お見合いの申込みをしたけど、返事が来ないのはなぜ?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合いを申し込むと結果がくるまでドキドキしますよね。

活動はじめたばかりの会員の方から「申込の返事は何日くらいできますか?」と質問されます。

IBJシステムは10日間返事が来ないと自動NGになりますが、目安としては「5日間」が良い返事がくる目安とお話しています。

①申込をした翌日にお相手の相談所がつないで2日目。
②1日~2日お相手がどうするか考えて、3日目、4日目経過。
③結果を返したとしても、タイミング悪く相談所の定休日の場合は連絡は翌日になり5日目。

このように5日間を要する場合が多いです。

ここではお返事が来ないと考えられる理由と、返事が来やすい申し込みのコツついて解説します。

お見合いの返事が来ないと考えられる理由

入会直後の目立つ要素の人に申し込んている

IBJSの会員検索システムは会員リストに「標準」「年齢順」「登録順」の3つの並べ替えができます。
「登録順」は入会したばかりの方が上位にリストされています。

「20代」「美人」「初婚」の入会直後の女性には全年代層の男性からお見合いが殺到します。

また、「年収700万以上」「30代」「身長175センチ以上」「大卒」「一人暮らし」…の条件がそろっている男性にも50人、100人と女性からの申込が来ます。

申し込みが多数来てしまい、単純に受け止めきれずに「放置」され、10間の自動NGになってしまう場合が非常に多いです。

「登録順で見ていないんだけど…」という方でも、先のような女性、男性は非常に目立ちますので、タイミング悪くそのような方に申し込んでしまうことはあります。

プレ交際中の方に申し込んでいる

IBJでは複数交際が認められているため、仮交際中の方へもお見合い申込みができます。

システムでは仮交際中かどうかはわかりません。

そのため、そのような方に申し込みをしている可能性があります。

複数交際をされている方はデートに忙しく、あらたにお見合い申込みの方に気付くことは遅くなります。

今お付き合いしている方と比較しているうちに10日間が過ぎてしまったという場合もあるようです。

プロフィールがお相手の印象に残らない

共通点が全く感じられない方からの申込みも回答が後回しにされます。

ただカワイイから、ただ高収入だから、ただ安定していそうだから、といっても、お相手にはピンと来ない、ということです。

「プロフィールの内容」はもちろんのこと、「お相手への希望欄」もよく読んでから、お見合い申込みをしてください。

お見合い申込のコツ

お相手の希望条件をよく読む

自分が一方的に「会いたい」と思っても、お相手からも「会いたい」と思っていただかないと、お見合いにはなりません。

男性の中には「ダメもとで申し込む」と、手当たり次第に超美人ばかり申し込みをする方がいます。

男性は中途退会する方は少ないですが、あきらめていく方は、お断りを山のように受けて、精神的に消耗してしまう傾向にあります。

出来る限り「プロフィール」で共通項はないか、「お相手への希望欄」に沿っているかよく見ること。

お相手は「猫アレルギー」と書いてあるのに、ご自分は「犬猫を飼いたい」だと成り立ちません。

複数の人に申し込む

結婚相談所の男女比は4:6の構成です。
30代後半になると3:7。

女性の場合は10人~15人に申し込みをして1件、お見合いが成立するか、否か。

でも男性のような「数打てば当たる」的な申し込みをする方はすくなく、数件お断りが続くと、すぐに消極的になってしまう方がいます。

また「年収1000万円」「身長178センチ以上」といったハイスペックと言われる方ばかりに申し込む方はいます。

このような男性には100人近い女性達が申し込みをするため、お見合いも1/100という確率です。

高年収、学歴重視の方は、ご自分の結婚観が漠然としていることが多く、わかりやすい「スペック」に目がいってしまう傾向があります。

「自分はどのような相手と生活をしたいのか」を掘り下げていくと、実はスペックはそれほど重要ではなかったりします。

 

果報は寝て待つ

返事がもらえないと必要以上に自分を責めたり、落ち込んだりしてしまいます。

いっぽうで、いいお返事が来ないかと、相手に過度に期待してしまい、イライラしてしまうこともあります。

申し込んだら、あとはお相手次第です。
「果報は寝て待つ」の精神でいきましょう。

まとめ

せっかくお見合い申込をしても、10日間放置されて「自動NG」にされるのはとても悲しいです。

自分がされたらいやなことはお相手にもしない。

お見合いする気になれないのであれば、自動NGに任せるのではなく、自分で早めにお断りをする。これは自分にお申込をしてくれた方への婚活のマナーです。

そして、お相手から即回答がもらえるような精度の高いお見合申込みを目指してほしいと思います。