結婚相談所の30代男は女性何人からお見合い申し込みされるの?

森とうです。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所は男女比6:4という構図です。

すると、男性は「何人くらい女性から申し込みがありますか?」というご質問を頂きます。

平均的には1年で約100名の女性からお見合い申し込みがある」と回答しています。

高年収、高学歴といったわかりやすい「モテ・プロフィール」というものを持つ男性は3か月で約400~500人の女性からお見合い申し受けがある場合もあります。

日本の中で最もモテるエリアはどこ?

実際に2018年に成婚した男性(約3,000名)は何名の女性達から「モテた=お見合い申し受けがあった」のかを見てみましょう。エリアによりばらつきがあるようです。

【男性成婚者は何人女性からお見合い申し受けを受けた?】

エリア 平均値 中央値 最頻値
全国 127人 47人 0~9人
関東 148人 60人
東海 44人 18人
関西 174人 78人

成婚白書データより抜粋。小数点以下繰り上げ

全国でみると、成婚者の平均値モテ数は127人
でも、最も多くの男性成婚者は女性からのお見合い申し込みは10人以下。(最頻値)

お見合いが殺到する間もなく、10人の申し込みを受けた女性と結婚、または自ら申し込みをした女性と結婚してる方が最も多いということになります。

活動期間も男性は12か月前後のため、「男性は1年で約100人の女性から申し込みがある」ということになります。

関東、関西は登録会員女性が大変多いため、お見合い申し込みも増えています。
(男女比4:6 ※30代は男女比1:2

東海は「東海工業地帯」で働く男性会員が多く、男女比は5:5.

関西は「最もモテるエリア」に見えますが、平均値と中央値のバランスをみると、女性の申し込みが「一部の男性」に集中している可能性があります。

30代男性は何人の女性から申し込みがあるの?

さらに最も成婚率が高いとされる30代男性の「モテ数=お見合い申し込まれ数」を見てみましょう。

【最も成婚者の多い年齢】
1位:35歳(187人)
2位:34歳(179人)
3位:37歳(177人)
4位:36歳(172人)
5位:39歳(168人)
6位:38歳(159人)
7位:40歳(141人)

  (2018年度成婚白書データ)

35歳前後がもっともモテるようです。

ただ、注意してみなければならない点は、30代後半以降も数が増えていますが、主に申し込みをする女性年齢層も多いということです。
(女性は35歳~39歳が最も登録人数が多い。)

年齢 平均的モテ数
(お見合い申し受け数)
2019年 2018年 前年比
30歳 49人 47人 104%
31歳 59人 54人 109%
34歳 91人 85人 107%
35歳 102人 95人 107%
36歳 114人 101人 113%
37歳 112人 110人 101%
38歳 115人 114人 101%
39歳 123人 120人 102%
40歳 123人

※IBJ成婚データより抜粋(少数点以下繰り上げ)

お見合い申し込みは受けてもらえない男性

30代男性はモテる傾向が高まっていることはわかりました。

女性からのお見合い申し込みによるお見合い成立は10%~15%。

一方、女性へのお見合い申し込みをして、成立する確率は8~9%。

女性からは手厳しい回答をもらっているようです。

【お見合い成立率】

申し受け
👩→👨
申し込み
👨→👩
年齢 申し受け数 成立率 申し込み数 成立率
29歳 43人 15.0% 73人 8.3%
31歳 54人 13.0% 85人 8.6%
34歳 85人 11.0% 91人 9.4%
35歳 95人 10.0% 107人 8.5%
36歳 101人 10.0% 108人 8.5%
37歳 112人 8.7% 113人 8.2%
38歳 115.3 9.1% 129人 7.7%

※IBJ成婚データより抜粋

女性のお見合い申し込みの「本気度」は低い

お見合いは男性が「申し受け」よりも「申し込み」のほうがお見合いが成立しにくいことがわかりました。

この数字から結婚相談所で「男性は有利」と考えるのは拙速だということがわかります。

女性は相談所から「男女比4:6」を説明されている方は多くありません。
むしろ婚活アプリの印象そのままに「男性が多い」と誤解している女性の方が多いです。

女性が多いため、申し込み数は多い。
でも女性の気持ちは「とりあえず」「なんとなく」といった軽い気持ち

プロフィールを読み込んで「この人に会いたい!」と申し込んでくる女性はごく一部、と覚悟して慎重に臨んだ方がいいのかもしれません。

まとめ

結婚相談所の「入会バブル」という言葉が独り歩きし、「結婚相談所に入れば、女性からの申し込みが殺到する」という淡い期待を抱いている男性は多いようです。

申し込みが多いと気分はいいものです。

でも、その後のお見合い調整で日程調整が進まなかったり、交際でもLineを未読・既読されたり、そもそも無視されたり、会えなかったり、ということも大変起こります。

交際に入ると関係は50:50。女性の「結婚相手」を見る目は大変厳しいです。

モテる数が多いからと成婚できるかは別の話。
最も多い成婚者のケース(最頻値)は「申し受け数0人~9人」です。

女性から申し込みがゼロ、という方が意外にも多いです。

女性から申し受けがなくても、自ら懸命に女性に申し込みをし、試行錯誤を重ねる方が「成婚」を手に入れている。そしてそのパターンが最も多「最頻ケース」です。

婚活は「努力は裏切らない」と言えるのかもしれません。

結婚相談所はあなたの「努力」を支えることが出来ます。一緒に成婚を目指しましょう。
応援しています。