【仮交際の確率】お見合いから仮交際ってどれくらい?

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

婚活中の方から次のご質問を頂きました。

お見合いから仮交際に進める確率はどのくらいですか?

こんかつろう

その時は次のようにお答えしています。

確率的には約30~40%

森とうゆうこ

お見合い3回お会いして、1人と仮交際成立という計算になります。
なかなか難しいですね。

こんかつろう

森とうゆうこ

お互いに真剣ですからね。
男女や年齢によってお見合い成立率も変わります。

今回は年齢から見た「仮交際成立率」と「お断り理由の男女の違い」から「仮交際成立のコツ」を解説します。
参考にしてください。
【お見合い申し込み解説編】不成立ばかりなのはどうして?

年齢が増すほど仮交際成立の確率は下がる

下記の表は年齢による交際成立の確率を示しています。

森とうゆうこ

20代は同年齢、同世代同士のお見合いが多く、「緊張せずに話ができた」という理由から仮交際成立が高い傾向にあります

ただし、20代以降は年齢が上がるにつれ、仮交際成立率は低くなっています。
【年齢ごとの交際成立の確率】

年齢男性女性
29歳37%36%
30歳36%34%
35歳36%33%
39歳33%30%
47歳29%27%

(参照元:IBJ会員データ)

男女で違う「交際お断り理由」

男性と女性のお断り理由には特徴があります。
男性は「見た目重視」、女性は「コミュニケーション力重視」

男女で違うお断り理由
  • 男性「女性が写真と別人のようだった」「写真から想像する(明るい)イメージと違った」
  • 女性「上から目線だった」「一方的に自分語りされた」「写真のイメージと違った」
お見合い最初の1秒でなぜお断り?理由は男女でこんなに違う

「女性が写真と違った」は女性本人に伝わりにくい

お見合いは予想以上に多く成立して、お見合いもそれなりに楽しく会話しているのですが、「お断り」されてきた理由がすこしわかりました…。

こんかつこ

森とうゆうこ

女性は男性の写真との違いよりも「経済力や人間性」などを優先して対応する方は多いですが、男性はそうはいかない方が多いようです

男性は女性が「写真と違う」と感じると「だまされた」と思い、その後の会話が上の空になる方が多いです。

さらに、男性は回答理由に「女性が写真と違かった」と伝えづらいことがあります。

森とうゆうこ

「結局、顔重視だ」と相談所に知られることが「恥ずかしい」と感じる男性も多いからです

改善ポイントはあるの?

写真との違いを解消するために、男性は「公式プロフィール写真」より「会員のカジュアル写真」を重視する傾向にあります。

森とうゆうこ

カジュアル写真を掲載している女性はお見合い・交際成立率、両方高い傾向にあります。

大人になるとあまり自分の写真がないから、という方も多いですが、社会情勢的に数年前の写真でも仕方ないので、とにかく用意されることをお勧めします。

森とうゆうこ

プロフィールに一言説明文を書いておくといいですね

男性があなたとの結婚生活を想像できるような写真を掲載する努力が交際成立へ実を結びます。

費用に余裕があるかたは思い切って「別スタジオで撮り直し」も有効です。

男性はツタンカーメンに注意

こんかつお

女性には「聞き上手であるべし」だと無言になってしまったり、自分のことを説明しないと焦るとしゃべりすぎてしまうようで、うまくいかないです

森とうゆうこ

男性は女性よりもお見合いする機会が多いので、場数を踏む=慣れるはある程度仕方ないです。焦りは顔にでますので、リラックスをこころがけることです。
お見合いの場で空気が冷えた時こそ挽回策は「笑顔」です

森とうゆうこ

「笑顔」を重視する仕事をしていない男性(特に技術職系)はお見合いでツタンカーメンのような表情になっている方は多いです。

緊張で目を合わせられない、うつむきがち、という方はいるようですが、笑顔は場を和ませるので練習すればかなり改善されます。

女性の話をしっかり聞こうとしているうちに表情が置いてけぼり…という皮肉なことにならないことです。

ため口は地雷

また、男性の「タメ口」は女性から全く評判が良くありません。「上から目線」「馴れ馴れしい」「こちらをナメている」と散々です。

お見合いは「敬語」が基本です。

【敬語からタメ口】交際相手への切り替えタイミングについて

まとめ

やっと成立したお見合いでも仮交際へ進める確率は30%~40%。
交際が成立するためには男女の考えの違いを想像することが基本です。

婚活がうまくいかない人はひたすら「自分」「自分」を繰り返しています。
特に受験や高学歴から就活が成功している人ほど「自分中心」に陥りやすいです。
もちろん自分の人生なので自分が大事なのは十分わかりますが、結婚は「相手あってこそ」

相手が重視していることは何か。

あなたは自分に固執しますか。
それとも誰かと一緒に人生を歩むために「新しい自分」へトライしますか。

自分の欲望をコントロールしながら、相手との歩調を合わせられる人だけが「成婚」を手にするのではないでしょうか。

【真剣交際への確率】仮交際からどのくらいの割合で進めるの?