【真剣交際中の親紹介】男性親、女性親どちらを先に会うといいの?

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。
真剣交際が進み、プロポーズ前の一大イベントは「親紹介」
いつ会うか、どこで会うか、よりも重要なのは「どちらの親に先に会うのがいいのか」はご存じですか。
特に男性は「女性側の親に先に会う」と考えている方も多いようです。

女性のご両親に「娘さんを下さい」はやっぱり今も言わないといけないと思うので、気が重いし、先に確認してしまって安心したいです。

こんかつあせお

令和の時代になっても、「女性のお父さん=頑固親父=怖い」と想像される方もいるようです。

男性の緊張は同情します。
ただ、実際は「女性が先に男性の両親(特に母親)と会う」ことを大変勧めます。

森とうゆうこ

女性心理、特に女性と男性の母親(=将来の姑)との相性がその後の関係(二人の結婚生活)に大変影響するからです。
「会える方から会えばいい」と思っていました。僕の親は「お前の好きにすればいい」といった感じなので。

こんかつお

私も両親は賛成してくれると思いますが、彼のお母様は実はとても気になっています…

こんかつこ

この記事では親紹介がなぜ女性が男性の親から会う必要があるのか、を解説します。
2021年の社会情勢上、遠距離での移動が難しい場合も対応をご紹介していますので、参考にしてください。

女性の「男性親がイヤだ」の解決は難しい

女性の両親に先に会い、順調だと思っていたのに破談になる典型的なケースをご紹介します。

順調に二人の結婚話も進み、女性の両親のほうが合いやすい距離に住んでいたので、先に挨拶も済ませました。

「あとは僕の親にかんたんに会ってくれればいいから」程度に思っていました。
でも、実際に会うと、その後雲行きは怪しくなり、結局交際終了になってしまいました。
女性に理由を聞くと、母親への文句ばかりで‥‥。
「なんとなく合わないと思った‥‥」やら「マウントされた」という理由です。
僕から見たら「親は普段どおりに話していた。」と思っていましたし、むしろ、「普段よりもテンション高めだったくらい」と感じていて。
やっと成婚退会できると思ったのに、こんなことになるなら、先に僕の両親に会わせて、相性を確かめておけばよかったです…

男性A

森とうゆうこ

「女同士の関係」は男性には理解できない感覚があります。
親でもめて、その前に高額な婚約指輪とか買ってしまっていたら、キャンセルもできないし、男は悲惨ですよね‥

こんかつあせお

森とうゆうこ

指輪は成婚退会後にふたりでしっかり選ぶことをお勧めします
女性は一度「この女性(母親)とは合わない」と感じると、男性には対策の取りようがないことが多いです。
同居の予定がなくても、嫁姑の相性を確認しておくことは重要です。

リアルで会えない場合もビデオ通話で女性から

2021年は社会情勢上、遠方の両親にはリアルで会えないというケースもあります。

森とうゆうこ

「だから女性の両親だけに会っておけばいい」と考えるのは拙速です。
LINEやzoomなどのビデオ電話にトライするなど、男性の親に会うことが重要です。
「自分の親はガラケーしか使っていない」というケースはせめて「電話で話す」はできます。
そして、「女性が先に男性親と会う(話す)」を心がけてください。
肉声でのやりとりでも相性はわかります。

男性が女性親に反対されるケースもある

男性は概ね、女性の両親へのご挨拶は順調に進むことは多いです。
昭和の時代は「難敵」のイメージだった女性の父親は今は「娘をよろしく」と好意的です。
一方、女性の母親が反対に回るケースが以前よりも増えているといわれます。

どちらにしても、母親対策は慎重にという感じですね…

こんかつお

父親は娘の結婚に対し、娘の人生設計の観点から結婚を認めようとします。
一方、母親、特に専業主婦を長く生きてきた母親は社会性の乏しさが災いし、現在の「婚活の厳しさ」を理解していないことも多く、女性に「もっといい男性はいないの?」と反対するのです。
共依存やアダルトチルドレンな母親の場合もあり、「一見、歓迎しているようで実は反対」という厄介なケースに遭遇する場合もあります。

森とうゆうこ

女性の言動に「母親」の存在が必要以上に大きくないか、交際中から確認しておくことは重要です
それでも男性は「どうにかなるだろう」と、楽観視する方は多いです
その場はやり過ごせても、その後、介入してきたり、交際が複雑化する覚悟はしておくことです。
「真剣交際中の親紹介」これだけは確認したい”相手親”チェックポイント3つ

女性は真剣交際中こそ気持ちがジェットコースター

真剣交際に入ると、仮交際中は元気だった女性が急に元気がなくなる場合もあります。

森とうゆうこ

プレ・マリッジブルーといわれる現象です。交際が進むのを避ける傾向があります。
得に親紹介の話題では「もっと交際してから」と先延ばししてくることもあります。
結婚相談所で頑張って活動してきて、急にこれでいいのかなと不安に感じてしまって

女性Aさん

真剣交際に入った途端に男性が急に業務的に進めてくるような感じがして、気持ちがおいつかなくて

女性Bさん

ただ、男性が丁寧に話を聞くことで女性の緊張感がほぐれ、女性がまた前向きになることも大変多いです。
【真剣交際中の破局】女性からフラれる男性の特徴

まとめ

男性が「女性親との相性が悪くて破談」という話はほとんどありません。

森とうゆうこ

むしろ、女性の両親から熱烈歓迎され、ムコ殿気分で舞い上り、肝心の女性と自分の親との関係を見落として、結局破談になってしまう、ということはたびたびおこります
親紹介は通過点のひとつではありますが、潜在的な問題も顕在化します。

森とうゆうこ

「女性の気持ち」を軽視すると、真剣交際の最終段階まできて、一発アウトになる、ということです。

真剣交際から成婚に進むのは約60%といわれています。
せっかくここまでつないできた縁を大切にしたいですよね。
交際が後半にあるほど、二人だけの問題ではなくなります。
親紹介には様々な事情があると思いますが、親の存在は以前よりも増しています。
女性の心理、女の感覚は最後まで取り扱い注意です。

参考になれば、幸いです。