【37歳男性ご成婚】活動7カ月「男婚活」を成功させた心構えをご紹介!

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

弊社男性会員37歳の方がご成婚されました。活動期間は7ヵ月。
仕事の多忙で2カ月間休会もされています。

そのため、活動期間は正確には5カ月。交際期間は3か月ほど。

高身長、高年収、イケメン…という条件がそろった方ではありました。
でも、IBJの中には条件が良くても婚活では迷走してしまう男性が多いのは現実です。

なぜ彼が多忙な日々の中で、「結婚」という目標設定を定め、成果を出すことができたのか。

アンケートに丁寧に答えてくれました。6つの質問に答えてくれています。

時に真剣に、時に自分に厳しく、といった姿勢が見えてきます。

ご成婚者の方のリアルな声をご覧ください。

婚活をする中で「結婚相談所」をどうして選ぼうと思いましたか?

勧められたのは父親からの紹介で、正直、乗り気ではありませんでした。というのも、「結婚」というものは非常にセンシティブなもの。
他人に思いや悩みを打ち明けるということに抵抗が少なからずあったためです。

なぜ弊社で活動してみようと思われましたか?

しかし、最初に面談したときに非常に話しやすく、自身の成果のためにガツガツ押し付けてくるようなこともなく、「ありのままで自分らしく進めていきましょう」といった雰囲気を出してくれたので、この人なら信用できるかなと思ったのでお願いすることにいたしました。婚活のお見合いの前に、相談所のお見合いをしたような気分でした。

結婚相談所に入って、イメージと違ったこと、驚いたこと、意外に良かったこと、などお聞かせ下さい。

専用のアプリ(IBJS)を使って、お見合いを受けるか否かなどができるので、空いた時間に確認することができ、自分のペースでできたのが良かったです。
同じ時間帯で、同じホテルのラウンジのあちらこちらでお見合いをしているのには驚きました。

お相手選びの中で大切にしたことは何ですか?

どうしても、視覚的情報の条件面などで相手が自分に合うかという目線で判断しようとしてしまいます。
でも、翻って、自分が相手に合うかどうかを頭で考えるようにしました。その後、会ってみて感覚的にも居心地が良いかどうか、相手に不快感を与えていないかどうかを確認していました。自分が相手を選んでいるのではなく、誰に選んでもらいたいかという目線を大事にするようにしていました。」

森とうゆうこの幸せ結婚相談所にはどんな人に合うと思いますか?

…いやぁ〜、誰でもいいんじゃないですかね?(笑)
真面目に言えば、能動的に自分からガツガツいける人は別に他でもいいのかぁと思います。

それよりは、自分のペースでゆっくりと落ち着いて行動していきたい、という人のほうが良い気がします。

婚活をがんばっている人、始めようとしているかたに応援メッセージを

…なんか偉そうで、非常におこがましいですけれど…
まずは自分には大した価値はなく、何者でもないということを自覚し、自分が選んでいるなんて言う傲慢な考えを改めて、誰に選んでもらいたいか、(無理に背伸びをせず)どうしたら他人に選んでもらえるのだろうかということを考えることが必要だと思います。
自分の欠点みたいなものも互いにさらけ出しあって、許しあえる人かどうかを見極めることが重要なのではないでしょうか?どうせこの結婚が良いものだったか失敗だったかなんて死ぬまでわからないんだから、頭で考えていてもわかんないですよ。
その時々の、感覚に素直になっていれば良いんじゃないですかね?Don’t think. Feel!
It’s like a finger pointing away to the moon.
Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”
…ってブルース・リーも言ってるんだから、ね?

まとめ

ブルース・リーの言葉まで出てきました。(笑)

男性は最初はすごく否定的な印象で結婚相談所での婚活を始めた、とのことでした。

その中で、ご自分の人生も踏まえながら、常に相手目線を意識していたところが成婚の秘訣だったように感じます。

お相手女性はとても素敵なスレンダー美人。高身長でとてもお似合いのカップルです。

男性はこのアンケートのほかに、次のような言葉を残してくれした。

婚活には主観と客観のバランス、頭と心のバランスが大切かもしれません。

人との出会いや別れは自分以外の力で仕組まれているような気がします。
その時、その状況に合う人と引き合わせられているような感じです。

だから、その状況や環境が変わったら、自然と離れて行ったり。
また違う人と出会ったりするように人生には仕組まれているように感じます。
自分がどうこうできる範囲なんてわずかですよ。

婚活で陥りがちな自分主張と常に距離を持とうとしていた姿を感じます。

男性の言葉は時として厳しいようですが、相手に自分は何が出来るのか、といったお相手への愛情をすごく感じる方でした。

今は「新居探しに忙しいですよ」とのこと。

これからのお二人の幸せを願っています。ご成婚おめでとうございます。