各種ご案内
【2024年4月から】価格改定のご案内

【35歳女性&42歳男性】活動6カ月。激戦30代女子婚活に必要な4つのマインドセット

森とうです。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。
今回は「35歳女性」の体験記をご紹介します。活動期間は約半年。お相手男性は42歳初婚の会社員の方です。

女性はプロフィールをとても丁寧に仕上げ、入会バブルも起きました。(男性からの申し込み150人超え

申し込みを頑張りました。(2か月で約40人の男性に申込をしています。)
そしてお見合い回数は2カ月間で12回!

活動に際し、体力に不安があったり、実際のお見合いでも色々なことが勃発。驚きの連続‥
活動前は「同世代の人と結婚したい」と思っていた女性が最終的に選んだ男性は7歳年上の方。

多くの女性に共通する悩みも書かれています。
バリバリこなす30代キャリア女性ならでの苦労と工夫が満載の体験記です。ぜひ参考下さい。

目次

婚活をはじめるまで

30代女性によくある話かもしれませんが、これまで仕事もやりがいがあり、キャリアも順調に進み、友人達と旅行に行ったりと自由気ままに過ごす時間を優先していました。『結婚したい』という気持ちから遠いところにいたように思います。

ただ、コロナ渦が始まり、しばらくすると、様子が変わってきました。もともと忙しかった仕事がさらに多忙になっったのです…


コロナ禍という緊張と仕事の重責と多忙の日々。ついに心と体のバランスを崩し、数か月仕事を休む事態になってしまいました。


倒れてみて初めて、仕事が一番だった今までの人生を見つめ直してみようと思いました。

私も年齢は30代半ば。周りも結婚しはじめ、新生活を立ち上げていく姿を見て、初めて心から「自分も結婚したい」と思いました。親の応援もあり、婚活しようと思いました。

でも正直、婚活には不安がありました。逃げ場を考えておくことも必要と思い、次のように考えておきました。

今まで一人で生きてきた
これからも一人で生きていける力はある
仮に婚活がうまくいかなかったとしても、またこれまでの「悠々自適な生活」に戻るだけ
だから、今は全力で婚活を頑張る

婚活手段に『結婚相談所』を選んだ理由

婚活アプリは流行っていますが私はなんとなく抵抗がありました。
そして活動期間が長くなるのは辛いとも思い、「スピード感重視」で結婚相談所を考えました。

入会のきっかけは実家の母が森とうさんが出演されたNHKの『サラメシ』という番組を視聴していて、私に連絡をくれました。

私はその番組を見ていなかったのですが、初回無料相談で森とうさんに会い、話をし、信頼できそうな方だと感じ、入会を決めました。もちろんネットで大手結婚相談所も調べたうえでの判断です。

森とうさんは初回相談で婚活の厳しい現状やデメリットなど具体的に話す方です。(森とう節で!笑)
その話を聞いても不思議と不安になることはありませんでした。

その時に最も多い成婚者の活動期間は6か月とも聞きました。
私も「6か月後に成婚退会しよう、6か月なら頑張れる」と前向きなイメージが浮かんだことも大きいです。

活動を始めてみて感じたこと

プロフィール準備について

婚活は準備6割、実践4割と聞いていましたので、プロフィール文も一生懸命、書きました。
撮影の服装も森とうさんと事前に打ち合わせをして臨みました。

当日もカメラマンさんの良い写真とはのレクチャーを受けて、頑張って撮影してもらいました。

周りから「あなたらしい写真だね」と言ってもらえてうれしかったです。

入会バブルについて

プロフィールを公開すると、すぐにたくさん申し込みは頂きました。
森とうさんから「入会バブルが起きている」と教えて頂きました。

ただ自分が入会前に勝手に思い描いていた「理想の人からの申し込み」は基本的になかったです。

そしてしばらくして入会バブルは終わり、「待っているだけでは何も始まらない」ということが現実的にわかりました。

さらに私自身が「自分の理想」をよく理解していないまま走り出したこともわかりました…。

お見合いで「自分」がわかってきた

ただ考えていてもわからないので、お申し込みをしてくださった男性達と積極的にお見合いすることにしました。

すると、不思議なことに会うたびに「自分がどんな人と結婚したいのか」が分かってきたように思います。

成婚者Aさん

「こういう人は一緒にいて楽、こういう人は難しい…」とか、「プロフィールと実際の印象の違い」などもあってみるとわかりました。

短時間でいろいろな方にお会いしたので、比べてみることもできて、私にはとてもよかったです。

お見合いで困ったこと

いろいろな人がいました。箇条書きで失礼します。

遅刻してくる人
待ち合わせのラウンジがご自宅から近かったそうで、自転車で来られました。しかも遅刻。理由は場所を間違えたとのことでした…。
私はひたすら心配で、ラウンジの入り口でしばらく待ちぼうけでした。

