お見合い成功には「女性の話が7割」の根拠

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちわ。
柏市で結婚相談所を経営しています

男性がお見合いの後、お断りされてしまう理由の多くは「しゃべりすぎ」と言われています。

むしろ男性はだまって聞いているだけで女性から「OK=もう一度会いたい」という回答をもらえるケースさえあります。

男性としては「女性もうなづきながら聞いてくれていたのに」と納得できない様子。

ではなぜこのようなケースになるのかをここでは解説します。

「よく話せた」お見合いほど不成立

「話し上手」と「話し好き」は違いますよね。

「話し上手」は共感・あいづち・同意のタイミングが上手なため、双方の会話量は全く違うのに、相手から「話が上手」という印象を与えます。

つまり自分の話をうまく返してくれたというキャッチボールが、話を聞いてもらえた、理解してもらえた、という満足感をあたえることができるのです。

「話し好き」な人。
自分しかわからないような話を、一方的に・繰り返し・長時間話す人。

仕事の話の場合は、ただ自分のすごさをアピールしてしまう。

趣味の話では相手のちんぷんかんぷんを「専門的でわからないでしょ」となぜか喜ぶ。

女性は共感力が高い方が多いので、タイミングよく「あいづち」などしようものなら、さらにヒートアップして延々と続いていきます。

決して自分の話題が良くなかったという結論にならない人が多いです。

女性に多い女性脳的発想は「わかってほしい」という共感です。

女性は1日2万語しゃべらないと病む?

女性は一日中話していても「苦にならない」と言われます。たった一杯のコーヒーでひたすらファミレスで話している女性達。

男性は「疲れないのかな」と発想するようですが、女性たちはむしろ「あぁ、スッキリした!」「元気になった!」という感じでしょうか。

1993年発表の米メリーランド大学の脳神経学者と心理学者が共同である研究発表を行いました。人間がもつあるたんぱく質が男女により所有量の違いがあり、次のような言語機能に影響があるという発表です。

 

女性の一日の言語量は20,000語。

男性の一日の言語量は7,000語。

 

女性は男性の3倍話さないと、ストレスを感じてしまう、というデータです。

女性がおしゃべりなのは、好き嫌いという問題ではなく、生物的理由があるからと考えてみる。アメリカ人と日本人の違い、のように「違う」を論理的に考える一助になるのではないでしょうか。

 

目は口ほどにモノを言う

お見合いの席で、男性が「仕事のグチ」や「仕事の武勇伝」を延々と女性に話しているシーンをみかけます。

女性は「共感力発揮」しながら我慢している姿はお見合い結果が想像できて、ハラハラします。

〇脳科学的なアプローチ「女性は共感力」

〇生物学的アプローチ「女性は3倍話す」

お見合いにはこの二つを頭にインプットしてまず望む。

たとえトーク力がなくても、話題ふりがうまくできなくても、お見合いNG率は下がります。

「じゃあ、うなづいて、話をさせておけばいいんだろ」…ではありません。

最後は、メラビアンの法則による相手の視覚と聴覚を一致させることです。