お見合い申込みしても不成立ばかり。何人に申し込めばお見合いできるの?

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

無料カウンセリングで大変よくいただくご質問があります。

何人の方と会えるのですか?

その場合は、「10人~15人に申し込みをして、1人です」とお答えするようにしています。

理由は大きく3つがあります。

  1. わかりやすいプロフィール(高年収・高身長・高学歴・美人・若さ)に申し込みが集中
  2. 男女比のアンバランス(男性40%弱、女性60%強)
  3. 安易なお見合い申し込み・申し受け防止に違約金。判断が慎重

男女ともに「お見合い成立率」は20代後半がピーク

お見合い成立率は、平均6.6%(15人に申し込み、1人お見合い成立)

 

【男女別平均値】
女性:13人に申し込み、1人成立(7.8%)
男性:17人に申し込み、1人成立(5.8%)


最もお見合い成立率が高いのは男女ともに20代後半

【20代後半】
女性:
8人に申し込み、1人成立11.4%)
男性:12人に申し込み、1人成立(8.6%)

 

年齢が増えることに、お見合いが成立しにくくなります。
40代後半は20代後半の約半分。

【40代後半】
女性
:15人に申し込み、1人成立(6.5%)
男性:23人に申し込み、1人成立(4.4%)

さらに経済力、仕事、学歴、見た目…という相手に求める条件により、状況は大きく変わります

「結婚相談所に入ったら、すぐにお見合いができる」というわけでもなさそうです。

では、なぜ男性が少ないとされる結婚相談所で、男性のお見合い成立率は女性よりも低いのでしょうか。

「せっかくだから若い子」に申し込む男性達

男性がお見合い1件成立するために必要な申し込み人数は下記の通り。

男性年齢 女性への申し込み数 確率
20代後半 12人 8.6%
30代前半 13人 7.7%
30代後半 15人 6.6%
40代前半 19人 5.4%
40代後半 23人 4.4%

冒頭の表を見る限り、男性のお見合い成立率は女性よりも低いです。

成婚者のデータを見ると、「経済力があれば結婚できる」わけでもなさそうです。

【男性年収と成婚のしやすさ(全国)】
20代後半(年収300万) 108.9%
・40代後半(年収800万) 106.9%
・50代前半(年収900万) 107.5%
(2018年IBJ成婚白書より「年収と成婚しやすさ」より抜粋)

成立の低さは「女性との年齢差を考えずに申し込む」も要因が大きいです。
結婚相談所に入会する男性の多くが、「自分の子供」を望む傾向にあります。

50代、60代男性でも「自分の子供を産んでくれる女性と結婚したい」「老親に孫の顔を見せたい」と20代、30歳前半の女性にばかり申し込みをする方は多いです。

子どもを望まない男性でも「若い女性のほうが素直」「自分の言うことを聞いてくれる」という幻想を強く抱いている方も大変よくみかけます。

肝心の女性は何歳差の男性まで「許容」と考えるのでしょうか。

成婚カップルの年齢差は男性が年上の4歳前後。

【成婚者の平均的な年齢差(全国版)】

女性年齢 年齢差 お相手男性の年齢
25歳~29歳 4.5歳差 29.5歳~34.5歳
30歳~34歳 3.8歳差 33.8歳~36.8歳
35歳~39歳 4.3歳差 39.3歳~43.3歳
40歳~44歳 4.2歳差 44.2歳~48.2歳
45歳~49歳 3.9歳差 48.9歳~53.9歳
50歳~54歳 5.4歳差 55.4歳~59.4歳
55歳~59歳 2.6歳差 57.6歳~61.6歳

(2018年IBJ成婚白書より抜粋)

結婚相談所の世界では男性の望む年の差婚は難しいようです。

「結婚」に照準をあて、現実的な女性

女性のお見合い成立率は男性より高く、下降線もゆるやかです。

女性はお見合い申し込みの判断ポイントが多岐に渡り、慎重です。
経済力、学歴、勤務先、身長、年齢、居住区、見た目、さらに「第6感」というのもあるそうです。

いろいろなタイプの男性にくまなく申し込みをするため、お見合い成立率も男性に比べて高くなります。

それでも、女性もお見合い成立率が高いわけではありません。

30代前半:男性11人に申し込み、1人成立
30代後半:男性14人に申し込み、1人成立

「女性は男性よりもえり好みをする」という声も確かにあります。

会うのに勇気がいる、怖い、不安という女性ならではの防衛反応が働くともいわれます。

「妥協したくない」「妥協してまで結婚したくない」という声もあります。

条件を増やすほど、お見合い成立は難しくなる傾向はあります。

断られるのがイヤなのはみんな同じ

入会前に耳当たりのよい言葉だけが印象に残り、いざ活動始めると不成立の連続…。

「こんなはずではなかった」と意気消沈、自己否定、中途退会…という流れにならないために、最初に「こんなもんだ」という割り切りは大変重要です。

婚活には「あきらめろ」「どうせ無理」とつぶやく悪魔が多数潜んでいるといわれています。

お見合い不成立は「ある程度」は当たり前のことだと受け流し、先の数字を逸脱した回数は自分の中に何かのブレーキをかけている要因が必ずあります。

相談所の担当者に率直に意見を聞いてみることは早道です。
でも、なかなかプライドがあって聞けない、という方は、紙に書き出してみるなども一案です。

可視化は手間がかかる分、気づきも多いです。

そして、「この手がダメなら次の手」とあきらめない。

試行錯誤は婚活の最良で最善の策です。

頑張ってください。

応援しています!