各種ご案内
【2024年4月から】価格改定のご案内

【お見合い】「初めまして」からプロフの話題までつなげるための会話術

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

今回はお見合い時の会話の切り出し方についてのお話です。

初対面の出会いはビジネスの場も同じですが、緊張しますよね。

ビジネスの場は名刺交換などの小道具も使えますが、お見合いではNG。そのため「会話だけで場をつながないといけない」とハードルが上がるようです。

名前を名のったあと、沈黙になってしまって…

最初の会話の切り出し方で婚活NGワードをつかってしまわないか心配です

小道具も使えず、婚活ルール&マナーという決まりもあるなかで、どうしたら会話を切り出していけるかを解説します。

お見合いには①気遣い、②共感、③尊重の3つが大切です。

会話の切り出し方も同じです。

ひとつずつ解説していますので参考にしてください。

目次

気遣い:お見合い場所までの苦労をねぎらう

まずはお相手への「気遣い」から。
これは婚活ルール&マナー「お見合い場所の決め方」が影響します。

【お見合い場所の決め方について】
お見合いを受けた側からお見合い場所を提案する

つまり、お見合いを申し受けた方は「自分の都合良い場所」を提案することができます。

お相手の都合も考慮します。
しかし、実際はお見合いを受けた側の希望場所に決まることが多いです。

お見合い申し込みをした人

せっかくお見合いを受けてくれたので…

知らない場所でもがんばって行きます

逆を言えば、申し込み側にとっては不慣れ・不便な場所になるということです。

そこでお見合いでは開口一番に下記フレーズを伝えてみてください。

「ここまでは迷いませんでしたか?」

お相手に「ここまで来てくれたお礼」をまず伝えます。お相手の苦労が報われる一瞬です。

道に迷いながらもお見合いに来た人

気遣いがうれしいです

席の確保にも涙ぐましい努力がある

予約席が取れないお見合いも増えてきています。

婚活ルール&マナーにある「お見合い開始時間10分前までに到着」ではとても席には座れません。

そのため、席確保への努力は涙ぐましいものがあります。

30分以上前から現地に到着し、席の確保にがんばる方も大変多いです。

森とうゆうこ

予約なしのお見合いでお相手に席を確保頂いた場合、お相手はかなり早くから現地入りしています。

「早く来て下さってありがとうございます」一言を。

席確保にとても早く来た人

30分以上前から来て席をとりました

言われるととてもうれしいです!

森とうゆうこ

もちろん予約席でも早く到着されている場合は同じです。

共感:世界万国に共通する話題「天気」を活用

場つなぎに不安な人

お見合いの場へ感謝の後も沈黙が怖いです。

もう一つくらい話題が欲しいです…

確かにいきなりお見合いの本題に進むのも唐突ですよね。その場合は世界万国に共通する無難な話題は「天気ネタ」。
これほど相手の共感をつかみやすいネタはありません。

森とうゆうこ

ポイントは言葉の量。会話に中身がある必要はないです。

人は初見の場で相手が「話をしてくれる人」だとわかると、安心します。

確かに最初に一生懸命話かけてくれると、場を盛り上げようとしてくれるんだなと安心します。

尊重:「あなたに会えてうれしい」はすぐに言う

お見合いの「出会いのお礼」を最後にいう方が言いますが、これは大変もったいないです。

お会いしたらすぐに「今日はお会いできて嬉しいです」と伝えましょう。

お相手がどんなにプロフィール写真と違っても、時間ギリギリに来たとしても、二人は「お見合い1時間」を一緒に過ごさなければなりません。

相手のため、というよりも自分が少しでも居心地よくいるために、この言葉を使うのです!

森とうゆうこ

人は好意の与えてくれる人に好意を持ちます。

「改めてよろしくお願いします」で場をひきしめる

上記のお見合い準備体操(別名:アイスブレーク)を終えると、飲み物のメニュー選びに進んでいると思います。

そして「改めて今日はよろしくお願いします」と切り出してみてください。

森とうゆうこ

それまでの「何となくの会話」がお見合いの場として引き締まる一言です。

【アイスブレイク話法とは】
氷を解かすように、初対面の人同士の緊張をときほぐす会話術

「初めてなので」の言葉は誤解されやすい

ひとつだけ気を付けてほしい言葉があります。「お見合いは初めて」という表現です。

「婚活慣れしていない」というアピールで使おうと思っていました。

絶対に使ってはならない、ということではありません。誤解されやすいということです。

森とうゆうこ

「初めて🔰」という言葉は婚活を始めて間もないから「まだまだ相手を見比べるぞ」という隠れたメッセージに伝わりやすく、お相手はガッカリします。

自分のフレッシュさを表現したいのであれば、「お見合いに慣れない」という言葉はまだ無難です。

なんでも事実を伝えればよいというわけではない、のですね。

たとえ失敗しても大丈夫な訳

色々書きましたが、お見合いの切り出し方は失敗してしまっても大丈夫です。

婚活は不思議なもので、ご縁がある関係はどんなアクシデントがあっても繋がります。

仮交際成立は3人に1人

そして冷や水をかけるような話題になりますが、お見合い全戦全勝の人もいないです。

お見合いから仮交際へ進む確率は35%程度。

森とうゆうこ

3人お見合いし、1人と仮交際に進めば上出来です。

自分が良いと思ってもお相手の状況で思うようにならないのが婚活です。一生懸命がんばったのならあとはなるようになる、です。

とりとめのない話の方が交際成立しやすい

お見合いは1時間しかありません。お見合いの切り出し方でバタバタして「あっという間に終わってしまった」…としても大丈夫。

むしろその方が仮交際成立に繋がりやすいです。

結婚観など質問できなくてもいいのでしょうか。

何となくの話で終わるのでは成果がないような気もします

少し考えてみてください。
たとえ婚活、お見合いだとしても初めて会う人からいろいろ質問されて不安に感じませんか?

相手に不安感を与えない「質問力」にはお見合い上級テクニックが必要です。

森とうゆうこ

初対面の人の「質問」は「尋問」になりやすいです。

探るのもいやですが、探られるのは地獄の時間になりますね。

質問による次の構図は要注意です。

質問された

尋問された

警戒

悪い印象

とりとめのない話で終わってしまっても悪い印象が残らない方が「もう一度会ってみようかな」と仮交際成立につながりやすいです。

そのためにはまずは「会えてありがとう」と最初に良い印象を相手に与えることが重要です。

切り出し方に成功したらほぼ成功

最後に、切り出し方にも「慣れ」は必要です。

上手な切り出し方をマスターできれば、あなたの「第一印象の良さ」をさらに底上げしてくれるはずです。

もちろんお相手のプロフィールをよく理解してくることは基本ですが、それよりもお相手は「自分は大切にされているのか」をとても感じ取ります。

そのためにも「気遣い」「共感」「尊重」のあるお見合いの切り出し方で、お見合いをお互いに心温まる時間にしていただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次