音声配信「森とうラジオ局」をスタートしました

結婚相談所で結婚しやすい30代、40代男性の最低年収はどのくらい?

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

結婚相談所で男性からご質問頂くことが最も多いのが「年収」
IBJ結婚相談所の男性の入会条件の一つに「安定的な収入があること」があります。
この「安定的な収入」はひとえに「結婚生活ができる経済力」です。

では男性年齢では30代、40代が多いIBJ婚活において、成婚男性の年収はどのくらいなのでしょうか。

今回はIBJ成婚白書(2019年度版)から「成婚しやすい男性の年収」について解説します。

森とうゆうこ

年収は経済圏の影響も大きいため、「全国平均」に加え、「関東版」「東海版」「関西版」の3大都市圏に分けて解説します。

3大都市の「経済力」の特徴

  • 関東…全国平均より100万高い
  • 東海…関東の次に高い。
  • 関西…平均年収は関東>東海>関西の順

「男性年収と成婚しやすさ」過去3年間の変化

25~29歳男性の場合

20代後半は全国・関東共に「年収400万~」が成婚しやすい。

森とうゆうこ

年収700万以上は成婚しやすさは過去3年間共に低調。まだ「結婚相手を見定める」傾向が強いようです。

出典元:IBJ成婚白書2017年、2018年、2019年度版

ここには掲載のない「東海」「関西」は下記の通り。(2019年度)

東海、関西は年収300万~から成婚しやすい。

成婚しやすさ 300万~ 400万~
東海 194.2% 254.3%
関西 110.9% 398.2%

(IBJ成婚白書2019年度版)

30~34歳男性の場合

30代前半も全国・関東は「年収400万~」が成婚しやすい。
関東の「年収300万~」は低調。(過去3年間)

森とうゆうこ

関東の女性は「年収500万とはいわなくても、400万ぐらい稼ぐ男性と結婚したい」という声は多いです。

出典元:IBJ成婚白書2017年、2018年、2019年度版

東海、関西は下記の通り。

関西は年収300万から成婚しやすい。

成婚しやすさ 300万~ 400万~
東海 55.0% 148.7%
関西 115.2% 141.0%

35~39歳男性の場合

IBJ結婚相談所で最も成婚者が多い年齢層。

全国、関東ともに「年収500万~」が成婚しやすい。

森とうゆうこ

2019年度の関東は年収500万男性の成婚率がさらに上昇してます。
【超最新版】「普通の人でいいのに」年収500万30代男子と結婚は難関大受験並み?

出典元:IBJ成婚白書2017年、2018年、2019年度版

東海、関西は下記の通り。

東海・関西は「年収400万~」が成婚しやすい。

成婚しやすさ 300万~ 400万~
東海 45.3% 148.7%
関西 70.0% 103.5%

40~44歳男性の場合

全国では年収600万以上
関東では年収700万以上というハイレベル

森とうゆうこ

年収500万円~は過去3年間をみても、成婚しにくい傾向があります

出典元:IBJ成婚白書2017年、2018年、2019年度版

森とうゆうこ

40代前半男性の成婚ポイントは女性との年齢差。
この年齢層の方は10歳以上離れた女性に申し込みをする方が多く、成婚の成否が分かれます
結婚相談所の相手との年齢差はどこまで可能なの?

45~49歳男性の場合

「全国」では年収800万円以上。
関東」ではなんと1,500万円以上!(レイアウト上、記載していません)

森とうゆうこ

女性から求められる経済力の高さに加え、「子供がほしい」と「30代前半の女性」へのお見合い申し込みが増える年代。お見合いすらできない方も多いです

また、老親の介護費用、再婚希望者による前妻との子どもの養育費がある方も増え、男性は経済力がより求められる傾向にあります。

出典元:IBJ成婚白書2017年、2018年、2019年度版

まとめ

「IBJ成婚白書2019年版」を中心に、3年間の「年収と成婚しやすさの変化」をご紹介しました。

「男性の婚活に年齢は関係ない」という声はあるものの、女性からは「年齢が上がるなら、年収を期待する」というリアルな要望が見られます。

この3年間の中で年齢ごとに「年収上昇」「現状維持」または「年収下降」も見られました。

ただ、これはもう過去の動きといえるのかもしれません。

本来であれば、この傾向を軸にお相手選びを考えることはできました。

コロナの影響により2020年の経済は大打撃、これから数年にかけて収入減も充分予想されます。

男性は「経済力が安定すれば結婚したい」
女性は「これからが不安だから結婚したい」

この傾向はコロナ以降の「女性の入会者増、男性の入会者低調」の状況が如実に示しています。

2020年の婚活はこれまでとは違う「新しい生活様式」ならぬ「新しい婚活意識」も確実に必要です。

何を変えるのは人それぞれですが、その試行錯誤をいち早く始め、実践する方がコロナ禍の中でも「成婚」を手にするように感じます。