仮交際で女性からお断りされる男性の5つの特徴

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。

女性が6割(30代後半は7割)の結婚相談所でせっかく婚活を始めたのに、婚活がうまくいかない男性はいます。
結婚の条件(年齢・年収・職業)が揃っている男性にも多く見られます。

女性が結婚したいと思える男性の条件
①自分との年齢差4~5歳上
(結婚相談所は20代後半~30代女性が6割)
②年収500万以上
③ホワイトカラー

お見合いを突破して、晴れて交際成立したのに、次のデートで「交際終了」になる男性には5つの特徴があります。

自分の意見を言わない

女性に気を使って「言えない」のかもしれません。
でも、女性は「この人はあまり自分との話を真剣に聞いていないのでは」と不安になるようです。

デート先のレストラン情報は女性のほうが情報収集能力に長けています。
でも女性は「男性にエスコートしてもらいたい」という願望があります。
結婚前の女性は夢がいっぱいです。

ゼクシィのテレビをCMを見るたびに、よくマーケティングしているなと感心します。
女性のプリンセス感をうまく表現しているからです。

でも安心してください。
結婚後は女性は男性より現実的になります。
お店選びや旅行先もしっかり選んでくるようになります。
そのような女性だからこそ、結婚できるわけでもありますが。

その話題に興味がなければ、「よくわかないけど僕はこう思う」と言ってみて下さい。
女性は「この人はこの話題にあまり乗ってこない」と理解することができます。

仕事の場でも相手が何も言わない、意見をいわれない、というのは不安になりませんか?
自分なりに建設的な意見を言う。婚活でも同じです。

誘って来ない

女性から意外と相談されるのが「デートに誘われない」。

「夜にLINEでなんどもやりとりするのに、次のデートの誘いが来ない。」
「週末に『何してるの?』とLINEがきて、『ヒマだよ』と答えても誘って来ない。」

女性から誘えばいいのでは、とも思いますが、女性も同じように「断られるのが怖く」感じています。

男性にその女性に興味がないのであれば、すぐにでも交際終了にするのが婚活のマナーです。

男性が誘わなければ、男性がなんでも主導しなければ、とも思いません。
「デートに誘えるタイミングがわからない」だけであれば、担当カウンセラーに相談してみましょう。
冷静なアドバイスがもらえると思います。

ダメだしをしてくる

デートの内容を決めようとしているのに、「それはよくない」「それだと忙しい」「それはあんまり…」
ではどうしたらいいの?と女性にうんざりされる男性がいます。

結婚相談所のカップルは男性が3~4歳年上が多く、プレ交際中は敬語でお話することを推奨しています。
まだ関係が浅い年上男性からの「タメ口」は、上から目線で受け取られる可能性が高いからです。

さらに、30歳代になると職場でリーダーや係長という人もいますが、なにかを決めるとなると、なぜか「職場の上司」に豹変してしまう方がいます。

女性は男性にリードしてもらいたいと思っていますが、決裁されたいとは思いません。

自分語りをする

「次のデートの日程をきめたい」という話題なのに、自分の都合を事細かに話したり、聞いていないことをとても説明してしまう人がいます。

女性「次(お会いするとき)はいつにしますか?」
男性「日曜日は友達とでかけるんですよ。場所は○○に行ってきます。中学時代からの友人達で…○△◆@・」「土日は実家の法事に出るんです。親戚が多くて、○○に住んでて…。」
女性「…(それ聞いてないなぁ…)」

女性に「わかってもらいたい」という気持ちは山々です。
でも男性が仕事で忙しいように、女性も仕事は忙しく、夜も疲れています。

女性は共感能力が高い方が多く、「そうなんすね」「いそがしいのですね」と察した回答をしてくれますが、満足しているのは男性だけ。

本来、女性のほうが「共感してもらいたい、聞いてもらいたい」という特長も覚えておくことをお勧めします。

婚活で早く成果を出したいと焦る男性ほど、自分語り、自分アピールに邁進して、失敗していく方が多いです。

お金にセコイ

男性の「女性の金銭感覚を確認したい」という気持ちはよくわかります。

「男がおごって当たり前」と態度からも出てしまう女性は確かにいます。
結婚しても「男は○○して当たり前」になってしまうでしょう。お勧めしません。

多くの女性は豪華なフランス料理や、夢のようなスマートなエスコートを要求してくるわけではありません。
女子会で夢物語に話が咲くことはあるかもしれませんが、男性の同じようなことはあるでしょう。

レストラン選びの際に「ここは○○ポイントがつくからお得だからいこう」「ここはコスパが悪い」といった会話が毎回出てくる方がいます。

また、混んでいるお店の会計で、トクになるからと、わざわざスマホを開いて、アプリを開いて、会員コードをスキャンしてもらい、ポイントやクーポンを確認して、ポイントがつくからと○○カードを探して払う…。所要時間5分。ふり返ると、会計待ちの方がズラリ…。女性はもういたたまれません。

また、結婚後の女性の働き方についても「指示」と受け取られる話をしてしまう方がいます。

男性「僕がメインで働くけど、君の給料は捨てがたいし、福利厚生もいいから、家事に影響しない程度にほどほどに働いてほしい。時給換算で行くと…」
女性「(何なの!この人ないわ!)」

お金の話はとても大切です。結婚は生活そのものです。

共働きが当たり前の時代とはいえ、先の話はセコさが漂い、女性に対する敬意がありません。

コスパの話は男性は大好きですが、女性の前ではほどほどに。
むしろ「しない」と意識したほうががいいかもしれません。それでも端々に出てしまうので。

まとめ

婚活女性達から出てきた声の「上位5位」をまとめたものです。
婚活が順調な男性に、この5つの要素が全くない、というわけではありません。
でも、交際がなかなかうまくいかない人は5つの項目が複数で強く該当している可能性があります。

女性は男性に完璧さを求めているわけでは決してありません。

自分ではなかなか気づけない…
信頼できる人に相談してみるもいいですし、結婚相談所に相談してみるのは一番最短距離ではないでしょうか。