結婚相談所で婚活を成功させるための5つの心構え

森とう(@MoritoYuko)です。こんばんわ。

クリスマス、年末になるとお見合いの申し受けも減り、「オレの婚活終わった…」「ワタシ、結婚できるのかな…」と気落ちしてしまう方が多くみられます。

気にする必要はありません。

結婚相談所は年末年始の休業日に入るため、積極的にお見合いを組まなくなります。

婚活者の方達も帰省や旅行、または年末年始ぐらいゆっくりしたい、という心理的ブレーキがかかり、見合い申込みも格段に減ります。

その分、年明けから一斉に活動再開です。
1月から3月まで、婚活は活発な時期になります。

もしこれまでの婚活が苦戦している場合は、この時期を活かして、ご自分の婚活を見直してみて下さい。

成婚者の方達が残した「婚活成功ポイント」を5か条にまとめています。

婚活は受験・就活に似ている

婚活はふわっとした「引き寄せの法則」「占い」「天のお告げ」といった神頼みな発想が多くあります。

スピリチュアルな世界はさておき、結婚相談所では成婚データと成婚理論が存在します。

データから見られる成婚理論の代表的な項目はこの3つ。

①年齢差4~5歳差
②共通項が最低一つある
③学歴、家族構成、出身地が似ている

「数打てば当たる」といた確率論的婚活をしてしまうと、お断りの連続が来ます。
でも平静を装い続け、いつのまにか滅入っていた、という話はよく聞きます。

婚活疲労を招かないためにも成功理論は重要です。

活動し続ける

「活動し続ける」にはコツがあります。

適切なアドバイスを受けながら、続けることです。
「アドバイス」は時には耳が痛いことがあるでしょう。しかし独りよがりの婚活は独り相撲と同じです。成果がみえにくく、気持ちが続かなくなり、結果的に「休会」や「中途退会」になります。

婚活は困難にぶつかった時こそ、チャンス。
困難と同時に辞めてしまうのは、せっかくの軌道修正という機会を逃してしまいます。

ツラくなったら、結婚相談所の担当者に伝えましょう。
ご友人やご両親にご相談は構いませんが、それぞれの立場で、それぞれの経験値でお話しされるので、混乱される方も多いです。

結婚相談所はその世界のプロです。

また、今はまだ婚活の世界に数字、データが整備されていません。

それがスピリチュアル婚活が横行し、モチベーション維持の難しさにもつながっています。

婚活の世界もAI技術導入は進んでいます。
結婚偏差値、婚活偏差値、といったデータ化される時もいずれ来るでしょう。

ではその時まで婚活を待つか。

いまよりさらに歳をとったご自分の「結婚力偏差値」はどれくらいになるのでしょうか。

婚活に年齢は重要な要素です。

今、この時が一番若く今が最高の偏差値になることでしょう。
休んでいるヒマはありません。

選ぶ前に「選ばれる」こと

結婚相談所では「ここには60,000人の会員がいます。最適な人を選びましょう」とアピールをします。

でもこれは、60,000人の婚活者の方達からの「団体への信頼度」を表しているに過ぎません。

あなたが「選べる」のではなく、「選んでもらえる可能性が高い」ことを表しています。

就活で、企業の履歴書選抜に通り、面接してもらい、内定をもらえて初めて、「就職先を選ぶ」ことができます。

婚活も、お見合い申し込みが通り、お見合いをしてもらい、交際に入ってはじめて、お相手を「選ぶ」ことが出来るのです。

大切なことは自分が、相手にとって、どのようなメリットがあるか、相手の頭の中を想像してみること。

「会いたい人に会えない」と言う人の多くが自分中心の「選ぶ」で止まっています。

自分の評価ポイントを知る

婚活も「PDCAを回せ」と言われます。
プランをたて(P)、活動して(D)、検証して(C)、改善する(A)。

その通りですが、多くの方が実行できず、挫折していきます。

多数のお見合い申込をして、お断りばかりされている方のセリフは「ダメもと」。
ダメもとの相手に申し込むのは、道で片っ端からナンパしているのと同じです。
無視されるのは当然です。

たまに「ナンパ」が成功してお見合いできたとしても、自分の評価ポイントが認識できていないので、ガツガツ一方的な自己アピールに走り、結局お相手からお断りされています。

自分のどこが評価され、どこが評価されていないのか、担当者に聞くのが一番早くて適切です。

「恥ずかしい」から、は聞くは一瞬の恥。聞かぬは一生の恥。

結婚相談所にいるのに「聞くのが恥ずかしい」は成長するための機会喪失です。

毎日生活する相手へ「必須なもの」を突き詰める

男性は女性の見た目、女性は男性の経済力に意識がいきます。
どちらの点も尊重はしますが、結婚は「生活」です。

女性も歳をとれば美しさは劣化します。
男性も収入がなくなることもあります。

とことん突き詰めた結果、毎日生活する相手に求めるものがやはり「女は顔」「男は収入」であれば、それで進めていくことになります。

成婚されていく方達は「性格」「人柄」を重視された方が多いです。

まとめ

何事も「実行してみて初めて腑に落ちる」ことが多いです。

成婚者の方達も山あり谷ありを乗り越えて、成婚されています。

婚活アプリで一人で結婚できる方もいるでしょう。

また、結婚相談所でも短期間で成婚していく人もいます。

その人と自分を比べる必要はありません。
無駄な競争意識は自分を迷わせるだけです。

先の5か条を踏まえて、ご自分のペースでPDCAを回してみてください。

婚活にあなたの頑張りは大切です。
でも、あなただけで孤軍奮闘することが結婚相談所の婚活ではありません。
あなたの味方でいます。ご安心ください。