初めてのお見合いだったので、かなりショックで、相談所にはこんな人しかいないの‥と正直思いました…

汗だくでギリギリ到着
場所が分からなかったようで時間ギリギリに走って来られました。お相手はお見合い中も汗だく。どうしても気になってしまい、結局話に集中できませんでした。

おひとり様自慢
今の生活がとても充実していることをお話しくださいました…。

成婚者Aさん

結婚する必要ないのでは‥?と正直思いました

おやじギャグを言いたがる 
一生懸命場を盛り上げようとして下さったのかもしれませんが…。

成婚者Aさん

会社の重役を接待している気分になりました

手を握りたがる 
お見合い中のことです。

初対面ですよ…

個室に誘ってくる 
初デート中に誘われました‥‥。

もちろんお断わりしました…

婚活中に意識したこと

「素直になる」

仮交際が進みだすと、お相手に「うれしい時」「楽しい時」「行きたいところ」「食べたいもの」「苦手なこと」「嫌なこと」を素直に伝えるように努力しました。

私は周りに気を使うところがあるので、お相手が自分のことをどう思っているのかなと勝手に悩んだり、お相手を優先して自分は遠慮してしまいがちなので、気持ちを伝えることを心がけました。

女性同士であれば察し合うができても、男性には言わないとわからない」と森とうさんからも言われていましたが、交際中こそ、女性は自分の気持ちを積極的に伝えることが大切だと思います。

この人いいなと思う交際の時ほど、お相手には「また会いたいです」と素直に伝えるようにしました。

「違和感をそのままにしない」

お相手への違和感はそのまま受け流さないほうがいいと思います。

違和感に感じていても「そういうものかな‥」と受け流してしまうと、自分がガマンすることが多くなっていました。気づかないうちに自己肯定感も低くなり、さらにその感覚も麻痺していくような時があり、これはいけない、と思うこともありました。

お見合いやデートをすると、森とうさんに「こんなことがあったんです」と毎回報告しました。
報告は自分の感情を言葉にしていくので、自分で「おかしいな」と思っていることに改めて気づくことができます。

私が混乱している話をすると「それはちょっと違いますよね」など共感してもらうこともあり、「やっぱりそうだよね」と自分が正気に戻る感覚は何度もありました。

「逆算で考える」

婚活に期限を設け、いつまでにこうなっていたいと具体的に思い描い活動しました。

わたしの場合は

『6か月後に成婚退会する』
  ⇩
『そのためには今月中に何人くらいと会ってみる』
  ⇩
『何人くらいお見合いを申し込んでみる』
  ⇩
  今

…などでした。
やってみようと思えるところまで目標を細かくすると、活動のハードルも下がるような気がします。

「自分の体調を管理する」

自分の気持ちの浮き沈みのサイクル(PMS月経前困難症)が分かっていたので、月の予定を見ながら、気持ちが沈む期間は負の感情に流されないように心がけました。

気持ちが沈んでも婚活が影響されないように「いつまでにこうしておこう」と決めて動くようににしました。
体調に振り回され、婚活の勢いを止まてしまうと、復活は難しいと考えたからです。

森とうゆうこ

女性の婚活には体調コントロールは重要です。

巻末に「PMSチェックリスト」もご紹介していますので、ぜひ参考ください

活動中の気持ちの変化

活動をはじめた頃は、理想の条件を挙げてみてはいるものの、現実的ではなかったように思います。

いろいろな人と会ううちに「こういう人なら一緒に生活するイメージができる」と感じることができて、条件もすこしずつですが絞れてきました。それでもまだまだどこかフワっとしていてましたが。(笑)

そして、結局、「普通の人がいいな」と思いました。(それが一番難しいのですが‥‥)
私にとっての「普通」とは「一緒にいて、取り繕わず、普段の気持ちでいられる人」です。

