【タイミング】「宗教、持病、借金・転職・転勤」いつ切り出したらいいの?

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

今回は「切り出しにくい話題を伝えるタイミング」について解説します。

近年、結婚相談所の婚活で個人情報保護の観点からプロフィールの表記に変化があります。
「個人のデリケートな問題(機微情報)に触れるため」とされるためです。

2020年2月からIBJではプロフィールから「宗教」の項目が削除されました。

宗教の他にも「プロフィールには記載がはばかられる内容」はあります。
持病、借金、また転職や転勤も考える方もいます。

森とうゆうこ

心配な時は必ず相談所の入会前にあらかじめ相談しておくことをお勧めします。

すでに活動を始めてしまった場合はタイミングとして2つの方向があります。

  • 「変えられない話題」は初デートまでには伝える
  • 「変えられる話題」は二人の関係性次第

切り出しにくい話題こそ、相手にとっても重要な話題。
前向きかつ現実的に向き合う必要があります。参考になれば幸いです。

「変えられない話題」とは

「変えられない話題」はプロフィールに表記していない情報「宗教、持病、大きな借金、負債」などがあります。
転勤・転職も「すでに決まっている、1年後には確実にある」などの場合は「変えられない要素」です。

変えられない話題は「お見合い」もしくは「初デート」、おそくても仮交際デート2回目には伝えるべきと考えます。

最初から伝えたら、断られないでしょうか

こんかつお

このように考える方も多いです。

ただ「変えられない要素」はお相手からは「想定外」のこと。

IBJ加盟結婚相談所の婚活は「交際3か月ルール(お見合いか3か月で結婚を決める)」があります。
プロフィールという前提があるため、このスピード感で進めることができます。
「想定外」の話は前提条件も変わるため、見通しが立たず、交際終了になること多いです。

森とうゆうこ

「時間をかければ理解してもらえる」といえるほど、結婚相談所では時間はありません。
途中で想定外のことを言われたら、「他にもっと隠しごとはないのかしら」と疑ってしまいます…

こんかつこ

森とうゆうこ

信じることが難しくなるのですね‥‥

「変えられない話題」に対策はあるの?

「宗教や持病、多額のローンあり」など状況が変えられない場合は相談所間のみ表示される「お問い合わせ項目」で対応することも可能です。
お見合い申し込み、申し受け時点で相談所経由でお相手に表明する機能です。

お問い合わせ項目とは
相談所間のみに表示される「備考欄」的な機能。会員のプロフィール欄には表示されない。具体的情報は所属相談所に相手相談所が直接説明、または問い合わせする。

森とうゆうこ

お見合い成立数が減ることは否めません。ただ、最初に大きなハードルを越えているため、関係も育みやすく、成婚するケースはいくつもあります。

宗教について

憲法で信仰の自由が保障されています。
宗派により「印象」がかなり変わるようです。

ただ「宗教」は「自分も勧誘されるかも」「家族の同意が得られない」「相手の宗教で自分の生活や行動まで制限されるのでは」という「不安」が多く聞かれれます。
お相手が納得・安心する説明責任はあります。

森とうゆうこ

日本は無宗教社会といわれますが、自分が大切にしてきた信仰は隠すことはないと思います

持病について

持病の治療内容や対処方法により理解される場合はあります。
「宗教」同様にお相手が納得・安心する説明責任はあります。

借金・ローンについて

多額の負債やローンは理解されることはかなり難しいです。奨学金も高額返済は同様です。

「返済していると歳をとって婚活が不利になってしまう」と考える方もいます。
年齢が婚活に影響することは否定できませんが、結婚前の借金は結婚相手には関係のないものです。

支払いのめどが立ち、結婚生活の見通しができてから婚活は始めるべきだと考えます。

「変えられる要素」とは

変えられる要素、また未確定要素の場合です。
いつか転職したい、将来転勤があるかも、などです。

森とうゆうこ

相手にとって年収が上がるといった明るい希望の持てる内容であれば、いつ伝えてもいいと思います。
ただ、条件が悪くなると想定される場合は「変えられない話題」同様に少しでも早めに伝えるべきです。

「転職したい」も状況次第

「いつか転職したい」の場合、年収が下がることが想定される場合は最初に伝えるべきです。
記載年収とは違う話場合は今後の生活設計など「前提条件が違う」となるためです。

女性がプロフィールでは共働きと表明していても「実は仕事を辞めたい」という場合も同様です。
男性の多くは「男性年収」よりも「妻と自分合わせての世帯年収」で結婚後の生活設計を考える方が多いためです。

「転勤がある」も状況次第

いつ起こるかわからない問題は柔軟に考える要素はあります。
ただ、「年内、もしくは数年後必ず転勤」が想定される場合は最初から伝えるべきだと考えます。
お相手のキャリアプランも再考しなければならないからです。
【真剣交際】「破談にならないために」確認したいポイント5つ

まとめ

相手に伝えるタイミングに躊躇する話題は「変えられないこと」「変えられること・今後未確定なこと」で分けてみてください。

「なかなか伝えられない」という声もありますが、結婚相談所の場合は「3か月で結婚を決める」というルールがあります。

活動にスピード感があり、前提が変わると「話が違う」と破談になる可能性はとても高くなります。

絶対に避けるべきは「成婚退会後に伝える」です。

中には「相談所からそのように言われた」というケースもあるようですが、とても残念なことです。

森とうゆうこ

婚約指輪の購入や新居の入居手続きで契約金を支払っている場合もあります。お相手からは訴訟問題になる可能性もあります。

もし自分が「相手の立場」だったら、どうでしょうか

お金はもちろんのこと、自分の貴重な時間を返してほしいと考えるはずです。

切り出しにくい話題を最初に伝えると、お見合い回数が減ると心配する方は確かにいます。

でも、大切なことはお見合いは回数ではなく「結婚につながる相手と出会うこと」です。

ただ、一人で考えても堂々巡りになってしまうことは多いです。
さらに一人一人、状況はもっと細かく、対策も対応も多岐に分かれます。

率直に相談所に相談し、アドバイスやフィードバックをぜひ受けてみてください。

そこから初めて婚活がスタートするはずです。
そして、その勇気がその後の婚活を大きく後押しするのではないでしょうか。