結婚相談所のお見合いから仮交際に進める確率は?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

婚活中の方から次のご質問を頂きました。

お見合いから仮交際に進める確率はどのくらいですか?

こんかつろう

その時は次のようにお答えしています。

森とうゆうこ

お見合い3回に1回で交際成立になる方が多いです。確率的には約30~40%

今回は「年齢による仮交際成立の難易度」「男女のお断わり理由の違い」から「仮交際成立のコツ」をご紹介します。

お見合い申込みしても不成立ばかり。何人に申し込めばお見合いできるの?

年齢を追うごとに仮交際成立は下がる

下記の表は年齢による交際成立の確率を示しています。

【年齢ごとの交際成立の確率】

年齢 男性 女性
29歳 37% 36%
30歳 36% 34%
35歳 36% 33%
39歳 33% 30%

20代(29歳)は男性が37%、女性が36%

森とうゆうこ

20代は時間的余裕や柔軟性がある方が多く、「もう一回会ってみよう」と交際成立する傾向があります

20代では4割近くあった交際成立率が、年齢が上がるにつれ、成立が難しくなっています。しにくくなります。

例: 男性47歳 仮交際成立率 29%

 

交際お断わりの回答は男女どちらが多いの?

【お見合い後の回答状況】

男性回答 女性回答 割合
交際希望 交際希望 30%~40%
お断わり 交際希望 60%~70%
交際希望 お断わり
お断わり お断わり

実は両方(男性、女性)から「交際お断わり」があることは稀です。

この場合はすでに日程調整からこじれていたり、「当日の遅刻」というお見合い以前によるものです。

IBJでは会員画面にお相手の回答結果が表示されないため、「相手がどう思っていたのか」がわからないのですが、相談所から相手の回答結果を聞くことはできます。

森とうゆうこ

「お相手もお断わりでした」という場合は多くの方が「やっぱりそうだったか」という反応です。

相手の回答を聞くのは少し勇気がいることですが、お見合いの改善策になりますので、積極的に活用して頂きたいです。

お見合いは日程調整で6割決まる 油断大敵!お見合い日程調整であなたの印象は6割決まる

男女で違う「交際お断り理由」

男性と女性のお断り理由には特徴があります。

【男女の主なお断り理由】

男性「女性が写真と違った」「写真から想像するイメージと違った」

女性「上から目線だった」「話が弾まなかった」「自分のことばかり話していた」「愚痴を聞かされた」

男性の主なお断り理由「写真と違う」

お見合いのNG結果には男性は「見た目重視」、女性は「中身重視」という傾向があります。

男性は女性が「写真と違う」と感じると「だまされた」と思い、その後の会話が上の空になる方が多いです。

男性は回答の理由に「女性が写真と違かった」と伝えてくれる方は少ないため、「お見合いできるのに、男性からお断わりばかりされる」という女性達はこの点が改善ポイントになります。

最近は男性も「修正された公式プロフィール写真」より「会員のカジュアル写真」を重視する傾向にあります。

「普段の自分」を上手に掲載している女性はお見合い成立率も交際成立率も高いです。

女性の主なお断わり「上から目線」「会話が続かない」

女性からのお断わり理由にはコミュニケーション上の要素が高いです。

お見合いの場で「つい腕組み」してしまう方もいるようです。また年下の女性に対し、敬語が使えないという方も。

男性が形式ばらずに良かれと思っても「ため口」は女性からの評判はあまりよくありません。

お見合いは「敬語」が基本です。

改善ポイントってあるの?

女性はプロフィール写真との違いはとても残念なことですが、交際NGが続くようであれば、「別の撮影スタジオで取り直し」が最善です。
ただ費用が負担に感じる場合は、ご自分が登校している写真を再検討されるといいかもしれません。
一緒にうつっている友人達にスタンプを何枚も貼っていたり、料理ばかり、風景ばかりでは印象が薄いです。

また、Beautyプラスなどの編集加工アプリは男性にも気づかれ始めています。ほどほどが賢明です。

男性はとにかく「敬語」。それだけで男性特有の威圧感は軽減されます。
女性はもともとは「おしゃべりが大好き」「聞いてもらいたい」という気持ちが強いので、基本的には「女性の話を聞く」だけで評価は上がります。

敬語で丁寧に話しても「話が続かない」「沈黙が続く」という場合はやむを得ず、早めに切り上げるというのもNGではありません…。

まとめ

やっと成立したお見合いでも仮交際へ進める確率は30%~40%。
3人お見合いをして、お1人と仮交際成立。成婚までたどり着くのはいったいどのくらい…と途方に暮れてしまうかもしれません。

でも男女どちらかが「なんとなく」でお断りを選んでいる状況が60%近くあるのはなぜでしょうか。

「なんとなくお断わり」を繰り返している方がとても多いためです。

「なんとなく」を回避するためには「自分はどのような人生を築いていきたいのか」という目標が大変重要です。

そして、最初に決めらそれで終わりではなく、常に「軌道修正」です。

「軌道修正」しても、うまくいかないとなれば、その目標自体が本当に自分に合っているのかと考える必要があります。

お見合いは自己成長できる大切な時間です。

自分はお相手に何ができるのかを考える。
そして、お相手の要望とあってはじめて交際成立が叶います。

「交際に進めない」と闇雲にお見合いを重ねるよりも、「自分はどんな人生を作っていきたいのか」「そのためにどのような家庭を気づけるのか」「そのためにはどのようなパートナーだと自分らしくいきられるのか」をまず考えること。

そうしてお見合いに臨んでいただけると、交際成立は40%、50%と伸びていくのではないでしょうか。