各種ご案内

【お見合い申し込み実践編】「不成立ばかり」な理由5つと改善策

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちは。
千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

婚活中の方から、次のご質問をたびたび頂きます。

こんかつみ

「10人以上にお見合い申込みしているのに、なかなかOK返事が来ません。何か原因があるのでしょうか…」

不成立が続くと、まるで自分が否定されたような気になってしまいますよね。
でも、結婚相談所では男性が少ないため、女性は、どなたも、どうしても、男性よりお断り回答をもらう回数が増える傾向があります。

IBJ会員データより抜粋
こんかつこ

結婚相談所は女ばかりなんてもうとっくにしっていますよ!どうにかしたいんですよ

こんかつお

自分は結婚相談所で有利なはずなのに、うまくいかないんですど。

森とうゆうこ

その斜に構えた姿勢、やめたほうがいいですよ。見えるものも見えなくなります

原因は様々ですが、今回は代表的な要因5つと、その改善ポイントをご紹介します。
そもそも「お見合い申し込みって10人も必要なの?」と驚かれた方はこちらのブログもご参考ください。

目次

不成立が続くお見合い申し込みの特徴とは

①新規会員の目立つ人にばかり申し込んている

IBJ会員検索リストは「標準」「年齢順」「登録順」3つの並べ替えができますが、デフォルトは「標準」モード。

「標準」で一通り見た後は「新しい人は入っていないかな?」と「登録順」を見ることになります。

そこに「新規入会&条件の良い人」は大変目立ちます。50人、100人と申し込みがある方も多いです。
自分に振り向いてくれる確率は50~100人分の1の確率、つまりお見合い成立率は1~2%。

あなたの申し込みは埋没してしまう可能性があります。

②仮交際が進んでいる方に申し込んでいる

相談所から見ても正直、ハイスペックな人ではないと思われる人に申し込みをしていないのにお断り連続という場合もあります。

すでに仮交際が進んでいる(=真剣交際直前)人に申し込みをしている可能性があります。

森とうゆうこ

このケースは大変多いです。

③ダメもと…申し込みばかりをしている

本人は「このくらいは普通」「せめてこれくらいは…」と思う条件が、結婚相談所では高倍率な状況にあります。

会員は約67,512人。成婚者は8,624人。

IBJ成婚白書2020年度版)より

「自分が会いたい人」には最低10人のライバルがいて、その中からあなたは抜きん出て「会いたい」と思わせる理由が必要です。

森とうゆうこ

「ダメもと申し込み」はやはりダメです。

④自分のプロフィールに理由がある

代表的な要素が「タバコ」
婚活の世界では禁煙志向が大変高いです。

森とうゆうこ

婚活を機に禁煙する方も多いです。

お断りされやすい条件
  • 男女共通…喫煙、肥満、持病、宗教
  • 男性…低年収、低身長、低学歴、親同居
  • 女性…年齢、見た目(特に肥満)、婚姻歴

⑤共通点がなく、印象に残らない

プロフィールに共通点を感じない方からの申込みは放置されてしまう傾向にあります。
ダメもと申し込みをする方に多い傾向です。
たくさんの申し込みを受けるモテる人ほど相手に「なぜ自分に申し込みをしたのか」という明確な根拠を望んでます。

「写真をよくしてお見合いまで持ち込めば、どうにかなる」と考える方も一部にはいるようです。
ただ、現実はお見合いに現れた人物と写真との差が大きいと、相手(特に男性)は「裏切られた」と感じ、不成立になることが大変多いです。

お見合いOK率を上げるにはどうしたらよいのか

ここからは「これだけは押さえたい」というポイントを3つご紹介します。

Ⅰ.「お相手への希望」から外れない

お相手への希望欄に「お相手への希望、年齢、地域、子どもの有無、親同居」が表示されている部分があります。

「年齢」について、「20代、30代」と希望される方に40代の方が申し込みをしても、叶わないということです。

また、お相手は「猫アレルギー」と書いてあるのに、ご自分は「犬猫を飼いたい!」では、お相手は困ります。

自分の「お相手への希望」も相手にどのような印象を与えるかも再確認です。
空欄もNG。「誰でも良い」という印象を与えています。

森とうゆうこ

お相手への希望欄は書き込みが多い人は敬遠される傾向にあります。

Ⅱ.自分と似た相手に申し込む

なるべく自分との生い立ちや生活環境に近い方に申し込みをする。

具体的には「居住地、出身地、家族構成、学歴、家族の状況」などです。

森とうゆうこ

10歳以上の年の差婚を望む男性もいますが、女性は同世代の男性を強く望んでいます

自分にないものを相手に求めるのは婚活の世界でも「難しい」です。

Ⅲ.成婚データを把握する

IBJから年度ごとに発表されている成婚者の分析データ「成婚白書
結婚相談所の成婚者のリアルを紹介しています。

結婚相談所で成婚を獲得するには「成婚データ」を把握し、それに沿った行動をすることです。

森とうゆうこ

恋愛テクニックや引き寄せの術、占いを信じることは自由です。ただ、お相手に通用するかは疑問。結婚相談所は正々堂々・直球タイプの方が成功しています。

Ⅳ.トライ&エラーを続ける

数件お断りが続くと、すぐに消極的になってしまう方がいます。
自分の状況を見つめるのはどなたも不安です。
夢と現実の乖離を放置するほど、婚活に空しさを感じ、やめてしまいます。

森とうゆうこ

自分の活動をノートやタブレットにまとめてPDCAサイクルを実現させる地道な努力をする人は成婚しています。

まとめ

結婚相談所では条件ありきと揶揄されますが、そうでしょうか。
婚活はお相手との要望のミスマッチがあると途端に苦労します。

自分が会いたいと思っても、お相手が会いたいと思う魅力がなければ残念ながらお見合いは成立しないです。
多くの方は「会いたい、会いたい」だけで押し売り型のセールスをしています。

「自分がそもそもわからない」という声もあります。でも、これではお相手は余計にわかりません。
婚活は相手探しの前に「自分探しが必要」と言われるのはこの理由からです。

「わからないから結婚相談所がどうにかして」ではもっと悲惨です。

森とうゆうこ

相談所が最後までどっぷり仲立ちをしたカップルが退会後に二人でやっていけると思いますか?

結婚相談所という場で自分探しをし、時に面談やブログで自分以外の考えを吸収し、「改善策」を自分で模索する。
この試行錯誤ができる人だけが、IBJ全会員に対して約13%という成婚者の仲間入りができるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる