各種ご案内

【35歳女性ご成婚】今や女性も職業がデメリット?! 婚活するまで3か月悩み「活動5カ月で成婚した覚悟」とは

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

今回は35歳で入会、ちょうど36歳のお誕生日にプロポーズされた女性会員様の成婚体験記です。お相手男性は6歳年上の初婚の会社員男性です。

お誕生日にプロポーズというととてもキラキラした部分ばかりが強調されますが、女性は初回相談から入会まで3か月間悩みました。

「自分の職業が婚活には大変不利」ということに気持ちをまとめる必要があったためです。

女性は職業よりも「顔と若さ」なんじゃないんですか?

森とうゆうこ

そういう男性も一部いるかもしれませんが、近年、女性の職業は成婚しやすさにも影響しています。

森とうゆうこ

男性の先行き不安=女性にも収入を期待になってきているのかもしれません

でも、それって女性が「仕事も家庭も」とツラくなりませんか?

森とうゆうこ

相手が「話し合える人」ではないと、その危険性はありますね。

結婚相談所の婚活はスピード感があるため、「走りながら考える」は実はとても難しいです。

自分の「条件」に不安要素があり、そのまま活動をはじめても「結婚したい気持ちが先行」して、不安要素があるのに盲目になってしまう人もいます。

女性は初回相談中にその不安を改めて感じ、入会まで3か月をかけ、自分自身と向き合いました。

いざ活動を始めると、5カ月で成婚です。

自分と向き合い、十分気持ちの準備を整えたからこそ、走り抜けることができたように感じます。

仕事を続けたくても結婚するには辞めなければならないと考えたまじめな女性の奮闘記をご覧ください。

目次

入会まで考えたこと

婚活パーティーや友人の紹介などで出会いを探した経験はあったのですが、うまくいかず、自分には結婚なんて無理だと決めつけていました。

しかし、コロナ禍で自分と向き合う時間が増え、「もう一度挑戦してみよう。もう一度挑戦するなら今しかない。」という気持ちになりました。諦めていたつもりが、諦められていなかったんですね。

  • 婚活を始める前の不安、悩んだこと、決断した理由

まず始めたのは、これまでの婚活がなぜうまくいかなかったのか、理由を考えることでした。

理由は二つあると思いました。

一つ目は、仕事に関して今後の見通しを立てていなかった。
二つ目は、服装やメイクなどの見た目の問題をないがしろにしてきた。

まず仕事に関して。私の仕事は男性からみた人気の職業とはかけ離れたものでした…。

更に、結婚しても続けたいかどうかという自分の考えがあいまいでした。

自分の仕事が特殊な職業のため、これに関しては自分にとって周りにとって、どうすることが一番いいのかすごく考えました。

結果として、辞めることに決めたわけですが、条件としては最悪になります。

今の時代、「結婚したら仕事を辞める」なんていう人に相手が見つかるはずもありません。

仕事に一生懸命で向上心のある女性は素敵ですし、育休・産休・時短勤務など手当や環境が整っている人を選んだ方がいいに決まっています。
私はお相手に「世帯収入が増える」というメリットも与えられません。
私は苦戦することは容易に想像出来ました。

初回入会相談でも同じ話になり、入会まで3か月ほど悩みました。しっかり考えたかった。

でも、結婚をあきらめられないし、子どもを望んでみたい。もう先延ばしはできないし、新しい仕事を見つけてからにしようかといろいろ考えましたが、このままで挑もうと腹をくくりました。

そして、服装やメイクに関しては、誰かの助けが必要だと考えました。

服装やメイクがかなり重要であることには気づいていたのですが、もともと関心が無いのでどうしたらいいかわからなかったんです。



相談所を選ぶ中でも、担当カウンセラーさんのセンスはチェックしました。

入会面談の日、森とうさんは白いブラウスと水色のスカートを着ていました。爽やかで、形も今どき、そしてとても似合っていました。とても素敵だったので、この方のところで活動したいなと思いました。