婚約者の最初の印象と成婚までの思い出

彼から申し込み頂きました。

プロフィールから受ける印象は「落ち着いていそう」という感じ。
私は自分がよくおしゃべり、むしろうるさいタイプなので、「きっと合わないだろう」という印象でした。(笑)
でも「会ってみないとわからない」と思い直し、お会いしました。

いざお会いしてみると、聞き上手で話し上手。話が途切れず、とても楽しかったです。

気づくと1時間以上経っていて、慌ててお見合いを切り上げました。お会いして本当に良かったです。(笑)

逆に私はこのお見合いをしたことで、これまでのお見合いでは自分が「無理をしていた」ことに気づけました。

いつもはお見合い後は疲れ果ててしまうのですが、彼とは時間を忘れるほど楽しくお話しでき、このような感覚は初めてでした。

婚活で出会う相手とは「話さないとわからない」ので、時々疲れることもありました。でも彼は『言わない優しさ』がある人でした。精神的にいつも安定していて、いろいろ言わなくても理解してくれる大人の男性でした。

そのことに気づき、「この人と結婚したいな」と自然と思えました。

体調がツラい時や仕事が忙しい時も彼には素直に伝えることができました。

彼は男兄弟で育ってきたので、女性が望むものには感覚が鈍かったりするのですが、一緒にいて学ぶことも多く、尊敬できます。

これからの予定

この報告記を書いている今は新生活の準備中です。春は移動が多い時期なので、家探しも大変でした。入籍、結婚式準備もあり、成婚退会後も忙しいです。

両親や兄弟姉妹・親戚もとても楽しみにしてくれているので、がんばります。

住むところは家賃だけでなく、デートも兼ねて不動産巡りや居住区を実際に歩くことをおススメします。
そのエリアが合う、合わないがよくわかります。

今活動されている方達へ

報連相は気持ちのデトックスになる

わたしが成婚できたのは自分が行動したことで実を結んだこともあると思います。でも、その進み方を教えてくれたのは森とうさんのおかげです。

婚活はお金がかかるので、結婚相談所選びも慎重になると思います。

ホームページやSNSだけではわからないので、実際にお会いして、IBJの特徴、活用方法を具体的に教えてくれて、かつ実績に基づいたアドバイスをくれるカウンセラーさんがいる相談所を選ぶことをおすすめします。

そして活動中は積極的に報告・連絡・相談したほうがいいと思います。

私は定期面談ではたくさん話をして、自分の気持ちをとても整理することができました。共感してもらえるだけでとても楽になります。

たくさん気持ちを聞いてもらい、そのうえで森とうさんから「こうしてみるのはどうでしょうか」というアドバイスを受け、ありがたかったです。

行動を起こした先にはきっと良いご縁がある

婚活をはじめると、IBJの男女比や年齢などで厳しい現実を突きつけられます。

そんな時は『人生で婚活を頑張る時間は今だけ』と決めて活動をし、めげそうになる時は『今日よりも若い日はない』と思い直して、焦りや不安と向き合っていました。

たくさんの人に会うと、何気ない言葉に傷ついてしまうこともあります。
そんな時ほど自分をいたわり、大切にしてあげてください。
行動を起こした先にはきっといいご縁があるはずです。
そのまま、まっすぐに進んでみてください。

応援しています。

担当からの振り返りとまとめ

30代半ば女性の婚活は成婚者のメインではありますが、一方、在籍者も多く激戦です。

知識より行動力が何より重要です。

まとめとして「女性の実際の対策」や「力強い言葉」をお届けします。ぜひ参考にしてください。

PMS把握は大事

男性が婚活で成功しやすいのは男女比もさることながら、「体調の安定性」「体力の維持」がとてもあります。

ホルモンバランスの影響を受けやすい女性は「感情がゆさぶられる婚活」はハードワークになりがちです。

女性は自分の課題に「PMS対策」をとらえています。

下記の表はPMSのチェックリストです。こちらも参考下さい。

https://www.kao.co.jp/lifei/column/67/

会わない後悔より会って反省した方がいい

女性は頑張り屋で、かつ体調に不安があったため、「無理しないように」とお伝えしていました。

そのたびに女性は次の言葉を話して下さいました。

会わない後悔より会って反省したほういい。

この言葉は全婚活女性の応援になるのではないでしょうか。

誰でも最初は不安。
でも行動する人に婚活の神様は優しいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次