「この人に会いたい」につなげる「婚活写真」に大切なこと

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。

あなたの魅力を惹きたててくれる写真は重要です。
では、実際、どうしたら「この人に会いたい」と思ってもらえるには。
「婚活撮影スタジオ」に行く場合として、3つのポイントをご紹介します。

撮影には仲人の方と一緒に。

婚活は入会して2週間が一番注目されます。30代の場合は男女ともに平均2000名の方から「閲覧」されます。

この時期を活かしたい、良縁につながる人に会いたい。どうしたらいいかわからない…。
撮影には結婚相談所の担当者と同行してもらうことがおススメです。

結婚相談所では婚活スタジオの最新情報を把握しています。
男性の撮影が得意、女性の撮影が得意、また婚活者の方のご性格も考慮して「相性が良さそうなカメラマン」をご紹介します。

カメラマンにとっても、初対面の婚活者の方だけよりも、すでに「知り合い」の結婚相談所の担当者がいるほうが場がお互いに緊張がほぐれて撮影しやすい、と言います。

撮影自体はどうしても緊張します。
でもその時のドキドキしたお気持ちから担当者と共有できれば、その後の婚活のいろいろな出来事もきっと一緒に乗り越えていけると思います。
ひとりで行ったほうが気が楽、という方はもちろんおひとりでかまいません。

洋服選びはお見合いの時と同じに

撮影の洋服は悩みませんか?
プロフィール写真の洋服とお見合いの時の洋服はできれば同じスタイルをおススメします。
綺麗にヘアスタイルを作って撮影した「プロフィール写真」と、普段とはどうしても差はでます。

さらに洋服まで大きく変えてしまうと、お相手はお見合いの場で「写真とのギャップ」を感じてしまいます。
印象の違いに動揺してしまい、肝心のお見合いが上の空になってしまった…とという場合もあります。

男性ファッションはジャケパンがおススメ

男性は、誠実さ、信頼感を表現しやすい「紺色」や「黒」系のダークスーツがこれまでは主流でした。
最近はより親しみやすさやデートの時との違和感を感じさせないためにカジュアル化が進んでいます。

「ジャケパン」と言われる「ジャケット+パンツ」のコーディネートです。

このスタイルであれば、普段あまりスーツを着ないエンジニアの方やカジュアルスタイルでの勤務が可能な方達も、普段使わないスーツを購入する必要がありません。
「カジュアルコーデなら、この際、新しく買ってもいいかも」と思われる方は、結婚相談所の担当者に一緒に買い物に同行してもらうといいでしょう。

女性ファッションは明るめの色

女性も最近は「洋服はビジネスシーンを意識した色ばかりで明るい色の洋服を持っていない」とお聞きします。
モノトーン系の洋服やベージュ系のナチュラルな色。ビジネスでは信頼感、安心感を与えてステキです。

婚活写真はプライベートな世界です。少し明るめの印象がおススメです。

お見合いの場では、ご本人の生き生きとした表情や笑い声、声のトーンで魅力を表現できます。
でもまずはプロフィール写真で「この人に会ってみたい」と男性に注目される必要があります。

男性は自分たちにはない「魅力」を女性に求めます。
自分たちが着ているモノトーンの洋服は「自分たちと同じ=同僚」の感覚になりやすい。
真剣に仕事に打ち込んでいる女性であればあるほど、洋服も「男性化」しています。
そうせざるを得ない現実もよくわかります。

ただ、ひとつだけ考えてほしいこと。
婚活を始めた理由です。あなたも男性と同じように安らぎのある家庭を求めていませんか。

それなら、安らぎを表現できるような洋服で婚活に臨んだほうが男性にも「わかりやすい」と思います。
高いブランドのワンピースを買う必要はないです。
手ごろな価格で、あなたなりの「明るい安らぎのある色」をご用意ください。
もし悩んだら、やはり担当者にご相談ください。

担当者の方が撮影に同行してくれるのであれば、いくつか候補の洋服を持ってきて相談するのもいいです。
ちょっと荷物が多くて大変ですが、頑張りましょう。

まとめ

プロフィール写真の費用はIBJ提携の優良写真スタジオの場合は2万円前後になります。

人間は外見よりも中身…とはいいますが、それはお見合いにならないと中身は伝えることはできません。

「あなたを待っている人」に「あなたの良さ」が伝わるような素敵な一枚を撮ってくださいね。