【結婚相談所の劇薬】仮交際の複数交際はなぜ全滅していくのか?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

IBJ結婚相談所の活動の流れには「お見合い」「仮交際」「真剣交際」「プロポーズ」「成婚退会」というステップがあります。

「仮交際」の間は恋人未満。ほかの方とのお見合いをすることができます。
つまり「複数交際」ができるわけです。

婚活は「長い時間をかけて結婚相手を見つければいい」というものではなく、男性も女性も年齢が上がるにつれ、結婚の難易度も上がります。

効率よく活動するには「複数交際」は理にかなった活動とされています。
でもなかなか難しい一面もあるようです。

ここでは「難しい理由」から「抜け出る方法」までをご紹介します。

「選択肢がおおいほうがいい」って本当?

「たくさんの会員の中から選べる」

…という言葉が婚活の世界にはあります。本当にそうでしょうか。
一方、心理学の世界では次のようなことが言われています。

選択のパラドックス

人は選択肢が多いほど、不幸を感じやすくなる

  1. 無力感が生まれる
  2. 満足度が下がる
  3. 期待値が下がる

(心理学者バリー・シュワルツ:米国)

1無力感が生まれる

あまりにも多くの選択肢を前にすると、人は選択が非常に難しくなって無気力化する

森とうゆうこ

複数交際を広げると、誰を選ぼうとしても難しくなり、結果的に自分の選択を「仲人に決めてもらう」といった人もいます。

2満足度が下がる

取らなかった選択肢の方が「ひょっとしたらよかったのではないか」と後悔し、選択肢が少ない時と比較し満足感が下がる

森とうゆうこ

過去の女性の「良い点」だけを都合よく美化、結果として現状の満足度を下げてしまうのです。

これは「選択の科学」を提唱するコロンビア大学シーナアイエンガー教授も「ジャムポット理論」で同様のことを提唱しています。
複数交際で「後悔しない選択」をするにはどうすればいいのか

3期待度も下がる

多くの選択肢を知ることで、期待値が高くなってしまい、以前まで満足していたものが満足できなくなる。
選択肢が多くなると「ここまで頑張ったんだから、いつか、どこかに、完璧な女性と出会えるのでは」という期待が増大。

結果として、選んだ相手に「本当にこの選択でよかったのか」とかけた時間という費用対効果に満足できず、期待度も下がります
結婚相談所でお見合い20回以上しても成婚するための3つの秘訣

複数交際の罠にはまらないために大切な事

ズバリ、「選択肢を減らすこと」です。
「それでは婚活が非効率では?」と思われた方もいるかもしれません。

複数交際を広げてしまう人は全滅してしまうケースは実に多いです。

選択肢は2つ?3つ?

選択肢は3つ、という声もあります。松竹梅理論、上中下理論といわれるもの。
でもこれには「とりあえずビール」的な選択が用意されています。
「とりあえず」には比較と妥協感も強く漂います。
結婚相手に「とりあえずこの人で」的は選択はないはずです。

お勧めは2択だと考えています。
2択は「好きか嫌いか」「生きるか死ぬか」といったものが決断の本質があります。

そして、ポイントは決断に時間をかけないこと。
人間は「自分のことはよくわからない」という不安を感じています。
考えに時間をかけても、想像の域を超えず、相手のことはなおさらよくわからないはずです。
「続けるか、続けないか」に時間をかけず、自分の選択に後悔しないこと。

時間をかけるほど、人間は「選ばない」という選択をすることも注目です。

決定回避の法則
選択が多すぎると人は選択ができなくなり、「これまで通りでいいや」という現状維持をとる心理状態

結婚観を明確に

婚活が始まるととても忙しくなります。
お見合いに慣れてくると、交際成立のコツもつかんでいきます。

ただ、婚活が順調に進まない方(=特に男性)の一部に、複数交際をすることで、自分の「結婚できない不安」をまぎらわしているような状況が見られます。
結婚相手を選ぶという現実から逃げているかのよう。

複数交際は便利な「婚活サービス」ですが、倫理上は「浮気」「二股」「三股」と変わりません。
決断できない人は優柔不断にほかならず、お相手からは「結婚後を不安視」され、交際終了とされています。
そして結果的に複数交際全員から見限られて、「全滅」しています。

複数交際には早めの決断が必須です。
そしてその決断を最良のものとし、過去を振り返らない。
そのためにも「自分の結婚観」を忘れずに持ち続ける事。
具体的に持っていなければ、すぐにでも書き出しておくことを大変お勧めします。

どれも難しいと思うかもしれません。でもIBJ成婚者は総会員数の11%。
この現実をどう受け止めるか。

なにより相手からも「比較検討されている事」も決して忘れてはならないと思います。