「大学院卒って結婚できないの?」女性の高学歴はどこまで婚活に影響するのか

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相所を経営しています。

30代女性から「学歴」についての質問を受けました。

院卒ですが、婚活に学歴は(悪)影響してしまうのでしょうか?

男性は自分よりも高学歴の女性を敬遠すると心配しているようです。

IBJに登録する女性の約6割が大卒以上
(男性は8割が大卒以上)

国勢調査によると30代日本女性の大卒以上は3割程度。

30代が多いIBJとはいえ、女性達は「高学歴」であることがわかります。

女性の学歴と年齢からみた「成婚しやすさ」

IBJ成婚白書(2018年)から女性の「学歴による成婚のしやすさ」をまとめたのが下表です。

大学院卒は全国では成婚率が116%以上に対し、関東では99.5%

また年齢が上がるにつれて、成婚率も下がる傾向にあります。

30~34歳 35~39歳
単位:% 全国 関東 全国 関東
院卒 116.4 99.5 105.8 87.2
大卒 130.0 126.1 105.2 101.6
短大卒 156.2 173.7 109.6 124.8
高専卒 77.7 133.0 63.3
専門卒 166.8 161.1 166.7 171.8
高卒 144.5 162.7 109.3 79.2
中卒 71.2 0

院卒女性の職業が成婚しやすさに影響?

院卒女性は「高収入」な方が多いと言われます。

IBJ成婚白書では女性の年収による成婚データがないため、職業で「成婚しやすさ」を見てみましょう。

成婚しやすさ100%以下に院卒女性の方達が多く従事している高年収職業がランキングされています。
(専門職・士業・医者など)

男性は「高学歴・高収入女性が嫌い」なのか?

冒頭の「男性は自分よりも学歴ランクが上の女性を避ける」について。
そのような男性もいるとは思います。

一方で、女性も「自分より高学歴、高収入の男性と結婚したい」という思いがある場合、院卒女性の婚活難易度はどのくらいになるでしょうか。

下記の表は2018年度の会員データです。

30代の「院卒」は男女ほぼ同数。

院卒男性が院卒女性を望めば、1:1。
とても平和な婚活が期待できます。

でも、院卒女性がいざ「高年収」な院卒男性を望むと、途端に競争率3倍。さらに…

関東 男性 女性
年齢 30-34 35-39 30-34 35-39
院卒
年収不問
135 277 164 256
院卒
700万以上
46 156
学歴
年収
不問
558 1,093 1,775 2,258

実際の婚活では「院卒&院卒」の関係はあまりなく、院卒女性は30代女性全体との競争に巻き込まれていきます。

「同世代・高年収・院卒」を望む場合

関東×30代前半女性=1,775名

関東×30代前半男性×院卒×年収700万以上
(46名)

倍率38.5倍

「年上・高年収・院卒」を望む場合

関東×30代前半女性1,775名

(関東×30代後半女性2,258名の参戦)

関東×30代後半男性×院卒×年収700万以上
(156名)

倍率25.8倍

院卒女性が「自分以上の男性」を望むと、大変厳しい競争率になります。

では「せめて大卒でも」の場合。

「せめて」という言葉は時として上から目線にも響きます。

「妥協感」のような気持ちがお見合いの場や交際の中で、男性に伝わることは大変多いです。

院卒女性のお見合いの評判は「なんだか怖い」

男性は女性の「学歴」よりは「若さ」や「見た目」を重視する傾向があります。

その「関門」を通り抜け、お見合いが成立したにも関わらず、男性からお断りされてしまった。

その場合に、回答の中で聞かれる言葉は「なんとなく怖かったです…」

本人は怖くしたつもりはなくても、日ごろの雰囲気が威圧的に映ってしまう。

どこかで「自分より学歴も年収も低い…」と見下す雰囲気が出ていたのかもしれません。

男性に迎合しろとは全く思いません。

ただ、「怖い」と相手に映るのであれば、コミュニケーション上、改善したほうが社会生活上よろしいのではないでしょうか。

まとめ

院卒だから、高収入だから、キャリア女子だから、本当に婚活が難しいのでしょうか。

男性の中には「自分よりもレベルが下の女性のほうが気が楽」という方は、います。

価値観なので、良くも悪くもありません。

でも、自分に自信のある男性は、女性の学歴云々よりも、あなたの仕事への姿勢、責任感などを見て、判断評価するのではないでしょうか。

女性も「自分以上のものを男性に求める」のならぱ、激戦競争に臨むのみです。

でも、大学院という環境で、努力し、勉強し、知見のある女性という自負があれば、男性に「自分以上のステイタス」という依存をするのでしょうか。

男性の中身そのものを見極める力があり、婚活を「冷静に計画的に進め、結果を出す」ことが充分できる、と感じます。