結婚相談所で何回お見合いすれば、結婚できる人と出会えるの?

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

初めてのお見合いを迎える方から次のような質問を頂きました。

お見合い緊張します。結婚できるまで、あと何回このドキドキを経験しなければならないのでしょうか

知らない方とお会いするお見合い。
確かに緊張しますよね。

「何回も経験したくない」というお気持ちにお答えして、今回は成婚者の方達が何回ぐらいお見合いをしたのかを、IBJ成婚白書2018年をもとに解説します。

最も多い成婚者像のお見合い回数は驚くほど少ない

成婚白書2018年には成婚者のデータを「最頻値」「中央値」「平均値」に分けて発表しています。
まずは「最も多い成婚者像」としての「最頻値」のお見合い回数をご紹介します。

【最頻値】※男女同数
お見合い回数 5~9回
お見合い活動期間 3~4か月
交際月数 3~4か月

在籍月数 6~7か月

 

上記の「最頻値」の成婚される方々の入会から成婚までの日程は下記のイメージになります。


5人~9人の方にお会いした中から「成婚相手」と出会っているようです。

次の成婚チャンスは9人~14人目前後のお見合い

「最頻値5~9人なんてあっという間に通り過ぎてしまったよ…」と思われた方。
次のチャンスは成婚者の「中央値」が参考になります。

お見合い回数「中央値」 男性 女性
全国 12回 9回
お見合い活動期間 (6か月) (5か月)
関東 14回 11回
(6か月) (4.5か月)
東海 8回 8回
(7か月) (5か月)
関西 14回 9回
(6か月) (6か月)

3か月目以降も「月2回以上のペースで」でお見合いを続けると、6か月頃9人~14人ぐらいの方に会えることになります。

そのころに「第2の成婚チャンス」であるお相手に出会える時期が来ます。

「婚活は6か月間がんばる」という言葉は信じてもよさそうです。

結婚相談所で20人お見合いすれば結婚できる

中央値の「6か月目の10人目前後」も過ぎてしまった方は「平均値」をご参考ください。

1年間活動して、男性の場合は20人目の方にお会いしたころまた「成婚チャンス」がやってきます。
(女性は11人~14人お会いになった頃。)

お見合い回数「平均値」 男性 女性
全国 20回 14回
お見合い活動期間 (11か月) (9か月)
関東 23.0回 15.7回
(11か月) (8か月)
東海 13.4回 11.8回
(12か月) (9か月)
関西 21.4回 14.1回
(12か月) (10か月)

お見合い成立するのは10人に1人

お見合いは3か月の頃、6か月目の頃、12か月目の頃に「成婚のチャンス」がくることがわかります。

でもお見合いを成立するのは「10人に1人」。
「会いたい人」と「会ってくれる人」との間の違いがあるかもしれません。
その時はご自分の気持ちと向き合い、申し込みをすると、お見合い成立率は高くなります。

1年以上でも「自分にあきらめない」こと

ご成婚者の想像以上に少ない活動数に「妥協したんだろう」と思われる方もいるかもしれません。
最頻値データで成婚退会されていく方達は「お見合い申し込み」も「申し受け」も少なく、その言葉は当てはまらないように見えます。

【成婚者最頻値】
申し込み数:男女ともに0~9人
申し受け数:男性 0~9人
女性 10人~19人

では、1年以上婚活を頑張る方はどうしたらいいのか。

異性に不慣れだったり、お見合いが苦手だったり、「結婚」に対して心に葛藤を感じていたり、という方はたくさんいます。
「自分は不器用だから」と落ち込む必要もありません。

いろいろ失敗してこそ人生だと思います。
そして婚活は成婚が目標。重要なことだからこそいろいろ思い悩むはずです。
なにより、いろいろあっても「自分をあきらめない」でほしいと思います。

どうしたらいいのか、どう進んでいったらいいのか。
不安を感じたら、結婚のプロである結婚相談所に相談してみてください。
相談できるところが「結婚相談所」です。

あなたの「一歩」が幸せの道を進めますように。
応援します。