IBJ結婚相談所の平均的なお見合い回数について【最新2019年成婚白書】

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。

お見合いを初めて迎える活動会員の方から次の質問を頂きました。

お見合い緊張します。あと何回このドキドキを経験しなければならないのでしょうか…

確かに「結婚相手になるかもしれない見知らぬ人」と会うお見合いの緊張感はまさに「半端ない」ですね。

「何回も経験したくない」というお気持ちにお答えして、今回は成婚者の方達が何回お見合いを経験したのかを、最新データである「IBJ成婚白書2019年度版」をもとにご紹介します。

成婚者の最頻値のお見合い回数は9回以下

成婚白書2019年度版によると、成婚者の最頻値のお見合い回数は「5回~9回」
在籍期間は約6か月です。

最も多い成婚者の活動スケジュール
・お見合い活動期間 3~4ケ月
(お見合い5回~9回)
・交際期間3~4ヵ月

在籍期間 合計: 6~7か月

「たった半年?!」「たった5回~9回?!」と驚かれたかもしれません。
活動スケジュールのイメージは下記の通り。(お見合い①は「お見合い1人目」の意。)

森とうゆうこ

複数交際をどのように乗り切れるかが、カギです。
 
在籍月数 お見合い回数
5回の場合 9回の場合
1か月目 入会
プロフィール作成・写真作成
お見合い申し込み・申し受け
(入会バブル発生の方も)
お見合い① お見合い①
お見合い② お見合い②
お見合い③
お見合い④
2か月目 お見合い③ お見合い⑤
お見合い④ お見合い⑥
お見合い⑦
3か月目 お見合い⑤ お見合い⑧
お見合い⑨
4ケ月目 仮交際 仮交際
5か月目
6か月目 真剣交際・成婚 真剣交際・成婚
7か月目
結婚相談所の「複数交際」はなぜ全滅していくのか?

お見合い10人突破してしまった場合は?

「最頻値のお見合い5~9回なんて、あっという間に通り過ぎてしまったよ…」と思われた方。
次のめぐり逢いチャンスは成婚者のお見合い回数の「中央値」が参考になります。

お見合い回数「中央値」 男性 女性
全国 11回 9回
関東 13回 11回
東海 8回 9回
関西 13回 10回

(参照元:IBJ成婚白書2019年度版)
月2回以上のペースでお見合いができるように活動を続けると、6か月頃までに9人~14人の方とお見合いすることになります。
その頃に出会えた方が成婚相手となる「第2のチャンス」。

森とうゆうこ

婚活は活動6か月間頃に根負けする方が多くなります。ここをどう乗り越え、お見合い活動を続けられるかがポイント。

お見合い15人以上になってしまったら

「先が見えない」と不安になるかもしれません。
その場合は成婚データの「平均値」を参考にします。

男性は19人~22人目に出会った方を「成婚相手」とされるようです。
女性は14人目前後。

お見合い回数「平均値」 男性 女性
全国 19.1回 14.1回
関東 22.3回 15.1回
東海 13.8回 13.4回
関西 20.1回 15.1回

森とうゆうこ

在籍期間は約1年半。頑張り続けたからこそ、成婚を手に入れています。

出会いのチャンスは3か月ごとにくる

お見合いは3か月の頃、6か月目の頃、12か月目の頃に「成婚のチャンス」がくることがわかります。

でもお見合いを成立するのは「10人に1人」です。
「会いたい人」と「会える人」の差に大きな違いがあると、お見合いは成立せず、成婚のチャンスもつかめることはできません。

森とうゆうこ

ご自分の気持ちと現状を向き合い、申し込みをすると、お見合い成立率は高くなります。
お見合い申込みしても不成立ばかり。何人に申し込めばお見合いできるの?

1年以上でも「自分にあきらめない」

もしすでにお見合い20人を突破、活動期間が1年以上過ぎてしまった場合は結婚できないのでしょうか。

よくわからないうちになんとなく始めてしまい、
月日が経ってしまった。

とにかく会えばどうにかなると思い、
お見合い回数を重ねてしまった。

このような人は大変多いです。

>婚活は活動を始める時に、データの把握、マインドセットが重要

とはいえ、「もういまさら」とあきらめる必要は全くありません。
「今からが本当のスタート」と本当の自分を信じること。

森とうゆうこ

諦めてしまったら、「婚活は失敗」で終わります。
でも、どんなに苦労しても「成婚」したら「婚活は成功」です。

人生は紆余曲折してこそ、糸の撚りが強くなるように、人生も力強くなるのではないでしょうか。

では、どうしたらいいのか、どう進んでいけばいいのか。

不安を感じたら、一緒に考える、相談できる婚活が結婚相談所の婚活です。
一緒に人生を進めましょう。