の違い
LINEが好きではないからという方がいて、それが受け入れられば、2人のオリジナルの関係になりますが、連絡頻度に大きく違いを感じると、その後の交際が発展しないです。

ただ、自分は自称・他称ともに「せっかち」で、即レスポンスを相手にも求める方も交際が続かない傾向です。

「時間感覚が合う」ことは普段の生活をストレスなく過ごすためにも大切です。

ケース3:平日のやりとりがほぼない

仮交際のご相談で多いのが「自分が連絡を取らないと、関係が終わりそうです」です。
つまり連絡が一方通行。

ではなぜ相手は「仮交際」を続けているのでしょうか。

女性の場合に多いのが「相談所に交際終了させてもらえない」ことがあります。

女性は結婚相談所で成婚するのは難しいのよ。最初は好きではなくても、会えば気持ちが上がるのよ!だから交際を続けなさい!

回数会えば気持ちも上がるはある意味。正解です。ザイアンスの法則
相談所の担当者に気を使っている女性は多く、一概に女性を責められない状況はあります。

森とうゆうこ

男性の場合は婚活に本気ではない、婚活慣れをしている、という方もいて、「その交際を忘れている」という状況が時折見られます…。
結婚相談所の「仮交際」はどのくらいの頻度で会うといいの?

ケース4:相手相談所から「相手の気持ち」が聞けない

4回目のデート以降は双方で互いの会員の「真剣交際への気持ち」を確認します。
「真剣交際に進める好例」をご紹介します。
単純ですが、確実なコミュニケーションがあること。
これは「確実な成婚退会」への礎になります。

男性側相談所

弊社会員は、真剣交際を前提に交際を進めて行きたいと申しております。○○様のお気持ちはいかがでしょうか?
うれしいご連絡ありがとうございます。○○もご一緒する時間がとても楽しいと申しております。
真剣交際への申し出をぜひお願いします

女性側相談所

一方、「進展が望めないケース」のが、お相手相談所から「相手の気持ちが聞けない」です。

ケース5:相談所経由でデート内容に毎回クレームが来る

デートを終えると、相手相談所から、「行動改善」ならぬ「クレーム」が来ることがあります。

「映画は嫌だったそうです」
「年収にご不満があるようです」
「仕事内容にご不安があるようです」

「母親との関係が気になるようです」
「家事・料理ができるのかご不安なようです」

相談所経由で質問されると「デート中は何も言われなかったのに」。
相談所は本人が聞きにくいことを聞くのは業務の一環ですが、他人に依存する状態がどこまでも続くと、「成婚退会後」に別の困難が起こった時に乗り越えられず、親を巻き込むなど状況が大きくなるなど、収拾がつかなくなり、破談になることが多いです。

真剣交際に進めるケース5つとは

先の5つのケースの逆を進むことですが、まとめると下記になります。

  1. 少しずつ会う時間が増えていく
  2. 相手の返すタイミングがわかるから、連絡に苦痛がない。
  3. 平日のやりとりは短くてもある。忙しい時は互いにムリしないと感じられる
  4. 相手の相談所から「相手の気持ち」の状況報告もある
  5. 互いのミスマッチを相談所に報告しながらも、自分達で解決しようと思える

まとめ

仮交際で週一回会えていたにも関わらず、真剣交際に進めないケースと、進めるケースも5つご紹介しました。

複雑な状況になりながら「認めたくない」「終えたくない」と、ズルズルと時間を費やしてしまう方は意外と多いです。

婚活に焦りは禁物ですが、悩んでいる時間は堂々巡りになり、時間の浪費につながります。

「距離感がどうも縮まらない、何か違う」と感じたら、相談所にまずは「状況報告」という形で話をしてみてください。

冷静に報告という手段をとることで、自分の状況を客観視できるはず。

婚活は改善の繰り返し。失敗で終えたら婚活は失敗。

でも改善を繰り返した結果、成婚すれば「婚活は成功」です。

応援しています。