【激戦アラサー女子。見事ご成婚】婚活しておけばよかったと後悔したくなかった

こんにちわ。森とう(@MoritoYuko)です。

千葉県柏市で結婚相談所「森とうゆうこの幸せ結婚相談所」を経営しています。

先日、2月にご成婚退会された30代女性会員の方から「ご成婚幸せの声」が届きました。

彼女は33歳。某大手企業の営業職で高収入女子。活動期間7ヵ月。

お相手は3歳年上の男性です。(こちらも高年収…)

 

アラサー女子の婚活は男女比が4:6~3:7にもなり、激戦です。

彼女はしかも婚活が厳しくなると言われる高収入女性。お便りの中で「辞めようかと思った」と書いています。

では、なぜ彼女が「30歳前半激戦ゾーン」「高収入女性」というハードルを乗り越えて、「理想のお相手」と出会えたのか、ご紹介します。

同じような状況にある婚活女性の励ましになればと思います。

「あの時婚活しておけばよかったと後悔したくない」

結婚相談所の女性の年齢層は①30代前半②30代後半③40代前半が多いです。

 

「30代女性の婚活はとても競争率も高くて大変ですよ」と伝えました。

すると、彼女は「あの時、婚活しておけばよかったと後悔したくない。自分の家族がほしいです」とキッパリ。

私との婚活物語がスタートした瞬間です。

 

写真は銀座の婚活スタジオで撮りました。

女性は婚活写真次第でお見合いの成立が左右されるところはあります。でもやりすぎは逆効果。

このスタジオでは、女性カメラマンさんとメイクさんとワイワイ相談しながらです。

彼女もとても楽しそうでした。

 

 

まもなく、写真が出来上がると、日本結婚相談所連盟のデータベースに登録され、活動スタート。

入会直後は「新会員」として注目度も高いので、沢山の男性からお見合いお申込みがありました。

 

婚活に冷静さを失わなかった

…でも、それもつかの間。
10月、11月、12月…。お見合いが成立しない冬の時代到来。婚活女性の多くが辞めたくなる魔の3か月です。

 

婚活が自分の思うように進まないと他責に走る人がいます。

  • IBJにはいい人がいない
  • 結婚相談所は何もしてくれない

 

彼女は落ち込みました。連絡が一週間取れない時もありました。

それでも、「仕事が忙しかったんです」と私に不満をぶつけることはありませんでした。

「落ち込んでます。でもここで頑張らないとですね。」と。

お見合いが成立すれば、どんな時も笑顔で挑戦。涙ぐましいほどでした。

それでも彼女は不安だったと思いますが。

 

婚活も気分転換は大事

停滞期の頃、彼女から「メイクが苦手」という言葉を聞きました。

そこでメイクセラピストの友人と一緒に、他の女性会員の方達と婚活メイクレッスンを行いました。

みなさん、とても真剣で興味津々。

 

出来ることはすべて精一杯トライした彼女。

振り返ればたくさんの思い出がありましたが、活動した期間はたった7ヵ月。

 

希望条件を「1点だけ」にしぼれてから新展開

 

彼女も最初の頃は多くの女性と同様に「あれもこれも満たしてくれる男性がいい!」と言っていました。

婚活を進めていく中で、自分自身を冷静に見つめていました。

そして最後の希望は「この1点だけはこだわりたい」と。

「1点だけ」が彼女の婚活の成功

ってどんな内容か、気になりますよね。でも内緒。ご想像にお任せします。(笑)

 

そして、しばらくすると運命の出会いとなる彼とのお見合い。

お見合いの日は冬の寒い朝でした。

私と彼女はお見合い場所のホテルラウンジへ。彼が登場したら、私は退散です。

 

1時間後、お見合いを終えた彼女からこんな言葉がありました。

「これまでお会いしてきた方達の中で一番リラックスできました。」

彼女は本当にうれしそう。そしてふたりとも思いが通じて、「仮交際」へ。

 

「長かったと思ってもたった6カ月だった」と

交際は順調。

お互い、結婚する気持ちが高く、嬉しい報告がありました。

 

 

 

婚約者となる彼と彼女と3人で「お祝い会」をしました。

 

お二人が本当に幸せそうで、「幸せです。」「しあわせです?」と。

私も幸せです。

若いお二人に囲まれると、オバちゃん度がバレバレ

 

ご成婚者の方に「幸せの声を次に続く方達に残していってもらえますか?」と聞くと、メッセージを届けてくれました。

 

 

本当におめでとうございます。

「婚活する」という決意よりも行動です。

本当にこのことに尽きます。

彼女は行動しました。だから結婚できました。

末永くお幸せに。

 

 

恥ずかしがり屋の理系男子さんたち。これまでご成婚までサポートさせて頂いた方々本当に言葉少ないコメントもあります。

日本の理系男子さんたちって…。(笑)声はこちら

直接出向くのはプレッシャー。でも聞いてみたい…そんなお声に対応しました。