好感の持たれる「ファーストコール」と方法とは?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

週末のお見合いが終わり、双方が「もう一度お会いしたい」という回答が揃うと「交際成立」になります。

IBJお見合いルールでは、お見合いの結果は「翌日の13時まで」です。
お互いの回答が早ければ、お見合い当日には回答がでます。

晴れて「交際成立」になった場合は、相互の結婚相談所から「連絡先(電話番号)」が開示されます。
そして、男性から「ファーストコールファーストコンタクト」という連絡をして頂くことになります。
(下記抜粋参照)

【連絡先交換後のファーストコンタクト】
交際が成立したら、相談所を通じて、連絡先が交換されます。
できるだけ早く(原則、電話で)連絡を取りあいましょう。
連絡先交換当日に男性から連絡するのがルール&マナー。
お時間が取れない時も、まずはご挨拶の連絡だけでもするようにしてください。
また留守番電話の時には必ず伝言を残しましょう。
着信がありましたら、女性側も折り返しのお電話をお願いします。
交際承諾後に正当な理由なく一度もお会いしないで交際を中止することはルール&マナー違反ですので、所定の違約金をお支払い頂きます。

(お見合い婚活ハンドブック婚活2019年改訂版p32より抜粋)

聞き慣れない「ファーストコール」
この対応次第でその後の印象まで左右させてしまいます。
どのようなファーストコールが好印象、悪印象なのかを解説したいと思います。

ファーストコールで行うポイント5つ

ファーストコールで行うポイントは5つ。

時間帯は夕方~9時ごろ。
仕事の合間、昼休みなどの日中は雑な印象になりやすく、避けましょう。

再会を希望してくれたお相手にお礼を。

お見合いの時はありがとうございました。
再会を希望して下さり、ありがとうございます。これからどうぞよろしくお願いします。

 

③次に会う「初デート」の日取り決め。

ぜひまたお会いしたいので、ご都合のつく日ありますか?

④日頃の連絡方法を決める。

LINEやメールなどの連絡方法をきめませんか。私のLINEIDは○○○です。

⑤相談所にもファーストコールの完了、初デートの日程の報告をお願いします。

印象の悪いファーストコールとは

簡単に見えて、なかなか穏やかに進まないことが多いのも「ファーストコール」

どのようなことが印象を悪くしてしまうのでしょうか。

◎翌日にかけてくる

お見合い後に同日に複数交際が成立すれば、同じ時間帯に2人、3人と連絡しなければならない時があります。
その時に「翌日に」と言われると、お相手は「複数交際で後回しにされた」と気持ちが下がります。
各ファーストコールは手短にして、当日にかけることをおススメします。

「どうしても翌日になる」場合は相談所に協力してもらい、お相手の相談所に印象が悪くならないような理由を伝えて下さい。

約束の時間に出ない

男性はドキドキ緊張の中で電話をかけます。
女性ももちろん同じはずですが、なぜか指定した時間に「出ない」ということが多々あります。

「うっかり離席してしまった」「出られなければ折り返しすると言っているから」…とはいえ、お相手は「ないがしろにされた」という印象は否めません。

お相手のことを想い、ファーストコールには1回目で出られるよう、ご協力ください。

いきなり長電話

ファーストコールで「交際成立」を「恋人成立」と勘違いされる方がいます。特に男性に多いです。
好印象なお気持ちはわからなくもありませんが、女性はまだ警戒心も強く、長電話に付き合わされるの疲れます。

「話が盛り上がったから」と30分、1時間と話して気分がいいのは「当人だけ」ということも多々あるようです。

初デートの日程が決まらない・先送り・すき間時間設定

ファーストコールの目的は「ご挨拶と日程決め」です。
その時に「日程はのちほど連絡します…」という回答は「複数交際」を予想させ、印象が良くないようです。

事前に日程を確認しておくなど、たとえ複数交際中であっても、お相手への気遣いは必要です。

初デートの日程が2週間以上先なども、お相手のお気持ちは下がってしまいます。

連絡手段がメール

LINE交換ではなく「メールで」という方がいます。
お相手からは「信頼されていない」と感じてしまうようです。「メールは既読・未読がわからずに便利」と考えるのはご本人ばかりで、お相手は距離感を感じ、気持ちが下がってしまいます。

IBJSアプリのプレミアム会員の方は「安心トーク」を利用できます。
(注意点:相互に利用されている場合のみ利用可能です。)

格安SIM携帯の方は、SNS非対応契約の場合はLINEのID交換ができない場合があるようです。キャリア契約をご確認下さい。

好感の持たれるファーストコールとは

「時間通り」「複数交際の影が見えない」という印象に尽きるようです。

交際成立とはいえ、第2回お見合いに進む程度ですし、ファーストコールはその流れのひとつ。

ここで、相手をないがしろにした自己都合の行動や提案は嫌われます。

好感の持たれるファーストコールはシンプルです。

①連絡先開示された当日に
②時間通りに
③名残惜しくても短時間で切り上げる
④初デートは気持ちが下がらないホットな5日~1週間以内で。夜に、短時間で、軽い食事程度構いません。
⑤連絡手段はできればLINE、SMSでタイムリーな会話を意識。

多少話がぎこちなくても大丈夫。
スマートな対応をする必要はありません。
誠実なお人柄は充分伝わります。

デートの場所決めも「女性から提案」が好印象

初デートの場所も女性は男性に丸投げするよりも、「自分も提案」といった共同意識があると、男性の印象はとてもよくなるようです。

女性のほうかお店情報には確実に、センスも、感度も長けています。

簡単なようで人柄が出てしまうファーストコール。
ここからお互いを思いやり、尊重し合うことが出来れば、実りある交際につながると感じます。
ぜひ丁寧なファーストコールを願っています。