油断大敵!お見合い日程調整であなたの印象は6割決まる

お見合いは日程調整で6割決まる

森とう(Twitter)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所の「お見合い」は日程調整からお見合い場所の指定まですべて相談所が行います。
婚活アプリ経験者の方は「自分でやらなくていいのですね」と、とても驚かれます。

IBJではお見合いをスムーズに行うために日程調整のルール&マナーあります。

注意
  1. お見合い申し受け側が、日程、場所決めを提案する「優先権」がある
  2. お見合い希望日は複数日を提案するのがマナー
お見合いは日程調整で6割まで印象が決まる」と言われています。
思いやりや配慮があればスムーズに設定されるはずですが、そうはいかないのも事実。

では、どのような日程調整が印象を左右するのか、例を挙げてご説明します。

こんな日程提案は嫌われる

①候補日が「この日だけ」な単日指定

お見合い候補日は複数日提案がマナー。
「お相手の都合がつきやすいように」との配慮があるためです。
多忙で単一指定になってしまいそうな場合は相談所経由で「少し先でもよいか」といった打診をすると好印象。

第1希望:7月7日(日) 13時開始
第2希望:   ×
第3希望:   ×
備考:相手が会いたいなら、この日なら会える

森とうゆうこ

申込側も「とりあえず会ってみたい」程度の軽い気持ちで申し込んでいます。自己都合優先はお見合い前に相手の印象を損ないます。

②時間がスキマ時間指定

分刻みの日程提案をする方です。
「休みの日にたくさんの人に会いたい」という思いだけが先行し、相手への配慮を欠くケース。
お相手には「スキマ時間に会う」という印象を与えてしまいます。

【例】
第1希望:7月6日(土)12時30分~13時30分
第2希望:7月6日(土)14時30分~13時30分
第3希望:7月6日(土)16時45分~17時45分

森とうゆうこ

「そもそも真剣に自分と向き合う気があるのか」という不信感を相手に抱かせます。

③ 土日休みの相手に全部平日指定

シフト制勤務の方のお見合い調整で大変よく起こるケース。
土日休みのお相手に対し、「こちらに合わせるべき」といった姿勢が出すぎると、相手の印象は「歩み寄りが出来ない」とガッカリします。逆もしかり。

森とうゆうこ

平日休みの方はプロフに「仕事の関係上、平日、平日夜のお見合いを積極的に受けたい」といった一言を書いておくと、トラブル回避になり、好印象です
【例】
第1希望:7月2日(火)10時~17時開始まで
第2希望:7月3日(水)  同上
第3希望:7月4日(木)  同上

シフト制勤務の方は休みが固定ではなく、調整が難しいことが多いです。
お互いに「歩み寄りの精神」が大切ですが、「次の土日休みは少し先なりますが○○日」など正直かつ丁寧に伝えることも大切です。

④ 日程が明日、あさって

自分が「今度の土日は予定がないから」と明日あさっての日程を指定される方。
お見合い調整をするためには相談所の取次時間とお相手のご都合を考える必要があります。

森とうゆうこ

「すぐに会いたい」というお気持ちが「せっかちな人」「待てない人」という印象を与えては残念です

⑤ 日程が1カ月先

お見合い可能日を1か月先にされる方がいます。
これは婚活中の方であれば、「ほかにもお見合い予定がある」「キープ」と容易に想像でき、気持ちを確実に下げます。
(また状況により、お相手から「キャンセル」される可能性もあります。)

森とうゆうこ

①の項目と同じですが、自分だけのご都合主義はお相手に伝わります。

⑥ 申し込みをした側なのに、日程逆指定

このケースは最近、とても多いです。
あくまでお見合いは受け手に日程調整の優先権があります。
ルールやマナーを事前に相談所から聞かされていない場合もあるようです。
ウエディングブックが配布されていれば、そちらにも掲載されています。

森とうゆうこ

ルールを把握していないと「婚活姿勢が不誠実」と誤解されます。

好感の持たれる日程提案とは

なかなかインパクトのある日程調整をご紹介しました。
その分、普通に日程調整がスムーズだとお見合い成功率はとても高くなります。

では、実際どのような提案が好感をもたれるでしょうか。
たった2つだけです。

①希望日程は1週間から10日先前後を提示

婚活ではお相手も同様に他の方とお見合いをしています。
お互い様なので、余裕のある日程調整が好感を持たれます。

森とうゆうこ

週初め(月・火)の調整開始であれば週末(土・日)の提案を。
週半ば(水・木)であれば、翌週末の日程をおススメします。

②希望時間はできれば「終日可能」か余裕のある「午前・午後」など

終日提案は「ほかの人とのお見合いがない」「複数交際の可能性が低い」と思われ、印象は大変よくなります。

難しい場合は「午前」「午後」など時間幅に余裕のある提案が好まれます。

午前と午後のどちらが好印象かといえば、「午前」です。

最近はお見合い場所のホテルラウンジの予約がとりにくく、当日に席取りをしなければなりません。

そのため、男性は誠意として席を事前に確保される方も多く、比較的席が空いている午前早め「10時~10時30分開始」を好む方が多いためです。

夜間については、平日は19時スタート。祝祭日は17時スタートなどが良識の範囲内とされています。

森とうゆうこ

当たり前のようなことなのに、それだけマナーをないがしろにする方が多いということです。
お見合いで「男性に好印象」な到着時間があるってホント?

 

まとめ

「お見合いは日程調整で6割決まる」

お見合いは成立してから、もうすでに「お相手とのやりとり」が始まっていて、相手の印象もその時点でほぼ6割、お会いする前に決まっているということです。

ルールやマナーを知らないばかりに、お相手の気持ちを下げてしまい、当日はすっかり「消化試合なお見合い」になっては残念。

6割を準備段階で盤石にして、当日は4割の力。

少しでも余裕をもって臨んでいただければ、お見合い成功、交際成立になるのではないでしょうか。