音声配信「森とうラジオ局」をスタートしました

なぜ男性はお見合いで「女性の交際経験」を聞いてしまうのか

こんにちわ。森とう(@MoritoYuko)です。柏市で結婚相談所を経営しています。
先日、30代の婚活女性からこの質問を受けました。

「お見合いの時に、これまでの交際経験を聞かれるのですが、困りました」

婚活A子

森とうゆうこ

プライバシーに踏み込む内容は本来はルール違反です。でもその場で聞かれたら、なんて答えるか、困りますよね。男性特有の「自信の無さ」からの質問だと思います。

IBJお見合いには細かいルールがあります。
お見合いNGとして「プライベートに深くかかわることは聞いてはいけない」という文言があります。

注意
【プライバシーに踏み込む内容はNG】
お見合いはお互いに初対面。親しくなる段階まで入ってはいけない発言や質問があります。
  • プライバシーに踏み込む質問をする
  • お相手の相談所や婚活状況について聞く
  • 質問状を用意して尋問のようなやりとり

未婚者には「恋人」がいない日本

国勢調査によると、未婚者の60%以上が「交際相手いない」ということのようです。

最新データ(2015年国勢調査)
未婚者「交際相手がいない」
→男性:69.8% 女性59.1%

諸外国のように「恋人はいるけど結婚しない」といった形ではなく、「未婚=恋人もなし」という形のようです。

森とうゆうこ

結婚前提にならないと恋人も作りにくい社会なのでしょうか。

婚活を始めて、「初めて恋人を作る」という方は男女ともに多いです。
では、なぜ男性は特に「交際経験がある、なし」に関わらず、「君、モテるでしょ」と聞いてしまうのでしょうか。

過去にこだわる男性

男性が「結婚相手としてはちょっと…」と敬遠してしまう特徴としては下記のような3つが言われます。

①「交際遍歴が多そうな人」
②「婚活が長そうな人」
③「友だち関係がハデそうな人」

男性は女性が想像する以上に保守的です。
ほかの男性の姿が見え隠れするような女性は「安心感が得られない」と避けられる傾向があります。

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると「結婚することの利点」には、男性は1位:精神的安らぎの場がモテるを上げています。
結婚相談所では35歳以降の女性が「妊孕性がない」と評価されてしまう傾向が強く、「2位:子供が家庭を持てる」は意外にも感じます。
一方、女性は「子どもや家族がもてる」が1位。現実的な傾向がみられます。

森とうゆうこ

男性は精神的癒しを求めるロマンチストなのかもしれません。
平成25年厚生労働白書 結婚することの利点

男性が結婚することの利点1位は「精神的な安らぎが得られる」

男性の「不安な気持ち」の裏返し

結婚相談所では、華やかなプロフィールの女性よりも「かわいくて地味めの女性」が実は人気です。

森とうゆうこ

親しみやすさがあり、男性が気負わないですむから、のようです。
「派手めの女性」は一見男性の興味関心は惹きますが、「結婚」となると意外に話は別のようです。

森とうゆうこ

男性は「女性の過去」に嫉妬する方は多いです。
「女性は「男性の未来(浮気)」に嫉妬しますよね…」

婚活A子

森とうゆうこ

確かに…

お見合いの場で男性が「君、モテるでしょ」は不安の裏返しかもしれません。

「お見合いマナーを把握する」ことは大前提です。
でも、早めにお見合い場所に到着していた、清潔感がある、気配りが伝わる…など、男性に努力の姿はあれば、NG質問は緊張による可能性は充分あります。

森とうゆうこ

女性も「お見合い成立そのものが貴重」という認識も大切です
【超最新版】「普通の人でいいのに」年収500万30代男子と結婚は難関大受験並み?

ぜひ「もう一度会う」という女性本来のおおらかな気持ちで接していただけると、男性本来の良さが発揮でき、素敵な交際につながるのではないでしょうか。

※2020年10月1日より、音声配信を始めました。最新放送はこちら👇