婚活を始めてから成婚退会までの気持ち

自分を選んでくれる人なんていないだろうから、最終的には自分がどこまで妥協できるかとの勝負と思っていました。
しかし、実際にはすぐに気に入った相手を見つけることができて、ただずっと楽しくデートをしていました。

こんなに楽しいだけでいいのかと逆に不安になるくらいです。

成婚退会となっても、ただ楽しくデートしていただけなのに本当にいいのかなと不思議な感じでした。

相談所の婚活では交際のステージが明確に示されていたり、交際中に話しておくべきことが明確に示されていたりして、スムーズにお付き合いを進められる環境が整えられていたように思います。

とはいえ、どういうスピード感でお付き合いを進めるのが適当なのかはわかりません。
だから、交際の進捗状況を見て、ぐいぐいと後押ししてくれる、経験豊富なカウンセラーさんの存在は心強かったです。

プロフィールの作成に関しても、外に出して恥ずかしくないくらいまで添削していただけたのが良かったです。気後れすることなく活動に臨むことができました。

森とうさんに提案いただいた「パートナーの方と一緒に、たわいもない話をしながら、散歩などできたら嬉しいです。」という一文は、カレとの成婚につながる大もとであったように思います。

どんなデートをしたらいいか見当もつかなかったのですが、こんなデートがしたいなというイメージにつながりました。
初デートから、食事のあとに公園巡りが出来ましたし、その後も楽しく公園デートを重ねることができました。

これからも続けていって健康長寿をめざせたらいいなと思います。

カメラマンさんの日比野さんにとっていただいた写真もとても素敵で、気後れすることなく活動をすることができました。

日比野さんからもエネルギーをたくさんいただきました。私にとっては結構大事だったのかもしれません。

メイクに関しても全然わからず、森とうさんに「メイクは当日ドンドン聞いたらいい」と言われ、メイクを担当して下さった日比野さんの奥様に似合う色などを教えていただいて、とても助かりました。

「オレンジがかったピンクが似合いますよ」と言われて、今も気に入って使っています。

森とうゆうこ

今回撮影頂いたカメラマンさんは「スタジオアニバーサリー」さんです。
修正加工に依存せず、表情だけでとてもきれいに撮ってくれます。女性は特にお勧めです。

「この人にしよう」と思った決め手

まずはプロフィールの文章が良かったです。内容としてもなんて気取らない人なのだろうと思いました。

実際にお会いして、温かみのあるところや朗らかなところなど、安心感がありました。

一緒に居ると楽しいし、自然体で居られます。お付き合いを続けるうちに、前向きなところや頼もしいところ、尊敬できるところなど良いところがどんどん見つかりました。

家探しなど、結婚に向けてもろもろの準備をしていますが、自分に無いものを持っている人と行動するというのは実際に大変心強いものです。

色々と書きましたが、「好きだから結婚したい」とハッキリ言ってくれたことが一番の理由かもしれません。本人はそんなことを言ったなんて忘れているかもしれませんが。(笑)

婚活を振り返って

結婚はゴールではなくスタートらしいです。

これからどんなことが起こるか想像できませんし、正直、不安もたくさんあります。

前向きに一歩一歩進んで行きたいと思います。

担当者からの振り返り

婚活を始めるまでにとても悩み、そして本気の覚悟で臨んだ女性でした。

人にはそれぞれ事情があります。ただ、婚活は「…だからあなたは特別ね」ということはありません。

婚活をする人はみな平等です。時間もチャンスも平等にあり、どう利用していくかはその人次第。

「走りながら解決する」という方法も確かにあります。ただ、それは「自分の覚悟が決まった状態」で成り立つことと考えます。

婚活は「なんとなく…といった気持ちで始めないこと」。これは鉄則です。

とても知的で愛情深い女性でした。このような女性に弊社を選んで頂き、結果を出して下さったことを誇りに思います。

女性は真剣交際中は「楽しいだけだった」と言っていますが、毎回の報告は丁寧に結婚後のすりあわせがあり、男性を尊重し、親紹介を済ませ、成婚退会後はさっそく両家顔合わせ。今は新居選びに進んでいます。

きっとしっかり気丈な奥様として素敵な家庭を築かれると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる