仮交際中の男性心理からみた「フラれる女性と選ばれる女性」の違い

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合い後の初デートで「交際終了」になる確率は6割以上もあるのをご存知ですか。

交際終了を切り出すのは男女同数です。
でも、結婚相談所は男女比が4:6。女性はお見合いそのものが難しい状況があります。

日本結婚相談所連盟「男性向け婚活会員データ」より抜粋

そして、多くの男性が初デートから他の複数交際中の女性達と比較検討しています。

ライバル達の中から、1ポイントでも有利に選ばれる努力をした方が成婚への架け橋を渡ることが出来るのです。

残念ながら、フラれる女性にはある一定の傾向があります。

この記事では「フラれる女性」の傾向と「選ばれていく女性達」の違いをご紹介します。

日程の決め方から違う

 

フラれる女性

初デートの日程を「2週間先以上に」などかなり先の日程を指定してくる女性。
IBJの場合は初デートを実施せずに交際終了することは基本的にできないため(違約金が発生)、この時点で男性は「初デートは消化試合」になっています。

森とうゆうこ

男性は「女性から『私のことはもう忘れて』と言われているような気持ちになる、そうです。

選ばれる女性

他にお見合いがある場合でもどうにか「一週間以内に会いましょう」と調整します。
平日の夜や週末の夜などなるべく早めに会う努力をするのが「選ばれる女性」

森とうゆうこ

初デートは2回目のお見合いという意味合いも強く、1~2時間会えば充分です。

場所選びから違う

フラれる女性

デート先や食事の場所選びから男性に「全て丸投げ」。
また「デートのアレンジは男性がするものだ」が全面に出ている女性。

先の項目でもお伝えしていますが、「初デートはあくまで2回目のお見合い」です。

男性は基本的には初デートの費用も負担して下さる方が多いです。
でも、これはお見合い時のような「飲料代は男性が払うルール」ではなく、あくまで善意からです。

選ばれる女性

男性は飲食店は「定番のところに通う」「ランチの値段も1,000円以下」という感覚があります。(違う方もいます)
おしゃれなレストラン情報は女性が得意な場合が多く、初デートのお店に「手ごろなお店を男性に逆提案」できる気働きは大変喜ばれます。
また、男性がお店を選んでくれた場合も「ランチの後のカフェは私が払います」といった一言や、ちょっとした手土産を帰りがけに渡す気配りは大変感激されるようです。

会話力から違う

フラれる女性

初デートはお見合いではわからなかった部分を再確認が目的です。
そのため「初デートはお見合い2回目」と言われるのですが、女性の中には男性のプライバシーやプライベートを詮索はしても、自分の情報は一切出さない、という方がいます。
初デートでもプライベートに踏み込みすぎるのはマナー違反。
相手の秘密を聞く前にまずは自己開示が大人のたしなみです。

選ばれる女性

女性は男性への「警戒心」が強く、自己開示に躊躇する女性は多いです。
ただ、これでは男性も独り相撲になってしまいます。
女性も勇気をもって「何を話したら相手のためになるか」と考え、積極的に話題提供できると「選ばれる女性」に進みます。

婚活の理解度がそもそも違う

結婚相談所での活動に「男性を選ぶ」と考える女性は多いです。

婚活というと婚活パーティーやアプリの印象から、一見「男性が多い」ように見えます。
でも、身元保証があり、仲人が仲介する安全な婚活と言われる結婚相談所は「女性ばかり」です。
学生時代にモテた経験がある方は男性を選ぶ目線の傾向の方が強いですが、結婚相談所では男性に「選ばれる努力」が基本。

まとめ

成婚女性は男性の複数交際という嵐の中から「選ばれる努力」で抜きんでてきた方達。
とても積極的に努力していました。
でも、積極的な努力は疲れますよね。短期集中はポイントです。

IBJ結婚相談所のもっと多い成婚者カップルのパターンは在籍期間5~7か月。

成婚者最頻値(全国) 在籍期間 お見合い回数 交際期間
男性 6~7か月 5~9回 3~4ケ月
女性 5~6か月 5~9回 3~4ケ月

あなたがもし結婚相談所での活動に不安であれば、むしろその不安は大切にして下さい。

多くの成婚女性達も最初は皆さん同じでした。

年齢が不安であれば、一日も早く活動する。
見た目が不安であれば、これも一日も早く改善を始める。

この行動も積極的な努力の一歩です。

現実を見据えて、「選ばれる努力」を重ね、人生を選んでいく。
この地道な繰り返しが結婚相談所の婚活で成功をつかむように感じます。