音声配信「森とうラジオ局」をスタートしました

「お見合い再申し込み」を成功させるために、必ずおさえておきたい3つのこと

森とう(@MoritoYuko)です。こんにちは。千葉県柏市で結婚相談所を経営しています。
活動を始めて3カ月もすると、検索画面で探してきた人達に既視感を感じ、「もう会いたい人がいない」という気持ちになる方は多いです。

そこで、「一度申し込みでお断りされた人(不成立にされた人)に、再度申込みは可能ですか?」というご相談を時々受けます。
結論から申し上げると、「IBJ加盟店間であれば、可能」です。

森とうゆうこ

IBJ以外の相談所団体の中には「一度申し込みをしてから、経過日数の取り決め」などがあるようです。
正確には所属する結婚相談所にご確認下さい。
「お見合い申し込みを一度お断りした人」に今度はこちらから申込みはできる?

「しつこい人」から「熱意のある人」に思われるために押さえておきたい3つのこと

申し込みは出来ますが、再成立は簡単ではありません。
お断りされているには理由があり、想定される状況は改善して臨む必要があります。

「またお断りされていまう状況」の代表的な例は次の3つです。

  • お断りされても、すぐに再申し込みをする
  • プロフィール文章も同じ
  • プロフィール写真も変わらず

相手の状況を想定して臨む

お見合い申し込みをお断りされるのは、お相手がすでに「仮交際中で多忙」または「お見合いで多忙」な場合があります。
「今はあなたに合える時間も余裕もないから、お断わりします」という相手の状況を予測する必要があります。

日をおかずに「すぐにまた申しこむ」のは、「熱意」ととらえられるより、単純に「しつこい」「自分押しが強い」ととられてしまいます。

婚活の状況は1か月単位で変わることが多いです
最低でもその期間は待ち、申し込みをすると「再受託の可能性」は高くなります。

プロフィール文を俯瞰してみる

お断りされたのがお相手のスケジュール上の問題、というのは実は少なく、お断わり理由の多くは「プロフィールが刺さらない」です。

なんだか「就活の履歴書」に似ていますね…

こんかつお

森とうゆうこ

お見合い成立が不調な方はプロフィール文章が「For me」「自分を癒して、満たして」を暗に伝えている方が多いです。「自己都合」「独りよがり」などの「For Me論調」は自分では気づきにくいので、自己流で書いている方は要注意です。
【結局、自己主張ばかりのプロフィール文章例】

  • 水族館や動物園にいくことは構いませんが、家で動物を飼うなどはありえないので、ペット好きの方はダメかもしれません。
  • 結婚は共存共栄だと思っていますので、共働きを希望します。子供ができたら、全面的に手伝います。
  • すぐに親と同居してほしいなどはいいませんが、それも視野に入れて、実家を守ってくれる方を理想とします.

結婚相談所では「選ばれること」が大前提です。
「選ぶ」意識が強い方は相手目線の意識が薄く、婚活が苦戦します。

言葉ではうまく真意が伝えられないという場合は、ぜひ担当カウンセラーに協力してもらい、再編集をお勧めします。

森とうゆうこ

ちょっとした言葉の言い回し、表現方法を変えるだけで、見違えるように好感度が上がり、お見合い成立度もあがる場合は多いです。
だから選ばれない?婚活プロフィールの「その言葉」があなたの好感度を下げる

写真は「リアルで勝負」が成功の近道

プロフィールで一番目に付くのは「写真」
自分では「渾身の写真」であっても、不成立が続く場合は「相手には刺さらない写真」と認識する必要もあります。

森とうゆうこ

4週間以上もお見合い不成立が続く場合は要検討です。

プロフィール写真は高額なため、取り直しに躊躇している場合は「カジュアル写真」に「普段の自分の姿」がよくわかるスナップ写真を掲載すると、お見合い成立率が上がる場合もあります。

森とうゆうこ

世界観を伝えたいと「料理」や「旅行先の風景」の写真をいくら掲載しても、効果的ではないです。

自撮り写真や姿勢が横向き・正面を向いていない・ポージングが強いといういわゆる「芸術感強いプロフィール写真」も自己満足に終わる可能性は高いです。
プロフィール写真は「同性のライバル」と比較検討され、「目立たなきゃ!」と思うかもしれませんが、結婚相談所の世界では「無難」が評価されます。

担当カウンセラーに再申し込みの理由を伝えておく

先の3つの対策をとったうえで、最後に「ダメ押し的施策」があります。
担当カウンセラーに「再申込みをする理由」を伝えておくことです。
カウンセラーからもお相手相談所に「再申し込みの理由」を伝えてくれます。

申し込まれた相談所も「3つの対策+カウンセラーのコメント」まであると、「丁寧な再申込み」と好感を持たれます。
そこではじめて「熱意」が伝えられます。

森とうゆうこ

数打てば当たる婚活は疲弊します

まとめ

通常のお見合い成功率も7%という厳しい数字があります。
再申し込みは可能ですが、丁寧な対応をとらなければ、とても再成立は難しいです。

  • 相手の状況を無視して、すぐに再申し込みをしない
  • 相手に「刺さらないプロフィール文のまま」で再申し込みをしても刺さらない
  • 相手に「刺さらない写真のまま」で再申し込みをしても、やっぱりスルーされる

自分が「会いたいから」でお見合いができるわけではなく、「自分に会うとこんなにメリットがある」と伝えられる「選ばれるプロフィール」を用意すること。
このプロフィールを試行錯誤を重ねる中で、そもそものお見合い申し込みの成立率も上がるように感じます。
「お見合い申し込み不成立ばかり」から脱却、お見合い成立への3つの対処法