仮交際から真剣交際までの男性とは全く違う女性の心理

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所の活動の流れは「お見合い」「仮交際」「真剣交際」「プロポーズ」「ご成婚退会」です。

お見合から仮交際に進むまでが30%
さらに真剣交際に進むのは30%という狭き門です。

 

なぜ仮交際70%がダメになってしまうのか。
多くが「仮交際」の時の男女の気持ちの高まりの違いによるところが大きいです。

男性はお見合い直後に瞬間湯沸かし器のように気持ちが一気に沸点にあがりやすく、女性は一歩一歩階段を上がるようにゆっくりと自分の気持ちを高めていく傾向があります。

男性は「この女性と成婚までいきたい💛」と思ったら、女性の気持ちに丁寧に寄り添う
そのプロセスが成婚率は高めます。

ここでは男性とは「大きく違う」女性の気持ちの解説と真剣交際までへの運び方を解説します。

 

ファーストコール・初デートは短時間で軽く

ファーストコール・初デートは短く、軽く、もう少し会いたい、くらいの状態で終えることをおススメしています。

「話が盛り上がったから」とファーストコールから1時間話し込んだり、初デートから一日がかりでは、女性は疲れてしまいます。

お見合いで会っただけの異性に対する不安や警戒心は男性が想像する以上あるためです。

そして次回を想像するとゲンナリし、「もう今回限りでいいかな」と考える女性は大変多いです。

ファーストコールも初デートも、女性が疲れない程度の短時間を大変おススメします。

むしろ増やしてほしいのは「お会いする回数」です。

会う頻度が上がることで警戒心が説かれます。

会う頻度が増えると増えるメリット

4~5回お会いすると、女性はやっと警戒心がほぐれ、男性を「友人以上恋人未満」としてみる余裕が出てきます。

プロフィール以上の個人情報や話題も増えてくることでしょう。

最初は印象ゼロだった男性に対して「こんないいところもあるのね」「こんな素敵なところもあるのね」と加点主義で見る余裕がうまれます。

会う頻度を増やせれば、先のグラフのように加点ポイントも増えていく構図になります。

結果を急いでむりやり会おうとすると嫌われます。
あくまでお相手を想う気持ちは大切です。

真剣交際が見えてきたら結婚観の確認を

何度もデートをして、1か月~2カ月するとコミニケーションも深まり、真剣交際が視野に入ります。
この段階になってはじめて女性に「結婚を前提にした少し踏み込んだ話」をすることをお勧めします。

【働き方のスタイル】
正社員継続か、パートか、専業主婦か
【具体的に住みたい場所】
こだわらない、女性の親の実家希望か
【子ども】
人数は何人か、こどもの教育方針
【ローン】
奨学金、車などのローンがあるのか
【家族事情】
家庭内に介護の人がいるか、親が宗教を信仰しているのか
【病気】持病

全部を初デートまもなくに聞いてしまうと、女性は気持ちが追いつかないために、単純に嫌われます。
いっぽうで真剣交際に入ってから、大きく相違があると破談になるケースも多いです。

仮交際のうちに上記のことをしっかり確認することはお互いの婚活時間を有効に使うためには有効です。

まとめ

「結婚相談所で出会ったのだから、結婚への具体的な話をどんどん進めないと」と先を急ぎ、結局振られてしまう男性は多いです。

女性の気持ちは慎重でおっかなびっくりに進みます。

男性はそのような女性の気持ちに想像力を働かせてください。

婚活を成功させていく人は女性のペースに辛抱強く合わせて、行動も丁寧です。

女性もペースは少し遅いかもしれませんが、しっかり盛り上げようとしています。

そして、充分あなたに安心できたら、スキンシップも少し許してくれるかもしれませんね。

そのチャンスが見えたら、一気にラストスパートに走り抜けて下さい。
応援しています。