結婚相談所の真剣交際で成婚できずに破局してしまうのはなぜ?

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合い申し込み、お見合い、仮交際、といういくつも壁をのりこえて真剣交際。
でも、真剣交際から成婚までの確率は60%

これまでは真剣交際に入るとほぼ80%が成婚退会するといわれていました。
確率が下がってきているのには、いくつかの要因はあります。

主には複数交際も可能な仮交際よりも1対1で安心できる真剣交際を望む方が多くなり、「真剣交際」へのハードルが下がったとするもの。

とはいえ、破局の多くは「女性からのお断り」です。

ここでは女性から見たお断り理由と破局しないためのポイントをお伝えします。

真剣交際後の男女の心理は大きく違う

男性は真剣交際に入ると「成婚」まで一直線に進もうとします。
目標達成感の強い方であればなおさら。

真剣交際から成婚までの男女の感情曲線

女性は「本当にこの人で良かったのか」という心の揺らぎが始まります。
時には「ネガティブチェック」という心理状態になることも…

この違いからどのような破局原因が生まれるのでしょうか。

ことを急ぎ過ぎる男性

「仮交際ですでに結婚観や家族事情など確認して来たから」と真剣交際に入った途端に結婚へのリアルな話をぶつけ、女性の気持ちを一気に冷えさせてしまう男性がいます。

真剣交際とはいえ、出会ってまだ5~6回。
仮交際で呼び名が苗字から名前へ、話し方も敬語から友達言葉に変わった程度に過ぎず、女性の気持ちはまだまだ「友達以上恋人未満」です。

男性は「結婚話を具体的に進めたい」と気持ちは一直線ですが、女性からは「毎回会うたびに決め事ばかりで楽しくない」という声は実に多いです。

女性からの要望は「少しずつ関係を深めて、少しずつ結婚話を進めたい。」

 

女性の不安に寄り添えるか

「少しずつ進めたい」の気持ちの根底には「不安」があります。
女性は少しでも不安があるとゼロに戻ろうとします。

男性は結婚話を具体的に進めることが「楽しい」。でも女性はそれだけだと「楽しくない」のです。

解決策はデートの2回に1回は女性と「ただゆっくり過ごす」
何もしない時間を作り、素敵なカフェなどで女性の話を十分に聞く時間が女性にやすらぎを与えます。

釣った魚に餌を与え続けられるか

真剣交際に入ると、馴れ馴れしくなったり、必要以上にボディタッチをしたり、さらに亭主関白のような横柄な態度になる男性がいます。

真剣交際に入った途端に、デートはきっちり割り勘、家事能力を試すような言動も本当に嫌われます。
真剣交際に入った責任は双方にあります。
でも、男性は真剣交際に入った女性を所有物のように扱ってはなりません。

真剣交際に入って気持ちが冷えた男性の言動

他にも女性が仮交際では気づかなかった「気持ちが冷えた男性の言動」をご紹介します。

・仕事のグチを聞かされることが多くなった
・親に言いなりだったことに気づいた
・結婚後の生活のイメージが違いすぎた
・金銭感覚が違いすぎた
・感情の起伏が激しいことがわかった
・家庭環境や実家の習慣を押し付けられた
・共働きを強要された

女性にも同じ要素がないとはいえません。
でも女性は実に細かに男性を見ているということでもあります。

真剣交際こそホウレンソウが需要

真剣交際になると二人だけの関係になったと所属相談所に連絡が少なくなる方がいます。
でも問題を抱えてしまうケースが大変多いです。

短期に結婚するためには、相談所への今まで以上の報告は必要不可欠です。
本人は単なる「交際報告」でもお相手相談所からは「別の意味を含む報告」が来て、悪い状況が発覚することがあるからです。

結婚相談所のシステムにのれば、自動的に結婚できるわけではありません。
最後までアナログで丁寧なコミュニケーションがあってこそ。

結婚相談所は男女比4:6で「女余り」とも言われています。
でも実際、真剣交際になると、立場は逆転です。

そして日本は男性余り。340万人の男性が女性よりも多いのです。

(出典)2015年国勢調査確定値集計結果より荒川和久氏作成

真剣交際で得た貴重な「結婚の機会」を手にするためには、最後まで油断大敵。
なにより「女性の気持ちに丁寧に寄り添うこと」が成功の秘訣です。

幸せなご縁になりますよう、最後まで応援しています。