【プロフィール】お見合いが成立しやすい書き方、嫌われる書き方とは

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

入会後にプロフィールの更新をしていますか?

あなたの婚活が次の状況であれば早急にプロフィールの改定をお勧めします。

  • 写真はスタジオ撮影
  • 年収・年齢も中心ゾーン
  • 10人以上申し込みをしているのに成立しない
  • 申し受けも思うような人が来ない
  • プロフィールを公開後読み返していない

IBJの場合ですが、アプリ機能の充実により閲覧はほぼ「スマホ」。

スマホで簡単にいろいろな人を見られるのはメリットです。

ただデメリットとしてスクロールで「簡単に読み飛ばされてしまう」ことがあります。

婚活はとてもデリケートな行動。
多くの方を少しでも多く探したいと思う反面、無意識に「この人は安全か」と防衛機能も働いています。

森とうゆうこ

「ネガティブな表現」に大変敏感になるということです。
ネガティブではないです」も「ネガティブ」という言葉だけが相手に印象づけられてしまうということですね

婚活男性2

多くの方は相手のプロフィールばかりに気がとられ、一方で自分のプロフィールをないがしろにしています。

森とうゆうこ

相手もあなたのプロフィールを読んでいます。

今回はどのような表現が相手から嫌われるのか、その理由と改善策をご紹介します。

あなたの明日からの婚活の改善に参考ください。

「この人はやめよう」につながりやすい言葉10選

森とうゆうこ

ポジティブな言葉よりネガティブは目立ちやすいです。

次の言葉はプロフィールの中でよくみられる「ネガティブな印象」一覧です。

ネガティブな印象”言葉10選
  1. 人見知りする
  2. 緊張感、緊張しやすい
  3. マイペース
  4. ~は苦手
  5. クール
  6. こだわり
  7. 慎重
  8. シャイ
  9. 天然、天然ボケ
  10. 好き嫌い

森とうゆうこ

つい使ってしまうのかもしれませんが、相手からは「重い」「言い訳がましい」という印象しか残さないです。

【人見知り、マイペース】がなぜ避けられる?

大変多く見かけるネガティブな言葉が「人見知り」「マイペースです」というセリフ。

「人見知り」は「私はデリケートだから気を使え」という重い印象を受けます。

婚活男性

「マイペース」という人は「交際も進まなそう」という印象があります。

婚活女性

不安な自分を受け入れてほしい、自分のペースを保ちたい、という気持ちはわかりますが、実際は「人見知りではない」「マイペースではない」人達からお見合いが成立しています。

【緊張感、緊張しやすい】がなせ避けられる?

男性のプロフィールによく見かけます。
「緊張感を持って仕事に邁進しています」と仕事の頑張りを表現されるようです。

結婚生活まで緊張感強いられそう

婚活女性

女性には誤解されやすい表現のようです。
「緊張しやすい性格です」に代わるような表現はありませんか?

婚活男性

森とうゆうこ

「なんでも初心の気持ちで取り組みます」といった表現はいかがでしょうか。

【苦手、シャイ】がなせ避けられる?

「~が苦手」「シャイなところがあります」という表現で見かけます。

こちらも「人見知り」に似ていますが、相手に気を使わせ、かつ「積極性に欠ける」「頼りない」という印象まで与えてしまいます。

森とうゆうこ

「苦手」を相手に伝えたところで、お相手が「ぜひ会いましょう」にはならないです。

【クール、クールビューティ】がなぜ避けられる?

女性に多くみかける表現です。
「凛(りん)とした」「毅然とした」「自立した」という印象でビジネスやファッションの世界では高評価な言葉かもしれませんが、「幸せな結婚生活」とは真逆の印象があるようです。

森とうゆうこ

言葉のとおり「冷たい人なんだな」という印象もあたえています

【天然、天然ボケ】がなぜ避けられる

「かわいらしい」というイメージを期待して使われるようですが、なかなか真意は伝わりにくい表現。

天然、天然ボケって学生ならまだいいとして、大人で主張されたら「おまえ、ダイジョウブか?」と思いますね…

婚活男性

似たような表現に「天真爛漫」もありますが、小さな子供向けの言葉です。

森とうゆうこ

「いつもポジティブを心がけています」というシンプルな表現をお勧めします。

【好き嫌い】がなぜ避けられる?

好き嫌いはありません」という表現で食べ物や趣味などの説明に使われる方は多いようですが、相手には嫌い」というネガティブな言葉の印象が残ります

森とうゆうこ

「なんでも食べます」「なんでもトライする方です」といった言葉に変えるほうがいいかもしれません。

「誤解されやすい」表現もある

避けられる、まではいかなくても「誤解されやすい」表現もあります。
別の表現に変えることをお勧めしたい言葉は次の通り。

誤解されやすい言葉
争いごと/くだらない/寂しがり/ハッキリ/リスク(はとりません)/わがまま(はいいません)/せっかち(ではありません)/とっつきにくい(ことでもします)

【争い事】がなぜ誤解される?

争いことを好みません」といった表現で使われています。

過去にどれだけ争いごとがあったのかと逆に不安に感じます。

婚活女性

森とうゆうこ

「夫婦、家族を大切にしたい」とさらっとまとめることをお勧めします。

【くだらない】がなぜ誤解される?

「~といったくだらない趣味をしています」「くだらないことも話し合いたい」といった表現で見かけます。

「これはくだらない」「あれはくだらなくない」と決裁されるようで、上から目線を感じます。

婚活女性


森とうゆうこ

「どんなことも話し合いたい」で十分ニュアンスは伝わります。

まとめ

婚活中はどなたもとてもデリケートになります。
「この人は大丈夫か」という意識でプロフィールをみます。
ネガティブな言葉には敏感です。

ただ、今は閲覧はパソコンではなく、簡単に読み飛ばされるスマホが大勢ということは留意すべきです。

森とうゆうこ

実際に今日もあなたはスマホアプリで検索しませんでしたか?
そして、ちょっとした表現があなたが期待するような意味ではなく、別の解釈をされてしまう可能性があります。
プロフィール表現の難しさ
【期待】
ネガティブ+否定=ポジティブ

【現実】
ネガティブ+否定=ネガティブ
年齢だから、美人じゃないから、経済力が弱いから、ではなく多くの方が自分のプロフィールの言葉使い、表現でお見合い成立を止めてします。
ライバルとは常に僅差です。
ちょっとした表現の差がチャンスを生み、そしてチャンスを逃しています。

ぜひ今から自分のプロフィールを読み直してください。
プロフィールを更新しながら活動することが「成婚する婚活」につながります。