【結婚相談所の初デート】成功するための上手な会話、店選び、次への誘い方

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合い後、初デートをどう過ごしたらいいのかというご質問を頂きます。

初デートは相談所が調整してくれたお見合いと違って、どう過ごせばいいのか緊張します

こんかつお

お相手は「お見合いではよくわからなかったから、もう一度あってみよう」という軽い気持ちと認識しておく必要があります。

IBJ結婚相談所の場合は複数交際可能なため、初デートから他の誰かと比較検討もされます。

森とうゆうこ

初デートはその「だれか」よりもメリットを感じてもらえなければ次はない、ことにもなります。

ここでは仮交際スタート「初デート」で「次につながる人」「フラれる人」の違いを解説します。

初デートの男女の心理の違い

お見合い後、交際成立すると男性も女性もそれぞれ「うれしい」ですよね。

男女の心理には多少温度感が違うことが多いです。

男性:かなり好感度高いので、このままガンガン進みたい!
女性:もう一度くらいあってみようかな…(恐る恐る)

男性も慎重なタイプの方はいますが、一般的に女性の方が警戒心が強く「もう少し確認したいという姿勢で臨む方は多いです。

森とうゆうこ

「仮交際相手=恋人」と勘違いしてしまう男性も時々いますが、一発アウトです。
以前、初デートからタメ口になった男性がいて、びっくりしました

こんかつこ

森とうゆうこ

「交際」という言葉が誤解を招いてしまうのかもしれませんが、仮交際はあくまで今後、親密な関係になれそうかを見極め時間です。

初デートでは男性は「クールダウン」、女性は「ウォームアップ」を心がけてください。

【仮交際の進め方】真剣交際までの男性とは全く違う女性の心理とは

初デートはお見合いの延長戦

「デート」は映画やテーマパークを想像される方もいるようです。

「デート」とはいえ、初デートはお見合い2回目と考えてください。
まだよく知らない男性に長時間振りまわされたら、女性は疲れ切ってしまいます。

2~3時間ほどの食事で終えることをお勧めします。

ドライブも避けたほうがいいプラン

一見、「お相手が楽」と想像されるようですが、「長時間化」に加え、「いつ変えられるかわからない」という相手の不安は大きいです。

初デートの上手な店選び

大原則は「予約して会うこと」

初デートであう時間だけ設定して、当日に店探しにウロウロ…

森とうゆうこ

人柄もよくわからない相手との迷走時間は大変決まずく苦痛です。

店選びは男性が決めるきというルールはありませんが、男性から女性に「いくつか候補店を出し、女性に選択してもらう」とスムーズです。

食事場所も「何が好きですか?」と聞くよりも「嫌いなものは何ですか」や「アレルギーや心配なものはありませんか?」と聞いてみると、女性も答えやすいかもしれません。

森とうゆうこ

失敗例は、自分本位、無駄な謙遜、コスパアピール。

お店選びはあまり気を張らず、食べログでも★★★星三つもあれば十分ではないでしょうか。

女性も自分から提案できるとポイント高いです。

森とうゆうこ

女性の気配りはとてもありがたいです、という声は男性からとてもよく聞きます。

初デートの上手な会話

男性によくきく失敗例は「自分の売り込み」「事情聴取」
女性は「聞き役に徹し過ぎ」

先の項でもお伝えしましたが、女性は警戒心をもって接しています。

まずは女性に話してもらうこと

女性は「自分の話を聞いてくれる男性」を好きになる傾向があります。

女性が初デートでだんまりになってしまうのは、つまらないか、疲れているか、もう付き合いたくない…です。

森とうゆうこ

「結婚感をどんどん伝え、ダメなら次に行く」は一見、目的意識が明確そうですが、独りよがりでダメな戦術です。

「自分のことはほとんど伝えられなった。でも女性は楽しそうに話をしていた…」という場合はむしろ成功です。

女性から「会いたい」「私を受け止めてくれた」と好感から好意につながります。

初デートで意外と見られているマナー

初デートはあくまで「お見合い2回目」です。

約束時間は守る。
お店は予約しておく。

時々「男性の食事のマナーが良くなかった」が理由でお断りされるケースもあります。

肘をテーブルに乗せて、食事をしたり、ゲップをしたり、喉を鳴らしながら飲み物を飲んだり…

男性同士だと気にならない食事時の仕草も女性は見逃しません。

まとめ

次につながる「好かれる初デート」のポイントは下記の通り。

◎女性はそもそも警戒心が強い
◎いきなり結婚観をきりださない
◎疲れさせない
◎お店選びはシンプルで大丈夫
◎女性の話メインで

女性は男性よりもコミニケーション能力が優れ、男性が楽しく話しせたと思っても、女性はヘトヘトに頑張っていた…ということもあります。

初デートはまずは「お見合いと同じで、なんとなくいい人だった」と女性に思ってもらえれば、大成功です。

完璧を目指さず、お見合い2回目。
腹八分目の短めの時間が次につなげる秘訣かと思います。

良き初デートになりますよう、応援しています。