仮交際女性に交際終了される男性のがんばり過ぎた行動とは

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちは。柏市で結婚相談所を経営しています。

突然ですが、結婚相談所は女性が6割(30代後半は7割)です。

にもかかわらず、「結婚の条件が揃っている」とされる男性であっても、交際が進まない方は多いです。

多くは気を使い過ぎ、気を回し過ぎ、急ぎ過ぎ、猛進し過ぎ。

悪かれではないので、もしかしたら…と思ったら、ご参考下さい。

1「女性の意見」尊重し過ぎて、嫌われる

女性から嫌われないように、意向を尊重しているつもりが、女性からは「この人は自分の意見を言わない。私との交際は真剣に考えていない」と逆に思われているというケースがあります。意外と多いです。

たとえ、その話題に知識がなく、意見がいえなくても、「僕はよくわかないけど、こう思う」と言ってみて下さい。

女性は「自分の話題に向き合ってくれた」と基本的には好感を持ってくれます。

そして、「この話題については、私が主導してもいいのかも」と積極的に話を広げてくれるかもしれません。
女性は「話を聞いてくれる男性が大好き」です。

2「女性の都合」考え過ぎて、誘えない

こちらも、大変良く相談されるのが「デートに誘ってこない」

男性側の言い分は「女性は忙しそうだし、デートも誘いにくい。」

女性は基本的に「男性にエスコートしてもらいたい」という思いがあります。

そして、多くの女性は男性よりも婚活は厳しく、「自分から誘ってお断りされたら、怖い」と、不安でたまらないのです。

少し女性の肩を持っているように感じるかもしれません。

女性の中では、この現実を知らず、男性に依存体質の方もいるかもしれません。

でも、「結婚相談所で女性は厳しい」ことは変わらず、現実です。

もし、男性に「会う」気持ちがないのであれば、一日も早く交際終了にするのは婚活のマナーではあります。

「デートに誘うタイミングがわからない」のであれば、正直に担当カウンセラーに相談してみてください。

具体的な状況を報告したほうが、より確実にアドバイスがもらえると思います。

3「リードしよう」気づかぬうちに上司感

デートの内容を決めようと相談しているつもりが、「それはよくない」「それだと忙しい」「それはあんまり…」

「ではどうしたらいいの?」と女性にうんざりされる男性がいます。

結婚相談所のカップルは男性が3~4歳年上が多く、30歳代では職場でリーダーや係長という人もいます。

そして、何か決めるとなると、「職場の上司感」が顔を出してしまう方がいます。

仮交際まもなくは、お互いに「敬語」を推奨しています。

男性の「タメ口」は、上から目線で受け取られる可能性も高いためです。

男性は真面目に物事を決めようとするほど、口調は決裁論調になりやすい傾向にあります。

自分が熱心に話す一方で、女性が黙っている場合は、「自分の口調がキツクなかったか」と、少し振り返ってみてください。

4「僕を知って」彼女の役目はお母さん

女性は「おしゃべり」が大好きです。
寡黙な女性であっても、男性よりは会話上手。

会話が上手ということは、相手の話を受け取る能力が高いということです。

男性がこれに気を良くして、自分のことを気分良く話してしまいます。

でもこれは、「ボクの話を聞いてくれるお母さん役をさせられたようだ」と女性からあまり評判がよくありません。

女性でも、男性でも自分の話を受け止めくれる人の話を受け入れるとはよく言われる言葉です。

「コスパ最高!」銭ゲバ男と誤解され

男性は「コスパ」という言葉が女性よりも好きな傾向にあります。

コストパフォーマンスがいいのはなによりですが、言う場面は良し悪しです。

女性とのデートで「ここは楽天ポイントがつくから」「ここはコスパが良い、悪いから」という話題は女性には全く評判良くありません。

「堅実」より「単なるケチ」という印象が強く、
むしろ言わない方が賢明です。

また、結婚後の女性の働き方についても「コスパ」を話題に出し、誤解されてしまう方も多いです。

僕がメインで働くけど、君の給料は捨てがたい。福利厚生もいいから、家事に影響しない程度にほどほどに働いてほしい。時給換算で行くと~♪

お金の話はとても大切です。

コスパの話は男性は大好きですが、女性の前では慎重に。

まとめ

婚活中の女性達の声「ワースト5選」をまとめました。

婚活が順調な男性に、この5つの要素が全くなわけではありません。

女性は男性に完璧さを求めているわけではありません。

男性も「悪かれ」でしていることはなく、ちょっとした頑張りすぎ、行き違い、勘違いで起こっていることばかりです。

なんでうまくいかないんだろう、とわからない場合、「良かれ」と思っていることが裏目にでているのかもしれません。

担当者に相談ができるのが一番ですが、話しにくい場合は想像できる内容と「今までと違うやり方」をぜひ試してみてください。

意外と女性からは違う感触が得られるかもしれません。

試行錯誤は改善としてかならず自分に戻っています。
頑張りすぎるなら、すこし自分らしさを取り戻して欲しいです。

そうしていくうちに、あなたの自然体の頑張りで出会える方と、幸せになれるのではないでしょうか。
応援しています。